情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

仮想通貨取引所Zaif ザイフ、重大エラーで10億ビットコインを0円で取引。これにより2000兆円越えの億り人が…。

ビットコインやモナコインなどの仮想通貨を取り扱う「ザイフ」(Zaif)で 重大なエラーが発生した模様です。 なんとエラーのため一時的にビットコインを0円で販売してしまい、10億ビットコインが購入されてしまいました。 これは、日本...
2018/02/19 UPDATE
 
176 views

仮想通貨取引所Zaif ザイフ、10億ビットコインを0円で取引。これにより2000兆円越えの億り人が…。

ビットコインやモナコインなどの仮想通貨を取り扱う「ザイフ」(Zaif)で


重大なエラーが発生した模様です。


なんとエラーのため一時的にビットコインを0円で販売してしまい、


10億ビットコインが購入されてしまいました。


これは、日本円にして約2200兆円分のビットコインが


0円で販売されたことになるそうです。


これは取り返しのつかない事態ですね。

仮想通貨が時価総額2246兆円になった男性。

エラーで0円となっていたビットコインを購入したMさんはなんと、


時価総額が2000兆円越えとなりました。


桁がとんでもないですね。

Mさんが今回の騒動について動画配信をしているようなので、


よかったらご覧下さい。

これにはMさんもびっくりですよね。


この金額となると市場に出回っているビットコインの総額を越えてしまっています。


しかし、なぜ本来存在しえないビットコインが流出してしまったのでしょうか。


Zaifのノミ行為が疑われますね。





ノミ行為とは?
顧客からの注文を取引所に出さないで、自分が直接その相手方になって売買し、しかも取引所を通した通常の取引のように装うこと。
例えば、客がある銘柄を買いたいと注文を出したら、証券会社がその株を売り、注文の処理は取引所を通した正常の形をとります。売り注文の場合も同じことで、証券会社が顧客が売りに出した株を買い、客には注文どおり処理したようにみせかけます。このような取引は、証券会社がどのような意図であろうとも、投資家が不利益をこうむる恐れがあるので、証券取引法で禁止されています。




もし仮に、ノミ行為をしていなかったとしても


存在し得ない数のビットコインを販売する行為は


仮想通貨業界のルールを破綻させてしまうでしょうね。




この後注目が集まるのが、


Zaif側からのMさんへの対応ですが、


なんとこのMさん、Zaifにアカウント停止されてしまったようです…。

次のページに続きます
(ここで改ページします)

Mさん、Zaifにアカウント停止される⇐問い合わせに返事ナシ


なんと、Mさんのアカウントがロックされてしまい、


いっさいの取引ができない状況となってっしまったようです。


慌ててMさんはZaifに対して、


複数回もの問い合わせをしているようですが、


まったく返答がない状態だそうです。


取引の混乱を防ぐためにアカウントを停止するのは分らなくはないですが、


本人の同意を得ずに強行はどうかと思いますね。


現在、利用者が送金しようとしてもエラーが発生するようになり、


ログインすらできない状況が続いているようです。


逃げたくても逃げれない状態の利用者が多く、


不安に思っている方が多くいるようです。


コインチェックの時もそうでしたが、画期的な通貨で注目されているのに


CMをしているような大手取引所が


不祥事を起こし、利用者の信頼を落としてしまっているのが残念ですね。


Mさんのその後に関する動画もありましたので、


気になる方はご覧下さい!

またもやビットコイン暴落の可能性!?

今回のビットコイン0円販売エラーは、現在はそのエラーも修正されていますが、


今回の事件でZaifへの信用はガタ落ちしてしまい、


利用者が激減している状態です。


コインチェックの時同様、今回の騒動が仮想通貨全体への不信に繋がり


ビットコインだけでなく、他の仮想通貨の暴落が懸念されています。

まとめ


またもや仮想通貨取引所での事件が起こってしましましたね…。


コインチェックの場合はハッキングが原因でしたが、


今回は取引所側の完全なミスで、ノミ行為の疑惑まで出ています。


しかも、この騒動に対しての利用者への対応にも不満が集まっている状況です。


最近剛力彩芽さんを起用したCMが話題となりましたが、


今後どうなってしまうのでしょうか。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード