情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

山口達也脱退、事務所退所決定。決定直後、城島茂のとった行動がプロすぎると話題に。

山口達也TOKIO脱退決定。ジャニーズ事務所も退所へ。決定直後の城島茂のとった行動がプロすぎる。TOKIO解散も時間の問題。あのわいせつ事件の経過を振り返る。
2018/05/07 UPDATE
 
190 views

山口達也が、TOKIO脱退決定。ジャニーズ事務所も退所へ。TOKIO解散か…



元TOKIOのメンバー

山口達也が女性に強制わいせつ行為

で書類送検された事で

世間を騒がせています。

その山口達也が、

TOKIOから脱退し、

ジャニーズ事務所から

退所することが6日判明しました。

山口達也 強制わいせつ事件の経過を振り返り

<事件経過>

■2月12日 

山口達也が女子高生らを

都内の自宅に呼び出し、

山口達也が、お酒で酩酊状態で

女子高生に無理やりキス。

その後、女子高生が警視庁に被害届を出す。

 
■3月下旬 

警察が山口達也の自宅を訪問し、

任意で事情聴取。山口達也が事件を自覚

 
■4月16日

山口が事務所に事件を報告
(TOKIOメンバーには報告せず)


■4月20日 

警視庁が山口達也を強制わいせつ容疑で書類送検。

その後、被害女性と示談が成立し、

被害届を取り下げる。

 
■4月25日

NHKが今回の事件を報道。

ジャニーズ事務所が謝罪コメントを発表。

山口達也以外の

TOKIOの4人は番組収録後に事件を知る。

 
■4月26日

山口達也が謝罪会見を行う。

 
■4月30日

事件後初めてメTOKIOメンバー5人が話し合う


■5月1日 

検察が起訴猶予処分を決定

■5月2日

山口達也をのぞくTOKIOの4人が緊急会見

■5月6日

山口達也のジャニーズ事務所退所が

事務所より発表される。

TOKIO4人のメンバーの会見は見てられませんでした…。

TOKIO山口達也の脱退が正式発表


5月6日、ジャニーズ事務所が

ファクスを通して

マスコミ各社に書面を送り、

山口達也のTOKIO脱退と

事務所退所を発表しました。



山口達也がリーダー城島茂に渡した辞表は

保留扱いになっていると、

先日の会見でも発表していました。

ですが、本日6日にメンバーの総意として

辞表がジャニーズ事務所社長に託され、

山口達也本人からも別途、

社長への直接の意思表示があったことも踏まえ、

辞意を受け入れることとなったそうです。

山口達也からは、TOKIO脱退と

事務所退所の意思は強かったそうです。

TOKIOリーダーの城島茂と

ジャニーさんが協議し、

申し出を受理する判断となりました。

ジャニーズ事務所からのFAXがこちら
ジャニーズ事務所からのFAXの全文
この度の山口達也の事件に際し、被害者とそのご家族の方々には多大なご迷惑をお掛け致しました。誠に申し訳ございませんでした。

またご負担をお掛けしております仕事関係者の皆様や、報道関係者の皆様、さらに報道をご覧になった多くの皆様にもご心配をお掛けしておりますことを重ねてお詫び申し上げます。

山口達也の処遇につきましては、5月2日のTOKIOの4人のメンバーの会見において本人からの辞意表明があった旨の説明がございましたが、重ねて6日本日、本人からも直接、弊社に対し強い意志表明がございました。

それを踏まえ本日、弊社社長とTOKIOリーダー城島茂との協議が行われ、この申し出を受理する判断に至りましたことをご報告申し上げます。

これにより弊社は、山口達也と契約を解除することとなりますが、事件の社会的な影響や、現在、山口の置かれている状況等に鑑み、彼を育ててきた立場として、社会に責任を果たすために必要な支援を今後も積極的かつ継続的に行って参る所存でございます。

●経緯について

弊社では山口達也の処分について、23年間、バンド活動を地に芸能活動をグループとして行ってきたTOKIOのメンバーの意思も尊重すべきとのスタンスを取ってまいりました。

メンバーは4月26日の山口の会見によってその詳細を知り、5人での会合を30日に実施いたしましたが、その際に本人から辞意表明があったこと、結果としてその場で辞意への回答ができなかったことは、話し合いの直後に弊社社長に伝えられておりました。

弊社と致しましてはTOKIOメンバーの心情に配慮しながらも、社会的影響の大きさから、すみやかに意思決定をすべきとの考えでしたが、本日6日にメンバーの総意として辞表が社長に託され、当人からも別途、社長への直接の意思表明があったことも踏まえ、辞意の受け入れとなりました。

●契約解除の理由について

4月26日の会見では、山口が事件への十分な認識と反省をしていないとのご不安を皆様に与える形になってしまいましたが、その後のメンバーとの話し合いの際の「TOKIOを辞めたい」との意思表明は、被害者の方への謝罪の念、引き起こした社会的影響力の大きさ等を自覚し、責任を取るという本人の強い決意をメンバーがそれぞれに感じており、弊社もそれを確認しております。

山口は今後、被害者へ誠心誠意、謝罪を重ねることはもちろん、事件の要因となったさまざまな問題を克服すべき状況にあります。一人の人間として再び社会に復帰するためには、本人の強い意志と周囲のサポートが不可欠です。

そのためには無期限謹慎という曖昧な形ではなく、本人の強い意思でもある辞意を受け入れ、山口が一人の人間として自分と向き合う形をとらせるべきだと決断いたしました。

今後も山口をサポートしていく旨は、弊社社長からメンバーの意思を預かるリーダー城島に伝えられ、今回の選択の最終合意に至りました。

●今後について

山口の籍は残りませんが、彼を長年育んできた立場として、彼が健やかな一人の人間としての精神と振舞いを取り戻し、被害者の方の許しを十分に得た上で、どのような形であれ未来を描けるまでを具体的に支援することが弊社の責任と考えます。

また弊社が、TOKIOを大人のグループとして尊重し、意思決定に強く関与させたことについて、さまざまなご批判もいただきましたが、今回の事件での意思決定と責任はすべて弊社にあることは言うまでもありません。

彼らは、会見でも言及した通り「4人のTOKIOが必要とされるのか」という命題を背負い、茨の道を歩むことになります。

弊社も当然、彼らとそれを分かち合い歩んでいきますが、これまでご理解、ご支援をいただいた皆様におかれましては、彼らの今後の活動へもあたたかいまなざしを注いでいただけましたら幸いです。

重ね重ね申し上げていることですが、被害者、ならびにご関係者の方々の精神的な負荷がこれ以上大きくなることを防ぐため、報道関係者の皆様には「被害者の方、被害者のご関係者の方、および山口の家族への取材自粛のお願い」をお願い申し上げます。

2018年5月6日

ジャニーズ事務所

TOKIO4人メンバーからのコメント


誰のために何をすべきか、

それだけを考え続けた日々でした。

僕らメンバー、一人一人の今の気持ちを表現するには
言葉だけでは足りませんし、何より、
これ以上言葉で語るべきものではないと思います。

自分たちに変えられるものがあるとすれば、
それは明日であり、目の前にあることからです。

今一度、TOKIOとして原点に戻り、
それぞれが己と向き合い、誰のために、

いったい何をするべきなのかをしっかりと考え、
前を向いていきたいと思います

TOKIO
城島茂、国分太一、松岡昌宏、長瀬智也

ジャニーズファンクラブサイトには告知も…
次のページに続きます
(ここで改ページします)

山口達也の脱退・退所をファンクラブサイトでは告知も。

Twitterでのつぶやき

ファンのみなさんは悲痛な想いを語っていますね。
話し合い後、リーダー城島茂のしていた事とは・・・?
次のページに続きます
(ここで改ページします)

TOKIOリーダー城島茂、山口達也の脱退・退所の話し合い後に始球式で大役務めるプロ根性発揮。


なんと、実は今日、TOKIOリーダー城島茂は

新人女性歌手の「島茂子」として

神宮球場で行われた

ヤクルト・広島戦で始球式に参加していました。

城島が球場入りしたのが17時頃。

事務所から神宮球場は近いため、

おそらく話し合いが終わった後に訪れたと

想われます。どんな心境だったのでしょうか。

始球式では球団の人気マスコット・つば九郎から

「47歳と遅咲きデビューですが、

今まで何をしてましたか?」と問われ、

「誰かに似てるねとか、

無人島に行ってるんですねとか聞かれるんですが、

全国のキャバレーまわりや営業をしてました」

とキャラ通りの返答をしていました。

相当な精神状態だったことが想定されますよね。

メンバーが一人いなくなるのですから、、、

ですが城島茂は見事に大役を務めた。

これぞプロ魂と言うべきだろうか。


メンバーの脱退・退所の話し合いが

行われていたなんて感じさせないような

表情と仕事ぶりです。

さすがプロ根性です。

さすが、TOKIOリーダーです!!

TOKIO解散も時間の問題か・・・??



TOKIOの記者会見の時、

長瀬智也さんが語った、

「僕らは23年間バンドでやってきました。

 ひとつの音がなくなってしまうということは、

 そういうことなんだと思います。

 TOKIOの楽曲は、彼ひとつの音がないと

 全く形にならない」

という言葉がありました。

山口達也さんが脱退・退所する事で

TOKIOとしての音楽が成り立たない・・・

これは第2のSMAPになりかねない??

TOKIO解散。

となる日も近いのではないのでしょうか??


まとめ



今回は、とっても残念な結果と

なってしましましたね。

ですが、これも山口達也本人からの

強い要望です。

被害者の女性に対して、

本当に謝罪の気持ちがあったのと、

TOKIOの4人のメンバーに

これ以上の迷惑はかけられない。

という気持ちもあったのでしょうね。

現在は、治療中の山口達也。

ジャニーズに山口達也の籍は

ありませんが、

これからもサポートをしていって

あげてほしいな。。と思います。

きっと今の山口達也は憔悴しきって

いるに違いありません。

また、何らかの形でテレビで

見かける事が出来るといいですね。

こちらの記事もよく読まれています!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード