情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

再度トラブルを繰り返したため...「おじゃる丸」の声優・小西寛子、NHKプロデュサーとのいざこざを暴露!!

2018/06/21 UPDATE
 
3,264 views

「おじゃる丸」の声優、小西寛子さんとNHKとの騒動とは

・収録と言われ、「おじゃる丸」の声で録ったつもりが、本編用ではなく、「おじゃる丸人形」とか、音声商品の声に流用して販売をしていました。

それを知らされなかったので、「これは何ですか?」と事務所を通して質問。

すると「生意気だ!黙って言うとおりにしないと、アニメ業界で仕事できなくしてやる!」とまで言われてしまったのです。

・その後は収録の話も来なくなってしまいました。

「おじゃる丸」スタッフは隠蔽しているのではないか?との疑惑も。

しかし、18年経ってNHK関連でまた同じような事件が事務所関係者に起こったので、今度は、しっかりと音声や証拠、電話やメール、振り込み指示などを押さえ、NHK経営企画に書面を出しました。

・「おとなしく謝罪を待っているけれど、そろそろ、その限度も過ぎるので、NHKがそれを無視するならば、当然全部公開します。

私は怖い物がないので責任者の誰が責任を取って首になっても構わない」と、小西さんは声をあげました。

受信料で成り立っているので、公益性もあるから、我が国の国益には、必要な内容ですよ。

ツイッターの声は

・タヌえもん

小西寛子さんは、何故おじゃる丸を降板したのだろうか。

このツイートはご本人が「いいね」をもらって引用ツイートもされているし、現在もツイッター活動はやってるみたいだし。

出演作を見ると、単に声優としての活動を休止したって事なのか・・・

・移民2世

お返事ありがとうございます!

一ファンとしても、本当に悔しく、悲しい思いですので、小西様の心労はいかばかりかと、お察し申し上げます。

もし今からでも何かお力になれる事がれば、全力で協力いたします。

(ここで改ページします)

小西寛子さんの今の気持ちは

私は単に担当者の降格と謝罪を求めるだけなので、NHKが、公共放送のあるべき姿として「国民の利益のためにある」と、皆さまが感じていただけるなら「小西におじゃる丸の謝罪をしてあげて」と言っていただければいいのです。

私は声優じゃなくなっても、日本の未来の為に働くので・・

私のエージェントサイドに確認したら、NHK-ETVさんに、5月中旬に、作品関係書類などを届けているとのことでした。

担当者と会えないので、話しは何も出来ていません。

トラブルの詳しい内容

事務所に所属して契約を交わしている身として、小西寛子さんの抗議は、当然のように思われます。

当初の契約内容にはなかったグッズまで、勝手に進められているのは、おかしいともいえるでしょう。

小西さんの声が、このような商品に勝手に使われていたと言う事で、抗議を受けたNHKの松本プロデューサーは激高し、「アニメ業界で仕事をできなくしてやる」と言い放ちました。

そして小西さんは、「おじゃる丸」の声優を降ろされることになったのでした。

ネット上では松本プロデュ―サーが、番組予算(国民が支払った受信料)内でキャラクター商品の制作を行い、私腹を肥やしたのではないかとの噂が飛びかいました。

悪事が表面化しそうになって、恫喝したというのも、ありそうな話しです。

また、経費削減のため、立場の弱い声優にしわ寄せを行ったと考えることも出来るのです。

しかし、これにはNHK側の意見も一度聞く必要がありそうです。

「初代おじゃる丸」の声優である小西寛子さんが、18年前にあったNHKプロデュ―サーとのいざこざに重ねて、再び起きたトラブルのため、告発に踏み切りました。

そしてNHKに対し、「保有個人情報等請求書」を公開。

しかしNHK側の言い分を聞いてみないと、公平ではないという注意点はあるようですが、NHKは、「無断使用の事実はない」と、主張しています。

このいざこざの判定は、とても難しいようですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード