情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

物忘れが多い人必見!この違いが分からなければもしかしてアルツハイマー予備軍かも⁈

2018/10/31 UPDATE
 
2,936 views

認知症患者は今後増える一方

超高齢社会の今、社会全体の課題となっている認知症。
現在日本では、認知症を引き起こす原因のうちもっとも割合の多い疾患で、6割以上がアルツハイマー病だと言われています。
そんなアルツハイマー病を発症すると、記憶障害の症状が見られ、進行にともなって場所や時間・人物などの認識ができなくなる症状が現れます。
そこで今回は、自分がアルツハイマーなのか簡単に検査できるテストをご紹介したいと思います。

まずはこちらの画像をご覧ください。

1~4のなかで形が違うものを選んでください。どれが違うのかあなたはわかりますか?

アルツハイマーの簡単診断

一見すると全て同じ形に見える4つの物体。
しかし、もしこの違いがわからなければアルツハイマー予備軍かもしれないというのです。
では、違いがわからなかったと言う方のために、答えをわかりやすくし全て同じ向きにしてみました。

ご覧の通り、答えは4番です。こうやって並べて見比べると、角の形や手の形状が明らかに他と異なるということが分かりますね。
視力的問題は、アルツハイマー病のサインのひとつで、読んだり距離を判断したり、色やコントラストを見極めるのが難しくなることがあります。

また、アルツハイマー型認知症の特徴としては、大脳の後半部(側頭葉・頭頂葉・後頭葉)の萎縮が次第に進むことです。まず、脳の側頭葉と呼ばれる部分の海馬の脳神経細胞が減るところからはじまり、病気の初期段階として“今さっきの記憶”が思い出せなくなります。
よく、認知症の患者さんに何十年も前の子供の頃の記憶は忘れずに鮮明に覚えているのに、昨日のことや1時間前のことを忘れてしまう人が多くいます。
しかしこれは、“忘れるのではなく覚えられない”からなのです。

(ここで改ページします)

早期発見が重要なポイント

まだ兆候はなくともこれから先、あなたの家族やあなた自身が発症する危険は十分にあります。
近年、認知症に関する研究も進み、アルツハイマー病を原因とするアルツハイマー型認知症も初期であれば改善できることがわかってきました。早く気づいて対処することで、進行を遅らせたり症状を緩和することもできるので早期発見は重要なポイントです。
最近ちょっと物忘れが多いかな?と思う方は、自宅で気軽にできるこのようなテストから始めてみるのもいいかもしれませんね。

他のチェックポイントについては、下記リンクをご参照ください!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード