情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

人類は何故、人類になったのか~ペットがもたらす、その驚愕の事実とは?

犬や猫って、今ペットとして、凄くブームですよね。 でも、こういったペット、特に犬って、本当は人間にとって 無くてはならない存在だったのです!
2017/12/26 UPDATE
 
84 views

人類は、文化や文明を大きく発展させていますが、
実は犬の祖先である狼と人が一緒に暮らし始め、
コラボしたことで、人類の今がります。


約2万年前、ネアンデルタール人は滅びました。
しかし一方で、私たちホモサピエンスは生き延び繁栄しました。

両者の命運を分けたものはなんだったのでしょうか?
それは、犬と暮らしたかどうかだと言われています。

私たちの祖先は犬と暮らし、 ネアンデルタール人は犬と暮らさなかった!

当時は定住生活もしていなかったので、
食べ物を求めて流浪の旅をしていました。

決して安全ではなく、命の危険に満ちていました。
大型哺乳類がいて、人は襲われる側だったのです。
食料確保も難しく、餓死も普通でした。

こうした中で、犬の祖先である狼と
ホモサピエンスの祖先たちは、
ある時期から一緒に暮らし始めたのです。

続きを見るには次のページへ
(ここで改ページします)

犬は吠える、そして、狩のプロである

狼は、敵が来たら吠えて知らせてくれました。
自然のガードマンを入れたようなものです。

さらに、狩猟のプロである狼と組んで
狩りをすることで、
安全と食料の両方が確保できた結果、
大きく繁栄したというわけです。

オーストラリア原住民、アボリジニのことわざ

アボリジニのことわざがあります。
「犬のおかげでヒトは人間になれた」
というものがあります。

他の生物たちに助けられたおかげがあって、
今の人類の繁栄があるのです。

そうです、「動物は意識進化のパートナーである」のです。

続きを見るには次のページへ

犬が吠えると言って、困っているオーナーさんへ

(ここで改ページします)

現代では、犬や猫をペットとしてかわいがっている反面、

「この犬は良く吠える、どうしたら吠えなくなるのだろう」

なんて、悩んでいる飼い主さんも多くいると聞いています。

でも、思いを馳せてください。

遠い昔、命の危険に満ちた、古代の地球で、
人間を守ってくれたのは、ほかならぬ、
あなたの隣にいる、ワンちゃんなのです!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード