情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

パニック障害を克服した有名人や芸能人一覧!!えっあの人もそうだったの!?

パニック障害になって克服した芸能人と有名人をご紹介! 今元気に活動している芸能人の中にもパニック障害を 発症して、過去に地獄の日々を送っていた方達がいるようです!
2018/02/26 UPDATE
 
533 views

芸能人や有名人がなりやすいパニック障害ってどんな病気!?

パニック発作といわれる、急性の強い不安の発作を繰り返す症状を特徴とする病気です。



 従来は 不安神経症ふあんしんけいしょうの一部に含めて扱われてきましたが、そのまとまった病像の特徴から、独立した病気として扱われるようになり、パニック障害と命名されました(1980年)。従来の不安神経症は、このパニック障害と慢性の不安状態が続く 全般性不安障害ぜんぱんせいふあんしょうがいとに二分されたことになります(不安神経症)。



 パニック障害は、のちに述べるように、特別な原因やきっかけなしに急性に発症し、パニック発作を繰り返すことや、不安のため一人で外出したり乗り物に乗ることが困難になること(広場恐怖)、薬がよく効くことなどが特徴です。
出典:

几帳面で完璧主義、責任感が強い、頑張り屋さん、潔癖主義、真面目な性格、ストレスを発散することが苦手な人がなりやすい病気として認知されています。

有名人や芸能人も多く発症されている人がいます!

パニック障害を克服、発症した有名人、芸能人はこちら

IKKO

30代後半の頃にパニック障害を発症したと語る美容家のIKKOは、パニック障害に悩む芸能人の一人だったようだ。

30代でヘアメイクの個人事務所を立ち上げ、経営者としての、責任の重さがIKKOにのしかかり、パニック障害を発症したという。






長嶋一茂

長嶋一茂はプロ野球選手を引退し、芸能人として活躍できたことで、ストレスから解放され、パニック障害を克服することができたという。

また、ストレスを上手くぬいてあげることが重要だと語っているようだ!




堂本剛

まだ15歳の少年だった堂本剛は、ホームシックにかかり、芸能界という華やかな世界で活躍する芸能人としての自分と本当の自分とのギャップに悩み、パニック障害が発症したという。



ただ、自分を素直に表現できる音楽や親友と呼べる堂本光一との出会いが、パニック障害の克服への手助けになったという。




中川家 剛

中川家 剛さんはテレビでも度々、発言しておりパニック障害に悩まされた芸能人として有名ではないでしょうか?


中川家 剛さんの場合は、仕事に行くための電車に乗れなくなっていったそうです。


ある時思い切って弟の礼二さんに相談したそうですが、初めはあまり理解を得られなかったそうです。


しかし、中川家 剛さんは自分はこういう症状が出て、パニック障害なんだということを思い切って、弟に告白したことによりとても気持ちが楽になったようです!




大場久美子

女優の大場久美子さんは母の死をきっかけにパニック障害を発症したと言えます。


大場久美子さんの症状の場合、急に激しい動悸や倦怠感に襲われ人ごみが怖くなり、電車や飛行機に乗れなくなったそうです。


大場久美子さんは病院に通っていたそうですが、芸能人という職業柄、


回復を焦るあまりにいろいろな病院を渡り歩き、投薬を繰り返して投薬による副作用でひどい鬱にもなったと言います。




円広志

「♪とんで、とんで、とんで‥‥」「夢想花」の大ヒットで一躍メジャーになった歌手の円広志。



今も数多くのアーチストに楽曲を提供し、バラエティ番組にレギュラー出演しているが、そんな円がこのほど「パニック障害、僕はこうして脱出した」(詩想社)を出版したことも有名である。


一時は「死んだ方が楽やろな」とさえ思ったことがあるという円は闘病の末、危機を脱出した。






星野源

星野源はいじめが原因でパニック障害に陥った


星野源さんのパニック障害との戦いは大人になってからではなく小年時代のいじめが原因だったようで、学生時代はパニック障害の症状との戦いだったようだ。
 
 

 

ユースケ・サンタマリア

うつ病を煩い、パニック障害予備軍だったユースケ・サンタマリア

めっきりテレビで姿を見なくなったことから「干された」とも言われているユースケ・サンタマリアさん。過去に8年におよぶうつ病闘病をしていたことを明かし、番組『SmaSTATION-3』での「Smaクリニック」ではパニック障害予備軍だと診断されたようだ!




高木 美保

高木さんは過労により電車の中でパニック発作を起こしたことでした。

この発作がまた起きるのではないかという不安が、さらなる不安を呼び、やがて日常生活の全てが不安となってしまい、これがうつの発症へとつながっていきます。


パニック障害とうつ病を自力で克服するということは極めて困難であり、カウンセリングを受けたりして、誰かの手助けをかり克服されたようだ!





パニック障害で苦しんだ海外の有名人や芸能人

ダイアナ妃
ジョニー・デップ
リンカーン大統領
エマ・ストーン
スカーレット・ヨハンソン
チャールズ・ダーウィン

芸能人や有名人がパニック障害になりやすい理由は?

芸能人や有名人がパニック障害になってしまいやすいのですがどのようなことが原因なんでしょうか?


不規則なライフスタイル、過度なストレス、人前に出る仕事これらが、心や体に大きく負担をかけてしまってるのではないかと思われます!

まとめ

過去・現在においてパニック障害の症状と戦ってきた芸能人について総まとめしてきました。



特にパニック障害の症状は死に直結はしないものの苦しんでいる本人は「死の危険」を感じているため、人前に出る芸能人の恐怖は想像を絶するものなんでしょう!



芸能界には隠れパニック障害持ち、パニック障害予備軍は多数いると思われ、今後も「まさかこの人が」という芸能人がカミングアウトする可能性もあります!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード