情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

福原愛 父親と絶縁していた!金銭トラブルに両親の離婚と闇が深い!

卓球選手として有名な福原愛さんですが、父親の借金トラブルや確執など壮絶な過去があったようです。詳しく調べてみました。
2018/08/08 UPDATE
 
498 views

福原愛 プロフィール

名前:福原 愛(ふくはら あい)
生年月日:1988年11月1日(29歳)
出身地:宮城県仙台市
血液型:B型
身長:155cm
体重:48kg
高校:青森山田高校卒
大学:早稲田大学スポーツ科学部中退
最高世界ランク:6位(2012年)
利き腕:右


福原愛さんは仙台で、父親の武彦さんと母親の千代さんの間に生まれました。


卓球を始めたのは3歳の時で、10歳離れた兄が卓球を始め、卓球経験者のお母さんが兄の練習にかかりっきりになってしまった為、自分もお母さんに構って貰うために自ら始めたんだそうです。


4歳でテレビに出るようになると、天才卓球少女」「泣き虫愛ちゃん」として一躍人気者になりました!


さんまさんとの卓球対決で泣いちゃう愛ちゃんを覚えている人も多いのではないでしょうか?


福原さんは5歳10か月の史上最年少で全日本選手権バンビの部(小2以下)で優勝すると、次々と大会で優勝し、記録を作りました。


その後2004年に史上最年少の15歳でアテネオリンピックに出場。


2012年のロンドンオリンピックで団体戦史上初となる銀メダルを獲得、2016年のリオオリンピックでは同じく団体戦で銅メダルを獲得しています。


プライベートでは2016年に台湾の卓球選手の江宏傑と結婚し幸せそうな姿が報道されました。

福原愛 父親との確執とは?!

福原愛さんの父親は福原武彦さんという方で、あまり表舞台に出てこなかったので印象が薄いという人も多いと思います。


そんな父の武彦さんと福原さんは実は2008年から絶縁状態にあったようです。


いったいなぜそのようなことになったのか、それには2つ理由があるようです。


まず一つとして、父親の武彦さんは卓球を全く知らない人だったにも関わらず、福原さんの卓球について口出ししてくることが凄く多かったようです。


しかも試合に負けるとその度にすぐに指導方針を変えてしまっていたそうで、それでも上手く行かないときはコーチごと変えてしまって落ち着いて練習できなかったというのです。


母親の千代さんは卓球経験があったため、その方法に辟易していたそうですが、父親が絶対の福原家では反論できなかったようですね・・・


そんな父の為、練習環境が落ち着かず、振り回されるのに嫌気がさしたのでしょう。

福原愛 父親は金銭トラブルも抱えていた!

父親の武彦さんは、1990年から建設会社「福原産業」を営んでおり、福原さんの練習環境を整えたり、マネージメントを担うようになります。


しかしいまいち経営がうまくいかず、多額の負債を抱えるようになりました。


ちょうどバブルがはじけた頃なので、その影響を受けてしまったのだと思われます。


1億5千万円ほどの借金が残ってしまい、その返済のために当時の福原さんはテレビやCMに多数出演していたと言われています。


泣き虫愛ちゃんが家族のためだったなんて胸が痛くなりますね。


そして福原さんは10歳になるとプロ宣言をしてミキハウスと契約を結んでいるのですが、その契約金も父親の借金を返すためにあてられたそうです。

その後も父親の会社は好転することは無く、2002年に3億5千万円もの負債を抱えて倒産してしまいました。


そして2004年には両親が離婚、しかしこの離婚は債権を第三者に譲渡させないための偽装離婚ではないか、と言われています。


離婚しているにもかかわらず、家族は一緒に行動しているところが見られていたそうです。


表向きは離婚をすることで、父親の武彦さんが借金を一旦背負い自己破産し、愛ちゃんの稼ぐお金を借金の返済に使うことのないようにするためだったのだとか。


その後、2005年に契約金が高いと言われるグランプリに移籍、それから2年後の2007年には、グランプリとの4年契約を途中で終了し、ANAとスポンサー契約をしていますが、いずれも父親の意志が働いており、多額の契約金が父親のもとに入ったと見られています。

父親との絶縁を決意

福原さんはその後2008年に父親との絶縁を決断しています。


2008年、福原さんは北京五輪に出場し、日本選手団の開会式旗手を務めましたが、成績はふるわずメダルを逃してしまいました。


このことが大きなきっかけだったようで、兄の秀行さんと話し合いこれ以上父に振り回されないようにと絶縁を決めたそうです。


ちなみにそのころ福原さんは中国のテレビ番組に出演しており、家族全員の稼ぎを担っているようですが、大変ですか?」という質問を受けて泣き出してしまいました。


もう限界だったのかもしれませんね・・・。


その後は兄の秀行さんと母の千代さんと一字づつとった「千秀企画」を立ち上げ、お兄さんがマネージメントを引き受けています。

父親との絶縁を決めた5年後、2013年に父親の武彦さんは享年71歳で膵臓がんでなくなります。


このときに福原さんが送ったFAXにより2008年の終わりごろを最後に、父親とは一度も会っていない絶縁状態であったことが発覚しました。


幼少期よりメディアに出て人気者になり、華々しい活躍をしていた福原さんの裏にこんな壮絶な事実があったなんて驚きですよね。


それでも福原さんはいつも笑顔でそんなことを微塵も感じさせない姿を見せていました。


2016年には結婚もし、新たな人生を歩み始めた福原さん。


末永く幸せになってくれることを祈ります。

こちらの記事も読まれています▼

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード