情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

武田久美子のセレブ生活の裏に隠された苦悩とは?

2018/11/24 UPDATE
 
1,248 views

正統派美人の武田久美子

若い頃は過激な写真集を何冊も出し、セクシーシンボルとして多くの男性を魅了してきた武田久美子さん。
21歳のときに大胆な“貝殻ビキニ”でデビューし、日本のみならず世界中に大きなインパクトを与えました。

そんな武田さんが、19日に放送された『人生が変わる1分間の深イイ話』(日本テレビ系)に出演。
セレブで優雅なイメージとは程遠い、壮絶な過去が明らかになり多くの反響が寄せられています。

実は苦労した過去が

1990年にアメリカ人の男性と結婚し、2002年には米国で長女・ソフィアさんを出産するも15年に離婚している武田さん。

元夫は、ソフィアさんの誕生直後から出張でほとんど家におらず、頼りだった元夫の家族も全く育児に協力してくれなかったのだとか。
しかし、「この子を殺してはいけない」という一心で、仕事と家事の両立を図りながら孤独な育児に耐えてきたと告白しました。

また、そんな一人娘・ソフィアさんがモデルになりたいと言った時には「あなたが可愛かったら、とっくに空港とかでスカウトされてるわよ。スーパーモデルもみんなそう。マミーもね」と強烈な一言をお見舞いしたといいます。

(ここで改ページします)

ネット上の反応

決して甘やかすことなく、強く逞しく子育てする姿に
・「そんな環境の中でも美貌とスタイルをキープしてたのがすごい」
・「思春期の娘さんと昭和堅気のお母さんで好感が持てました。 」
・「キレイでスタイルも良くて、でも庶民的な所もあって好きだな!」
など“好感を持った”と言う声が多く寄せられました。

母のように強く逞しく生きたい

ブログでは、常にセレブな生活を送っているイメージもありますが、異国での出産・結婚生活には相当な苦労があったようですね...。
現在でも50歳という年齢を感じさせない美しさをキープされている武田さん。
母譲りの美しい顔立ちとスタイルのソフィアさんは、異国の地で強く生きる母の姿を見て「男に頼らず自分の力で生きていく、母のような自立した女性になりたい」と信念が芽生えたことを明かしていました。今後は娘さんも注目されそうですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード