情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

島田紳助が芸能界復帰しない理由や現在まとめ!さんまも復帰を望んでいた…

島田紳助さんが芸能界を去ってかなりの時間が経ちましたが、以前復帰の気配はないようです。明石家さんまさんも復帰を望んでいた島田紳助さん。芸能界復帰しない理由や現在についてまとめてみました。
2018/09/10 UPDATE
 
813 views

島田紳助が芸能界復帰しない理由や現在まとめ!さんまも復帰を望んでいた…


かつて多きのバラエティ番組のMCを務め、視聴率を欲しいがままにしていた島田紳助さんですが、引退を発表して今年で7年を迎えます。


引退して2,3年後ぐらいまでは復帰などの噂も囁かれましたが、中々表舞台に現れませんね。


今回は島田紳助さんが芸能界復帰しない理由について調べてみました。

島田紳助とは!?

本名:長谷川公彦
生年月日:1956年3月24日
出身地:京都府
血液型:AB型
身長 :170cm
所属:元吉本興業所属
出典:

島田紳助さんは『行列のできる法律相談所』や『開運!なんでも鑑定団』『人生が変わる1分間の深イイ話』など多くのバラエティ番組の司会者を務め、テレビで見ない日はないほどに活躍していました。


しかし、週刊誌に暴力団関係者との関係があることを暴露されてしまいます。


島田紳助さんは民事裁判で暴力団との交際があると報道した講談社を名誉棄損で訴えていましたが、「具体的かつ詳細で、内容に不自然な点はない」と判断され、東京地裁は島田紳助さん側の主張を退けました。


そして、2011年8月23日に暴力団関係者との「黒い交際」を理由に引退を宣言し、この日を以って芸能界を引退しました。


今でも同期の明石家さんまさんが島田紳助さんの話題を口にすることはあります。


過去に、明石家さんまさんは島田紳助さんの復帰を願い、復帰できるように動いていたこともあったようです。

プライベートの電話は「必ず紳助からかかる」そうで、紳助はさんまを「親友」と言っていたが、さんまは「一緒に戦場に行った兵隊の気分」と言いつつ、「あいつ、 味方撃ちよるからな(笑)」。そして、テレビでは言えないところもあると前置きしながら、「紳助がテレビに復帰できるように、実は動いていた」と明かし、紳助への思いを激白する。


しかし、明石家さんまさんが島田紳助さんの復帰を願い動くも、事務所との兼ね合いで復帰にはならなかった用です。


島田紳助さんの事件からはや7年。


当時はかなりの騒ぎとなりましたが、島田紳助さんの復帰を望む芸能人も多い気がします。


それに、不祥事があったとはいえ、当時大人気だったこともあり、全盛期ほどとはいかなくても芸能界でやっていける気もします。


現在も島田紳助さんが復帰しない理由は何なのでしょうか。

次のページに続きます
(ここで改ページします)

島田紳助の実母が語る今の島田紳助

そこで記者が京都の実家を訪ねたところ、紳助の母は取材を快諾。自宅に招き入れてくれた。実は、紳助は今でも実家を訪問。折に触れて母親孝行を続けているという。

「月に1〜2回は来てくれます。『元気か?』と言いながら、お惣菜を持ってきてくれてね。でもお便所で用をたしたら、すぐ友達のところに行ってしまうんです。それで帰りウチに寄って『ほな、またくるわ』って。そのときもお便所を借りていきます(笑)。まあ引退して友達が増えたようやし、ええことですけど。先日は村上ショージくん(62)も来てくれました」

まるで漫才ネタのようなエピソードを語る母。息子と会うのがやはり嬉しいようだ。そんな彼女も、12年に本誌がインタビューした際は「あのままでもうちょっとおってほしかった」と吐露。息子の芸能界引退を残念がっていた。だが今回改めて復帰について聞くと、こう答えた。

「もう、いいんじゃないですかね。あの子は芸能界で充分にやりきったし、あとは好きなように生きればいい。友達もたくさんおって、子供と孫に囲まれて。いつも嬉しそうにしていますから。それにあのとき引退したからこそ、お父さんを看取ることができたんです。だから今はこれでよかったのかなと思います」

引退から約2カ月後、紳助の父親(享年87)は亡くなっている。人気司会者として東京にいれば、父の最期に駆けつけることができなかったかもしれない。そして引退して大阪に戻ったからこそ、今も母親孝行ができているのだろう。
出典: blogos.com


島田紳助さんは現在、友人たちとの悠々自適な生活しており、さらには妻や3人の娘、5人の孫たちとの仲睦まじいく暮らしているようです。


芸能界でバリバリ働いていたころに出来なかったことや、家族や友人などの大切さなどを実感したんでしょうか。


生涯自由に生活する金額は余裕で稼いでいるでしょうから、今は家族や友人と楽しくゆっくり暮らしたいようです。

ミヤネ屋が島田紳助の現在を直撃!!


また、過去に『情報ライブ ミヤネ屋』で島田紳助さんの取材があったときはこのようなことも言っていました。

番組では「芸能SP!引退&復帰…総まとめ」のコーナーで紳助さんについて取り上げた。井上氏が紳助さんに「芸能界への復帰があるのかないのか教えてください」と取材を申し込むと「公造さんの取材やったらええよ」と快諾。紳助さんは最近、ゴルフ週2回以上、筋トレ週3~4回、草野球1カ月2回といった生活をしていると明かした。その理由を紳助さんは「老いを防ぐため」と説明しているという。司会の宮根誠司(53)も「あるところで紳助さんの肉体を見せていただいた。すごく鍛えられていてちょっとしたレスラーみたい」と証言。ゴルフは70台で回ると井上氏も明かし、充実した生活ぶりだという。

 紳助さんは現在の自分について「自分で言うのもなんですが自由な旅人です」と表現。“紳助流旅の3カ条”とし、①行き先は国内外問わず、②思い立ったらすぐ出発、③旅の終わりは決めない、と時間や場所に縛られない“自由な旅人”として生きている。井上氏は「沖縄は今は引き払っている。(行きたい場所へ)行きたい時に、奥さんや友人を伴って行く」と、まさにこの3か条の生活を送っていると明かした。


楽しい毎日を過ごしているようですね。


さらに現在の収入源や、復帰への考えについて取材するとこのように答えていました。

 現在の生活での“お金事情”について、紳助さんのは「現在は収入ゼロ。貯金だけで過ごしています」という。井上氏は「お店もプロデュースなんで(お金は)一切入ってこない」と状況を説明。紳助さんの貯金額については井上氏は「放送では明かせない」としながら、現金でどのくらいか、宮根にだけ耳打ち。額を聞いた宮根は思わず笑ってしまう。その額について「国家予算とまではいかないが、どっかの県くらい」と表現した。

 最後に、紳助さんは芸能界への復帰について「絶対にありません」と否定していると紹介。「なぜなら仕事をする理由が見つからないからです。今、僕が40歳なら戻っていたと思います。18歳で芸人になってから幸せなことに55歳まで走り続けることができました。この間、芸能界で出来ることは全てやりつくしました」と理由も明かされた。


「今、大切なものは家族と友人だけです」とし、「引退して何がよかったか?それは感謝の気持ちを持てるようになったことです」と現在の心境も明かされた。


芸能界復帰を完全否定していますね。


今思うと、島田紳助さんの暴力団関係者との関わりについては報道と違う部分もあったのでしょうね。


そうでなければ、島田紳助さんもわざわざ裁判しないでしょうし。


そのせいで芸能界という業界自体に呆れてしまったのかもしれませんね。


しかし、現在も島田紳助さんが元気で笑顔に囲まれているようで良かったです。


これからも幸せに暮らして欲しいですね。

こちらの記事も読まれています▼

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード