情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

ジャニーズの年収ランキング!!グループや個人で格差がヤバい?!

嵐、TOKIO、V6…などのジャニーズの年収をランキング形式でまとめてみました。よくテレビで見るから給料も高いという訳ではないようです…。グループや個人で格差が酷すぎてジャニーズの闇を感じます。
2018/07/12 UPDATE
 
2,211 views

ジャニーズ 年収 ランキング

イケメン軍団のジャニーズ事務所のアイドル達。


日本人女性なら誰でも一度は興味を持ったことがあるのではないでしょうか?


最近では髪型や服装などのファッションを真似る為、女性だけでなく男性ファンも多いんだとか!


そんな国民的アイドルのジャニーズの方たちのギャラは一体どれくらいなのか、年収はいくらなのか気になるところですよね。


そこで今回は、ジャニーズの給料の仕組みや年収について調べてみました!

ジャニーズの給料の仕組みは?

基本的な給料のシステムには大きく分けて「歩合制」と「給料制」の2パターンがありますが、ジャニーズ事務所では基本的には「給料制」が採用されているようです。


芸能事務所は最初は給料制で、後々歩合制へと切り替えていくパターンが多く、歩合に成った後は本人の頑張り次第という事に成り、人気を獲得して出演量が増えれば次第に自分の収入も増加するという事に成ります。


ジャニーズは歩合制ではないため、多忙な若手ジャニーズよりも、活動が控えめなジャニーズの方が年収が多い、ということもあり得るみたいですね。

しかし、例外もあるようで、事務所内の派閥によっては歩合制が採用されているグループも存在するようです。


SMAP解散騒動以降、ジャニーズ事務所内で派閥が公となりましたが、ファンの間では昔から周知の事実であったそうです。


派閥は、メリー喜多川副社長と藤島ジュリー景子副社長、ジャニー喜多川副社長、飯島三智マネージャーの3つ存在しているそうで、それぞれ給料形態が異なるみたいですね。


嵐、TOKIO、関ジャニ∞、Hey! Say! JUMPなどのグループを率いる副社長の派閥は、給料制、KinKi Kidsとタッキー&翼をプロデュースするジャニー喜多川さんの派閥は、給料制ではなく歩合制と言われています。


また、飯島三智マネージャーが担当していたSMAPやKis-My-Ft2も歩合制であったようで、なんと報酬の80%をもらっていたようなので、元SMAPメンバーは相当稼いでいたと考えられます!


それでは気になる年収ランキングを見てみましょう!

14位 大野智 櫻井翔

嵐の大野智さんと櫻井翔さんが、同じ14位にランクインしています。


お2人の想定年収は3500万円だそうで、一般人からするとかなり高額ではありますが、あれだけ人気があり多忙で稼いでいるであろうと思われる嵐にしては、安過ぎるような気がしますよね・・・


櫻井さんに至ってはニュースキャスターも務めているのでもっと多いイメージがありました。


嵐は給料制の派閥の為、もう少しキャリアを積まないと給料が増えないのかもしれませんね。


ちなみに嵐の他のメンバーは3300万円といわれており、よっぽど仕事量に差がない限り、同じグループは大体同じくらいだと考えられます。

13位 井ノ原快彦

13位にランクインしたのはV6の井ノ原快彦さんです。


推定年収が3948万円と言われています。


井ノ原さんも人気番組で司会を務めるなどしているので、やはり少し安いですよね。

12位 近藤真彦

12位にランクインしたのは大御所の近藤真彦さんです。


想定年収は5321万円と言われています。


最近ではほとんどメディアに姿を現さなくなりましたが、ジャニーズ事務所内で幹部クラスであるため、多忙な後輩グループより高収入なようです。

11位 岡田准一

11位にランクインしたのは昨年結婚し、公私ともに順調なV6の岡田准一さんです。


推定年収は5691万円といわれており、V6のなかでは最も多いようです。


岡田さんの場合給料制とは言えテレビドラマや映画の俳優としてかなり活躍しているので、その分が反映されているようです。

10位 滝沢秀明

10位にランクインしたのはタッキーこと滝沢秀明さんです。


推定年収は5729万円と言われています。


嵐やV6のメンバーより露出は少ない気もしますが、滝沢さんは歩合制であるためこの年収なのだそうです。


ちなみに歩合制なのでタッキー&翼はコンビ間でかなりの収入格差があるようです。

9位 東山紀之

9位にランクインしたのは東山紀之さんです。


推定年収は6572万円と言われています。


東山紀之さんも幹部候補であり、現在でもテレビ番組への露出も多いので、他の少年隊の他のメンバーよりも大幅に稼いでいると想定されています。

8位 松岡昌宏

8位にランクインしたのはTOKIOの松岡昌宏さんです。


推定年収は7118万円といわれています。


TOKIOは給料制の派閥ですが、キャリアが20年以上と長いので、メンバー全員が大体同じ程度の厚遇を受けているようです。

6位 国分太一 城島茂

6位にランクインしたのは同じくTOKIOの国分太一さんと城嶋茂さんです。


推定年収は8197万円です。


充分高額ではありますが、国分さんは個人での仕事量がTOKIOの中でもかなり多く感じるので、歩合制だった場合はもっと年収が上がりそうですよね!

5位 長瀬智也

またまた同じくTOKIOから長瀬智也さんが5位にランクインしています。


推定年収は1億1478万円です。


ついに1億を突破してきました。


TOKIOの中でも頭一つ抜けていますね。


V6の岡田さんの場合もそうなのですが、映画やドラマで活躍している場合は給料制でも年収が上乗せされるみたいですね。

4位 堂本剛

4位にランクインしたのはKinKi Kidsの堂本剛さんです。


推定年収は1億3000万円と言われています。


KinKi Kidsは歩合制の為、昔に比べて露出が減っている現在は収入もそれほどなのかと思いきや、そうではないようです。


恐らくKinKi Kidsのギャラ単価が高額なため、少ない露出でもこれだけ稼げているのではないかと考えられます。

3位 堂本光一

3位にランクインしたのは同じくKinKi Kidsの堂本光一さんです。


推定年収は1億5000万円と言われており、剛さんより2000万円多いようです。


光一さんは長きに渡ってミュージカルの主演を務めているので、そこが反映されているのではないかと考えられます。

2位 木村拓哉

2位にランクインしたのは木村拓哉さんです。


推定年収は2億7000万円と言われています。


やはり、SMAP時代から俳優業が好調だったこともあり、これほど高額の収入を得ているようです。


しかし現在は、飯島三智マネージャーが退社し、歩合の割合が下がった可能性があるため、年収も下がっている可能性があるようですね。

1位 中居正広

1位は同じく元SMAPの中居正広さんです。


推定年収はなんと5億1000万円と、他とは比べ物にならない額を稼いでいるようです!


数々の冠番組を抱えているため、みなさん納得の1位かと思います。


しかし、キムタク同様現在は歩合の割合が変わっているため多少の収入減になっている可能性は否めません。

まとめ

いかがでしたか?


皆さん納得の結果でしたでしょうか?驚きの結果でしたでしょうか?


個人的には納得できる部分と驚きの部分が両方ありました。


まず同じ事務所内で給料制の人と歩合制の人で分かれていることに驚きました。


そしてやはり給料制に比べて歩合制の方がしっかり仕事量に見合う年収が得られるようです。


給料制の方はどうやら年功序列の様で、同じグループ内でさほど差が出ないような仕組みになっていいるようですね。


しかし、ドラマや映画など俳優業で活躍している人は頭一つ抜けているので、ドラマや映画がいかに稼げるかということがわかります。


また、多忙な若手より、幹部の方が高給を得ているあたりは、まるで普通の企業のようで、なんだか少し夢が無いなあと感じてしまいました。


スポーツ選手などは、活躍に応じて年俸が変化するので、芸能界も労働の対価に見合うような収入が得られる環境だといいのにと個人的には思います。

こちらの記事も読まれています▼

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード