情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

花粉症シーズンの時期・対策・予防できる意外な食べ物とは・・・

花粉症シーズンの時期・対策・予防できる意外な食べ物とは・・・
2018/03/07 UPDATE
 
43 views

花粉症シーズンの対策・予防できる意外な食べ物とは・・・

花粉

春や秋になると猛威を振るう花粉。
今では4人に1人が花粉症なんだとか!

今回は意外と誰でも簡単にできる
スギにもヒノキにも聞く花粉症対策を上げてみました。

花粉
花粉(かふん)とは
種子植物門の植物の花の雄蘂(おしべ)
から出る粉状の細胞。
花粉がめしべの先端(柱頭)に
つくことにより受粉が行われる。
種子植物が有性生殖を行う際に必要となる。
大きさは数10μmほどである。
種により大きさは異なるが
同一種ではほぼ同じ大きさになる。

ラン科植物では花粉が塊になり、
はなはだしい場合には
プラスチック片状に
すらなる花粉塊を形成する。

花粉は一見では1個の細胞に
見えるが共通の細胞壁内で
細胞分裂が進んでおり、
栄養細胞と生殖細胞が分化している。
これはシダ植物の小胞子が発芽した
雄性配偶体にあたるものである。

花粉の媒介

花粉媒介をするマルハナバチ

裸子植物では
小型のガによって花粉が
媒介されるグネツムなど
ごく一部を除き、花粉は通常風に
飛ばされて他の花にたどりつく。
これを風媒という。被子植物では
花が匂いや蜜などを出し
それを集めに来た昆虫によって
運ばれる虫媒が発達する。
花に花弁ができて
目立つ姿になるのも
昆虫の目を引くためと考えられる。
他に、鳥媒花や
コウモリ媒花も存在する。
こうした動物に依存する
花粉媒介を行う植物は
ハチ、ハエ、チョウ、ガ、鳥、コウモリ
などといった性質の異なる
媒介動物ごとにまとまりの
良い形質を共有する傾向があ
この形質の組み合わせを送粉
シンドロームと呼ぶ。
被子植物にも、風媒のものがあり
それらは地味な花を咲かせる。
水生植物には水流で花粉を
運ぶ水媒のものもあり
これも地味な花をつけるが
水中や水面で効果的に花粉を
授受するのに適応した特殊な
形態を持つことが多い。

花粉対策

1,部屋干しをする

花粉の時期に部屋干しをする理由は大きく2つ有ります。

その理由は、

室内の湿度を保つ
衣類に花粉を着けない
室内干しをする一番のメリットは
室内の湿度を保つことにあります。

衣類に花粉を着けないことも
勿論必要ですが、そもそも家への
出入りがあれば花粉も必然と
室内に入ってきてしまいます。

そこで室内の花粉を舞わせないために
湿度を保つ必要があります。

湿度を60%以上にすれば
花粉は床に落ち、掃除もしやすくなるんですね。

なので室内干しをすることで
衣類に花粉をつけることもなく
室内の花粉が舞うことを防ぐ
二重防壁が張れるのです

ストールを巻く

花粉はストールを巻いて
おしゃれに対策しましょう!笑

冗談のように聞こえますが
このストールを巻くという方法
結構効果的で、実は首の後ろを
冷やさないことにより血行を
良くすることで、外的刺激への
免疫を落とさないという効果が有るんです。

免疫細胞は37度前後の体温で活発化します。

その為、体温に深く関係する
首元や丹田(おへその下辺り)
足元などを冷やさないことで
本来持っている免疫力を
下げないようにしていきましょう!

定期的なストレス解消

ストレスは万病の素です。

花粉症の症例限って言えば
精神的なストレスが溜まると
鼻の粘膜が乾燥します。

鼻の粘膜が乾燥することにより
鼻から入った異物を上手く
捉えることができず
排出することもできなくなってしまいます。

なので、ストレスが貯まる
前にしっかりと対策を取っていきましょ

食材を気をつける

花粉症には以下の食材を
食べるといいと言われています。
レンコン、青背の魚、ヨーグルト
キムチ、しそ、えごま油

これらの食材にはそれぞれ
免疫力を高める成分が入っています。

その中でもレンコンの粘り気に
含まれているムチンという成分が
粘膜を保護させる効果があり
他にもレンコンに含まれる
ポリフェノールは抗炎症作用があり
ムチンと一緒に取ると相乗効果で
飛躍的な花粉症対策ができます。

また青魚に含まれるEPA
(エイコサペンタエン酸)や
DHA(ドコサヘキサエン酸)は
アレルギー症状を抑える役割をもちます。

ヨーグルトやキムチには
乳酸菌が豊富に含まれており
乳酸菌によって腸内環境を
整えることにより
免疫力が高まると言われています。

以上あげた、ムチン・ポリフェノール
EPA・DHA・乳酸菌を多く含んだ
食材を取ることによって花粉によって
現れる症状に対しての免疫力を
高める食事を心がけましょう。

メガネやマスクの活用

やはり花粉症の一番の対策は
体内に花粉を取り入れないことが一番です。

花粉症の根源を体内に
入れないようにすることで
免疫力を使うこと無くなれば
そもそも花粉症の症状は出ません。

なので、体の表面にある粘膜である
「目・鼻・口」をしっかりと覆って
花粉を取り込まないようにしましょう!

花粉のメカニズム
時期によってスギ花粉や
ヒノキ花粉など色々な種類の
花粉がありますが
スギだろうとヒノキだろうと
花粉症のメカニズムは同じになります。


スギ花粉のピークは3月〜5月
ヒノキ花粉のピークは4月〜6月になります。

時期によってピークの花粉が違いますが
自分が持っているアレルギーをしって
ピークが来る前にしっかりと対策をとり
アレルギー症状が出ないように心がけましょう。

コチラの記事もおススメ!!▼

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード