情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

女声の出し方入門編!これで君も声だけ女性になれる!

男性なのに女性のような声が出したい!そんな時ありませんよね? はい。なくてもOKです。 今回は知っていても全く為にならない、男でも女の人の声を出せるようになるテクニックをご紹介します!
2017/12/11 UPDATE
 
2,560 views

女の人のような声が出したい!

みなさんはこのように思ったことありませんか?

そうですね。ありませんよね。

なくても大丈夫!

今回は知っていても全く為にならない「女声の出し方」をご紹介します!

女声が出せるとこんな時に使える!

・友達に電話するとき驚かれる

・カラオケでちょっとヒーローになれる

・自分の声に酔いしれる

ぐらいですっ!!

ぶっちゃけ活かせる場面はほとんどありませんが、そんな無駄なスキルって憧れますよね?

今回はそんな無駄なスキルを磨くべく、ご紹介していきたいと思います!

女声に必要な物

女声をマスターするにあたって、基本は裏声になります。

それだけでは女声にならないので、喉ぼとけを上に押し上げます。
唾をのんだ時に喉ぼとけが上がるので、それを意識してみましょう!

裏声+のどぼとけを上げるだけで、クロちゃんのような声になると思います!

喉ぼとけの位置については、こんな感じになります。

初歩的な練習から始める

喉を高くした状態+裏声をつかって、耳元でささやくような話からからスタートしましょう。

始めはかすれ声でも構いません。

普通の声のトーンになるまでは、ゆっくりで構いません。

早い人なら数日で出来るようになるでしょう。

これだけでも、かなり女性らしい声が出せるようになります!

継続的な練習方法

喉の上下を繰り返す事によって、女声を出しやすくできます。
反復練習を行う事で、自分の意思で簡単に上下が可能になります。

タングトリル・リップロールを繰り返す事で、女性らしい息使いの練習になります。

タングトリル→巻き舌
リップロール→唇をブルブルブルとする

発声練習としては、声を低く出し、そこから裏声まで徐々にキーを上げ、またキーを下げていくという練習を繰り返しましょう。
そうすることで様々な声が出しやすくなります!

あとは毎日反復練習するだけです!!

※注意事項

初めてやってみる人にとっては、喉に負担がかかってしまいます。

喉をつぶしてしまうと非常に困ります。

裏声が出にくくなったりします。

くれぐれも無茶なトレーニングは避けましょう!

分かりやすい動画編

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード