情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

関東連合 谷山秀行は伝説の喧嘩師といわれた男で湘南乃風若旦那が絶対に勝てないと思った男

谷山秀行…関東連合伝説の喧嘩師といわれた男湘南乃風若旦那が絶対に勝てないと思った男
2018/09/02 UPDATE
 
7,385 views

谷山秀行のプロフィール

左の人物が東京喧嘩最強と言われていたころの谷山秀行氏である。


作家
幸福の科学の職員
生年月日1976年6月6日 (年齢 42歳)
東京都杉並区出身

与国 秀行(旧姓 谷山 秀行 よくに ひでゆき- )
作家、幸福の科学職員
東京都杉並区出身

1990年代、「東京最強の不良」と言われた
レゲエグループ湘南乃風の若旦那の自伝的マンガ『センター』に登場する喧嘩最強の大山は谷山(与国)がモデル
また関東連合元幹部の柴田大輔が執筆した『聖域』に登場する「都内喧嘩最強の杉並の先輩・谷川」なる人物は、「谷山・与国」のことであると自身のブログに発言

書籍『「幸福の科学」はどこまでやるのか』によれば、1997年頃 与国の実家の会社が倒産・破産後に、ケンカ・暴力の世界から抜けるため放浪の旅をしている時に、2000年頃沖縄宮古島の図書館で大川隆法著『太陽の法』に出会った。これをキッカケに啓蒙活動を開始した。この大川の思想こそが世界を救うと信じ、2011年に幸福の科学の職員となった

格闘家で友人の、山本"KID"徳郁の結婚式に参列した際、元プロレスラーの前田日明と知り合う
その縁で総合格闘技大会THE OUTSIDERに「生きる都市伝説」という異名で出場、加藤友弥と対戦、敗北
後に前田日明と対談
その後もシュートボクシングs-cup2008へ出場し菱田剛気と対戦敗北

2009年衆議院議員総選挙に東京都第12区から立候補するも落選
選挙直後、妻と共に暴漢に襲われて左目を半失明

2016年に『武士道を行く』を執筆、作家活動開始
YouTuberでもある
渋谷のクラブや新宿のクラブで、ジャーナリストのフルフォード・ベンジャミンや朝堂院大覚とトークライブを行ったりしている

なお、2017年には、神輿団体『隆和会』を結成している。

2018年10月に行われた衆議院解散総選挙において、南関東ブロックより幸福実現党から、比例第5位にて2度目の国政選挙に出馬して落選

谷山秀行氏の格闘技試合映像

関東連合 谷山秀行は伝説の喧嘩師といわれた男で湘南乃風若旦那が絶対に勝てないと思った男

90年代東京最強の不良は間違いなくこの男だったという人は多い。

湘南乃風の若旦那が
地元では喧嘩で鳴らし
谷山氏といつか拳を交えると覚悟を決めていたとき
たまたま谷山氏のストリートファイトを目撃し
レベルが違う…。
オレは1番じゃなくていいや…。

と、他人の喧嘩を見て
牙を抜かれたチワワとなったことで有名に。。

話してみると人間としても
いい奴だったと。。

まさに一発で相手の顎が割れたという。

今では、幸福の科学にどっぷりな宗教家となってしまったが
最強であったが為に
色々と思想的に思うところがあったのかもしれない。

関東連合 谷山秀行は伝説の喧嘩師といわれた男で湘南乃風若旦那が絶対に勝てないと思った男についてのつぶやき

まとめ

湘南乃風メンバーの若旦那を
オレは1番じゃなくていいや…と
思わせるほどの圧倒的喧嘩の強さを誇った谷山秀行氏。

今は、宗教家。

このことにショックを受けている元不良は多いことだろう。

この先、谷山氏はどこへいくのだろうか?


東京最強といわれた伝説の喧嘩師。。


今では見る影もない。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

冬は寒い。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード