情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

人類が今以上に進化したらどうなるのか?予想される人間の未来像がこちら・・・

昔と比べると様々な進化をとげてきた人間ですが、将来さらに進化をするとしたらどうなるのか? 今回はそんな人間の起こるであろう進化について徹底的に調べてきたいと思います!
2017/12/16 UPDATE
 
5,604 views

人類が誕生してから、

今まで進化して

今の人間のカタチになったのは

皆さんもご存知かと思います。

人類は他の生物に比べて

非常に急速に進化しており、

それは現在でも続いています。

さて今回は、

今より先の未来では

一体どのように進化を遂げて行くのか?

そんな好奇心をくすぐる話を紹介します。

考えた事がある方は、

もしかしたら同じ者があるかもしれませんね!

気になる未来人の進化した姿とは?

未来の人類はどう進化するのか

人類はこれから一体どのような姿に

進化していくのでしょうか?

ベルギーのブリュッセル自由大学の研究によれば、

人類は現在も急激な進化の真っ最中だといいます。

人類は過去数十年という短い時間で

寿命を急激に延ばし、

安全に出産可能な年齢も上がってきています。

こういった生物的進化の背景には人間が創りだした

科学技術やコンピューター技術などが

大きく関わっていますが、

人類の進化を語る上で

それらを除いて考える方が

不自然なのだといいます。

ここでは数百年以内に、

人類の身体に起こるといわれている変化についてご紹介します。

1.身長が高くなる

技術の進歩により,

栄養が豊富で人体に害の少ない食料が

造られるようになります。

そのため人類の平均身長は

伸びていくと考えられています。

また、肥満解消の技術や食品が開発されることにより、

非常にスリムな身体付きになるといわれています。

2.知能が高くなる

肉体労働が減る代わりに

高度なAIや情報を同時に操作する機会が増え、

平均知能指数も上昇していきます。

逆に人類の知能が発達しなければ、

いずれはAIに支配されるようになるといわれています。

3.容姿端麗

未来では医療技術の発達により

遺伝子レベルでの整形が可能になり、

それが当たり前になるといわれています。

そのため、ほとんどの人間が

容姿端麗になるといわれています。

美男美女のみの世界を想像しますが、

未来の彼らのセンスが現在と同じとは限りません。

そのため現在美しいとされている容姿とは

異なっている可能性が大いにあるでしょう。

4.有色人種が増加

未来では現在よりもさらに

国や人種に縛られず、

恋愛をするようになるといわれています。

そのため有色人種が増え、

逆に白色人種はいなくなるといわれています。

差別がなくなるのはいいことですよね。

争いごとも少なくなっていると良いですね。

5.赤い眼

未来の人間は複数のデバイスを

同時に操作するようになるため、

眼が巨大化するといわれています。

また、眼の発達により血管も太くなり

赤い色をした眼になるそうです。

大きくて赤い眼とは少し怖いですね。

容姿端麗・・・想像ができません。

6.高い自己治癒力

超小型医療ロボの開発により、

全ての人間が身体の中に

ナノボットを持つようになります。

このナノサイズのロボットは

怪我の回復はもちろん、

老化や病気を未然に防ぐことができ

人類の平均寿命は飛躍的に向上します。

そうなれば定年退職は何歳になるんでしょうか・・・

7.第六感の発現

今後、脳が進化していくことにより、

テレパシーやサイコキネシスなどの

第六感が発現する可能性があるといわれています。

これらの能力はこれまで一部の人間が

偶発的に発生させていたものでしたが、

人体から発生する電気信号などで説明することができ、

将来は誰でも扱うことができるようになるといいます。

紹介したように、

未来の人類はものすごい進化を遂げるようですね。

人間が考える事はほとんどが実現可能

そのように言われている様に

現実になり得るでしょう。

さて、次はさらにその先の未来では

どのように進化するのかを紹介します。

さらに時間が経過した人類の進化

上で挙げた進化は、

比較的近い将来の可能性についてでした。

さらに時間が経過し

数千年以上経過すると

人間はどのように進化するのでしょうか?

ここでは現在考えられる

数千年後の人間についてご紹介します。

1.性別がなくなる

人類は進化するにつれて

生殖能力が低下していることがわかっています。

また、遺伝子工学や体外出産技術の発達により

性別は必要なくなります。

性別に縛られることなく

自由に恋愛した相手との子どもを持つことが可能になるのです。

男女の性別が無い恋愛・・・

今では到底想像もできない世界になっているでしょう。

2.動物とのハイブリッド

遺伝子操作技術の発達により、

他の動物の能力を人間に組み込むことが

可能になるといわれています。

イヌ科の動物の遺伝子で嗅覚を高めたり、

夜行性の動物からは

夜でも衰えない視力を得ることができます。

身体能力を向上させることもできますし、

再生能力を持った人間にもなれるかも知れません。

3.環境適応型人類

数千年後の地球は、

現代とは全く違う環境になっている可能性が高いです。

有害な廃棄物による環境汚染も心配されています。

しかし、これらの問題も

人体改造により適応できるようになっている可能性が高いです。

また、食料問題解決のために

食べなくてもいい身体に改造されているかも知れません。

4.脳のコンピューター化

現在でも脳にチップを移植することで

失われた脳機能を取り戻す研究が行われています。

実際に2016年には事故によって

手足にダメージをおった被験者が、

脳内チップにより手を動かすことができるようになった

という研究成果がありました。

未来ではこの技術がさらに進化し、

脳機能の上昇や記憶のアップロード、

ダウンロードが可能になるといわれています。

このシステムを使えば

映画「アバター」のように

別の身体に意識を送り込むことさえできるようになります。

SFの世界が現実に起こることになります。

まとめ

いかがでしょうか。

今の人類とは全く違う、進化した人類。

ちょっと想像はつきませんが、

進化できなかった人類はその時どうなるのでしょうか。

進化した人類に支配されるのでしょうか。

そう思うとちょっと怖い気もしますが、

その時まで生きている人はいないでしょう。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード