情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

葛西紀明選手に注目が集まる!レジェンド葛西紀明いままでの経歴を振り返る

葛西紀明選手に注目が集まる!レジェンド葛西紀明いままでの経歴を振り返る
2018/02/10 UPDATE
 
186 views

葛西紀明

葛西 紀明は、日本、北海道上川郡下川町出身のスキージャンプ選手。
東海大四高校から地崎工業、マイカルを経て現在は
土屋ホームに選手兼任監督として所属。
2005年度日本オリンピック委員会・選手強化キャンペーンの
シンボルアスリート制度適用選手。
両親: 葛西幸子、 葛西 利紀
生年月日: 1972年6月6日
生まれ: 北海道 下川町
配偶者: 張磨 怜奈 (2014年から)

平昌オリンピックが2月9日より始まります。


その中の注目選手の一人。


葛西紀明選手。

オリンピックの出場回数や

レジェンドと言われるだけあって、


スゴイ経歴があります。

今回は葛西紀明選手の経歴について振り返ってみたいと思います

葛西紀明選手の経歴

葛西紀明選手は10歳からスキージャンプを始めました


そんな葛西選手はスキージャンプを始めてからすぐに

才能発揮。

「雪印杯全日本ジャンプ大会ジュニアの部」などで

数々の優勝を重ね、逸材ぶりを発揮

高校1年生の時、札幌で開催された

スキージャンプ・ワールドカップに「16歳6ヶ月」と

当時史上最年少で初出場。

その後、国際大会で初優勝

葛西紀明選手の凄さは、これだけではありません


本来、スキージャンプで活躍する選手は

4歳ごろにはスキージャンプを

はじめるところ、10歳スタートにもかかわらず


上記のような成績を残している部分にあります

葛西紀明選手のオリンピックでの活躍
(ここで改ページします)

葛西紀明選手のオリンピックの活躍

葛西紀明選手のオリンピック出場回数は

1992年 アルベールビル (フランス)
1994年 リレハンメル (ノルウェー)
1998年 長野 (日本)
2002年 ソルトレイクシティ (アメリカ合衆国)
2006年 トリノ (イタリア)
2010年 バンクーバー (カナダ)
2014年 ソチ (ロシア)
2018年 平昌 (韓国)

の8回目の出場


1992年の初出場から28年になります

葛西紀明選手の獲得したメダルは


ラージヒル個人で
銀メダル


ラージヒル団体で
銀メダル 1
銅メダル 1

獲得しており、まだ、金メダルを獲得されていません

海外の葛西紀明選手の印象
(ここで改ページします)

海外での葛西紀明選手の印象

葛西紀明選手への海外の印象は


「神風特攻隊」に例えて


「カミカゼ・カサイ」と


呼ばれているようです。


そんな葛西選手は海外メディアも

注目していて、20社以上のカメラが

向けられるそう

まとめ

オリンピックに8回目の出場になる


葛西選手。

前回ソチオリンピックでは

銀メダル、銅メダルを獲得。


その為、今回の平昌オリンピックでは、



金メダルを取ってくれるのでは!?


と、メディアも注目を集めています


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

雑学・芸能・趣味・雑談どんどん書きまっせ!

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード