情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

ブルゾンちえみ一発屋確定?1年で失速ww

2018/05/08 UPDATE
 
60 views

ブルゾンちえみが1年でネタの限界を悟ってしまった。

そのニュースを見て、一発屋確定かとネット上が騒いだ。


男はガムと一緒。味がしなくなったら、また新しいガムを食べればいい。だって、地球上に男は何人いると思っているの? ……35億


このフレーズで一躍人気者になり、CM、ドラマ、バラエティーと引っ張りだこだったのだがどうやら雲行きがあやしいようだ。

ブルゾンちえみとは

ブルゾンちえみ(1990年8月3日 - )は、日本のお笑いタレント、女優。

ワタナベエンターテインメントに所属し、所属プロダクションの後輩にあたるコージとダイキから成る2人組ユニット「ブリリアン」とのユニットで「ブルゾンちえみ with B」の名で登場することも多い。


お笑い界では毎年のように新しい芸人が出てきます。そんな中で、間違いなく2017年前半の主役と言えるのが、女性ピン芸人のブルゾンちえみさんです。


 彼女は、1月1日放送の「ぐるナイ!おもしろ荘2017」(日本テレビ系)に出演して、優勝を果たしました。そのときに演じた「キャリアウーマン」のネタが視聴者の間で大反響を呼んだのです。そして、人気は瞬く間にうなぎ上り。4月13日に始まったドラマ「人は見た目が100パーセント」(フジテレビ系)でも主要キャストの1人に抜擢されました。ドラマ初出演にもかかわらず、演技のほうもなかなかのものだと評判です。

ブルゾンちえみ一発屋カウントダウン

ある芸能サイトのアンケート「今年で消えると思う一発屋タレント」で


2位にランクインしたこともあり、すでに今年下半期から「来年には消える芸人」と囁かれているのだ。



タレントの消費が早く、多くの芸人が群雄割拠する昨今、生き残るのは簡単ではない。ブルゾンも姿を消してしまうのだろうか?


「“35億”がヒットしてからは、新ネタのことばかり考えていました。受ければ受けるほど次のネタをどうしようかと不安になるんです。ドラマの話が来た時も、バラエティに出て力を蓄えるべきじゃないかと心配でしょうがなかった」

“一発屋”で終わるのが怖くて仕方なかったという。

「そもそも私が作るネタって面白いことを言っているわけじゃないんですよ。でも、人って“すごい”とか“気持ちいい”と思ったときにも笑う。私のは、そんな笑い。だから、自分の考えたことを全力で出すことしか考えていません。それでウケなかったらしょうがないですから」

本人がヒット作である35億を超えるのは難しいと自己分析もしているようだ。

消えそうで消えないところを今はさまよっているのでしょう。

一発屋の末路

最近はテレビがだめでも、インターネットがあるという居場所があります。

その知名度を生かして、他の媒体で生き残るという手段もあるでしょう。



今後はどのような路線で活躍していくのか見守って行きたいと思います。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード