情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

24時間テレビ ギャラが高すぎる!?これがテレビ業界の裏側か…

毎年8月に放送される『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』を見たことのある方は多いのではないでしょうか。 そんな24時間テレビに黒い噂があるのはご存知ですか? チャリティー番組でありながら、出演者のギャラが高額と言われています。 ...
2018/07/17 UPDATE
 
648 views

24時間テレビ ギャラが高すぎる!?これがテレビ業界の裏側か…


毎年8月に放送される『24時間テレビ 「愛は地球を救う」』を見たことのある方は多いのではないでしょうか。


毎年8月の下旬に放送されており、今年で40周年を迎える夏の風物詩ともされる長寿番組です。


チャリティーを目的とする番組で、障害者や被災者、難病患者なども多く出演し、チャリティーマラソンやドラマ、ドキュメンタリーなどの感動の詰まった番組となっています。


しかし、そんな24時間テレビに黒い噂があるのはご存知ですか?


チャリティー番組でありながら、出演者のギャラが高額と言われています。


詳しく調べてみました。

テレビ番組側が大儲け!?その理由とは…?

以前から、チャリティー番組でありながら、出演者にギャラが支払われるのはおかしいとの指摘はあったようです。


海外でチャリティー番組をする場合は出演者の自腹が当たり前といわれていますしね…


また、24時間テレビというネームバリューだけでスポンサーが多く、テレビ局側が大儲けしているようです。


なんと、番組総製作費が4億2000万円で、CM収入の合計が22億2750万円とも言われています。


深夜の時間帯のCM枠は料金が安いようですが、24時間テレビの日は深夜帯でも通常の1.5倍の料金でのCMができるとテレビ局側からもウハウハとか…


つまり24時間テレビをするだけで約16億もの利益が出るのです。


いくらかは寄付するのでしょうが、すべてという訳がないでしょうし、テレビ局が黙って儲かるのを出演者の所属事務所が黙っている訳ないですよね…


このことから出演者は高額なギャラをもらっているとの噂がたったようです。


チャリティー番組でありながら裏でテレビ局や出演者がぼろ儲け…


偽善的だと毎年批判の声が上がるのも無理もないかと思います。


では、出演者は具体的にどれぐらいのギャラをもらっているのでしょうか…

出演者のギャラはどれぐらい…?


気になるのは出演者のギャラの方ですよね…


気持ち程度の少額だったらまだ納得できるのですが、一体いくらぐらいなのでしょうか。


まずは、ランナーのギャラから見ていきましょう。

さらに07年、番組開始から3年連続で司会を務めた萩本欽一が、66歳にして70キロのマラソンにチャレンジしたが、「親しい関係者に『よく決意しましたよね』と驚かれた萩本は、『だって、ギャラがいいんだよ。(指を2本立てて)コレだもん』とあっけらかんとしていたそうです。これはつまり、2,000万円ということでしょうね」

2000万って凄いですよね。


萩本欽一さんはチャリティーマラソンのオファーが来た時にギャラが安いと駄々を捏ねた結果、2000万円まで上がったと言われています。


他のマラソンランナーは


間寛平さん⇒300万円

山口達也さん⇒300万円

山田花子さん⇒400万円

はるな愛さん⇒700万円

大島美幸さん⇒1,000万円

城島茂さん⇒1,000万円


と言われています。


凄い距離を長時間走り続けるので高額なのは当然との意見もある一方で、チャリティーなのにこのようなギャラをもらうことが偽善だという厳しい意見もありました。


続いては、出演者のギャラです。


こちらについては2013年に週刊誌『フラッシュ』が掲載した内容です。

・メインパーソナリティの嵐は5人で5,000万

・大野君はドラマ出演があったので +500万

・チャリティーパーソナリティーの上戸彩 500万

・総合司会 羽鳥慎一 500万

・カラオケメンバーとして、加山雄三、谷村新司クラス 200万

・カラオケメンバーのその他懐メロ歌手、芸人 10万~100万


この金額が本当かどうかは分りませんが、ある程度のギャラが支払われていたのは間違いなさそうですね。


しかし、嵐の5人については日本テレビのHPで異例のコメントを発表した事もありました。

日本テレビが異例のコメントを発表

 番組の出演者は、「チャリティーパーソナリティー」に「チャリティーマラソンランナー」といった、「ノーギャラ」をイメージさせる肩書を用いているものの、昨年8月発売の「フラッシュ」(光文社)で、各出演者のギャラ事情が赤裸々に明かされたことがあった。

「この報道に対して、昨年日本テレビはホームページ上で、『嵐のメンバーにはチャリTシャツのデザインを含め、メーンパーソナリティーを今年もボランティアで務めていただいております』と、異例のコメントを発表。しかし長時間の拘束、さらにはリハーサルなどもある中、事務所に対して一切ギャラが支払われないということはあり得ない。メンバーへの支払いはどうとでも言い逃れできることでしょうが、事務所に対しては確実に、例年数千万円単位のギャラが支払われていますよ」(テレビ局関係者)

なんと日本テレビが出演者はボランティアで出演しているとコメントを発表しました。


しかし、ギャラが話題になった後だったので余計に嘘っぽくなっていました。


本当だったら、あらかじめノーギャラだと発表する方が出演者のイメージアップにもなるのでそうしたハズです。


日本テレビ側が主催で行っている番組である以上、出演者にギャラを支払うのは仕方ないにしても嘘をつくのはいかがかと…


また、出演者もギャラをもらっているのであればそれを寄付すればいいのではないでしょうか。


結局、チャリティーは建前だけで利益目的の番組なのでしょうか?


もし、そうであれば出演される一般人が可哀想だと思ってしまいます。

まとめ


今回は24時間テレビの出演者のギャラについてご紹介しました。


公開された芸能人のギャラが本当かは分りませんが、日本のテレビ業界の闇の部分を感じました…


今年の24時間テレビにも注目が集まりますね!

こちらの記事も読まれています▼

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード