情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

須田亜香里はかわいくない?!人気の秘密は神対応?自身でもブスを公言!

総選挙で2位となった須田亜香里さんですが、かわいくないと話題になっているようです。須田亜香里さんの魅力について調べてみました。
2018/07/19 UPDATE
 
58 views

16日、愛知・ナゴヤドームで開催された2018年度のAKB48総選挙で2位となったSKE48の須田亜香里さん。


華々しい結果を残した彼女ですが、ネット上を調べてみると「ブサイクすぎる」「可愛くない」といった厳しい声がちらほら・・・


しかし2位となったからには彼女に人気があることは間違いありません。


そこで、今回は須田亜香里さんの人気の理由や、ネットの声などを調べてみました。

須田亜香里 プロフィール

名前:須田亜香里(すだあかり)
愛称:あかりん、だーすーなど
出身地:愛知県
生年月日:1991年10月31日
身長:159cm
血液型:A型


須田亜香里さんは幼少期から人前に出るのが好きな性格で、明るく活発な女の子だったようです。


SKEには2009年11月に「SKE48第三期メンバーオーディション」に合格し、メンバーとなっています。


2010年2月には、研究生からチームSへ正規メンバーに昇格しています。


そんな須田亜香里さんの2016年までの総選挙の結果は以下の通りです。


2011年第3回:36位(5343票)

2012年第4回:29位(11323票)

2013年第5回:16位(43252票)

2014年第6回:10位(48182票)

2015年第7回:18位(43665票)

2016年第8回:7位(69159票)

2017年第9回:6位(63124票)

2018年第10回:2位(154011票)


じわじわと毎年順位を上げ、2016年に第7位に選ばれ、初の神7入りを果たしました。


2016年のスピーチではファンに感謝の気持ちを述べています。

スピーチで須田は「私がまたこのステージに立つことを許してくれた皆さんありがとうございます」とあいさつ。「去年ランクダウンして号泣してお見苦しい姿を見せてしまってすいませんでした」とお詫びし「今日、泣かずにいられるのは結果がよかったのではありません。本当に大切なものに気付いたから。今まで私はずっと結果が全てだと思ってきました」と胸中を吐露。



「総選挙でランクアップすることで自分の居場所ができてファンの方に喜んでもらえたから、結果で得たものは結果でなくなると思った。でも本当は大事なのは表面上の結果ではなく、どれだけの方と気持ちを通わせることができるのかが大切だと気付きました」とファンに感謝の言葉を伝えた。

2017年には所属事務所をAKSからTWIN PLANETへ移籍。


メディアへの露出も増え、タレントパワーランキングの2017年8月度調査における、AKB48グループメンバーの認知度上昇率では1位となったようです。


そして、今年2018年の総選挙ではみごと2位にランクインしました。

SKE48の須田亜香里(26)が自己最高の2位に入った。3位がHKT48の宮脇咲良(20)と発表されると、自身の2位以上が確定し、驚いた顔を見せたが、すぐに笑顔で喜んだ。昨年の6位からの大躍進。

「2位をいただくことができました。ありがとうございます。本当に私が一番ビックリしています」と話した後、AKBグループの人気、知名度について、真剣な表情で危機感を訴えた。

 この1年で、バラエティーなどのメディアに多数出演するようになった須田。ソロでメディアに出演する中で気付いたこと、として「世間の皆さんは、私たちが思ってる以上に、48グループに興味がないということです」と訴えた。

須田亜香里に可愛くないの声?!

2016年に神7入りを果たし、今年は堂々の2位にランクインした須田亜香里さんですが、「かわいくない」といった声や「なぜ人気?」といったような声が上がっているようです。


まずはネット上の反応を見ていきましょう!

かなり辛辣な意見がツイッター上でも見受けられました。


実はこの「かわいくない」「なぜ人気?」と言ったことに関しては、須田さん本人の口からも2017年の総選挙で述べられています。

SKE48チームE須田亜香里(25)が6位に入り、2年連続神セブン入りを果たした。



「ふー」っと一息はいた須田は「いまだに須田亜香里をネット検索すると『なぜ人気』と出てき来て、次ぎに『かわいくない』と出てきます。つまり世間の方の疑問は、『須田亜香里はかわいくないのなぜ人気』ということになります」と話し、「私はこの疑問がすごくうれしいです」と笑顔を見せた。その理由は「私なりに、48グループに興味を持ってもらえるきっかけになれているからです」と話した。

また、今年の総選挙でもこうコメントしています。

「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開票イベント(16日、愛知・ナゴヤドーム)で、1位を目指していたSKE48・須田亜香里(26)は15万4011票で2位にランクイン。念願のトップには立てなかったが、昨年から約9万票もアップした。



すがすがしい表情で須田はマイクを取った。「本当に私が一番びっくりしてます。1位に予想された人たちはみんなグループのセンターで、私は計り知れないプレッシャーと戦ってきた。私はデビューしてから3年間一番後の一番端で、ストレスフリー、プレッシャーなしだから、ここまでやってこれました。でもステージの端っこにいても、握手会の列が短くても、ブスだって言われても、運営に押されてなくても、覚悟を決めればファンは気づいて応援してくれる」

須田さんは「ブスだって言われても、運営に押されてなくても、覚悟を決めればファンは気づいて応援してくれる」と触れています。


個人的に須田さんはブスというほどではなくむしろ可愛い方であるとは思いますが、アイドルの中でと考えるとあまりパッとしない容姿なのかもしれませんね。


それにしてもアイドルが自分からこのように主張するのは逆にすごいですよね!


こういったひたむきな姿勢に好感度を抱くファンも多いのかもしれませんね。


須田亜香里 人気の理由は?!

須田亜香里さんの人気の理由につて調べてみたところ、ファンをとても大切にしているようで、特に、握手会の神対応ぶりが挙げられています。

握手会でも、ファンひとりひとりを大事にし、顔を覚え、下手な政治家より力強くぬくもりがある握手で、握手会人気も上位をキープしている。当初、母親と握手会の練習をしていたり、ダスノートと呼ばれるノートにファンのことを書き記し記録しているなどのエピソートもあり、工夫や努力を続けてきた。

これはファンからしたらかなり嬉しいですよね!


流れ作業ではなく、アイドルがしっかり自分のことを覚えてくれて気持ちのこもった対応をしてくれたらこれからもずっと応援しようという気持ちになると思います。


須田亜香里さん自身も、神セブンという結果には、中身を見てくれているファンがいるからだと言及しているようですね。


須田亜香里さんが人気の理由は、上記にあげたような握手会での努力や、ファンを心の底から大切にする人柄なのかもしれません。

まとめ

2018年総選挙で2位となった須田亜香里さんについて調べてみました。


ネット上ではブサイクすぎるだの可愛くないといった声が多く出ているようですが、2位という結果が須田亜香里さんの人気をしっかりと示しています。


ファン思いで心のこもった対応ができる人柄の良さというのはアイドルでなくても人としてとても魅力的な部分だと思います。


これからの彼女の活躍にも期待ですね!


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード