情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

生涯結婚しない人爆増中!!結婚しない。できない人はどうするべき??

50歳までに一回も結婚しない人の数を統計したものが「生涯未婚率」です。国の重要課題である少子化問題を語る際に挙げられることが多いこの話だが、この20年ほどの間に爆発的に増え深刻化している。この問題にどう対策していけばいいのか考えていこ...
2018/08/13 UPDATE
 
24 views

生涯結婚しない人が増え続けている

今、50歳までに結婚したことがない人が激増している。
 統計上の「生涯未婚率」とは、「調査年に50歳の男女のうち結婚歴がない人の割合」を指す。1990年の調査以降、急増傾向にある。90年の調査では、男性5.6%、女性4.3%と、差はほとんどなかったのだが、2015年の国勢調査では一度も結婚歴がなかったのが、50歳男性の23.4%、50歳女性の14.1%になってしまった。

結婚歴がない人の増加に伴い、少子化が深刻化してきている。結婚できない人が増えれば、生まれてくる子供の数が少ないのは当然の現象だ。これからの日本のことを考えると早急にこの問題の対策に国が真剣に取り組んでほしいものだ。

 ところで、生涯未婚率の算定年齢を「50歳」としているのは、50歳を過ぎてから初めて結婚する人の割合、実数がともに統計的に小さいからだ。

 「いや、自分の周りには50歳を過ぎて結婚した人が結構いる」と感じる人もいるかもしれない。それは、再婚者を含む結婚ということではないだろうか。離婚や死別を経験した人が50歳を過ぎて結婚した場合は、生涯未婚率には全く影響しないので、実感との「ズレ」が生じるのかもしれない。

生涯未婚率の「男女差」

 2015年の生涯未婚率は、上に書いた通り男性が23.4%、女性が14.1%。半世紀ほど前の1970年の調査では、生涯未婚率は男性1.7%、女性3.3%だった。ほとんどの人が結婚していた時代だが、結婚歴のない人が若干だが男性の方が少なかったのだ。

 しかし、その後の45年間で、結婚歴のない男性の割合は実に14倍(女性は4倍)に増えた。結婚歴のない男性の割合が「50人に1人」から「4人に1人」へと爆発的に増加したのだ。

 男女差が生まれるのは、もともとの男性が多すぎてそうなっているのかといえばそうではない。16年6月1日現在、49歳までの人口は約6881万人で、そのうち、男性が約3505万人、女性が約3376万人。差は120万人余りしか差がないのに、未婚率は年齢が上がれば上がるほど不思議なことに差が開く。20代前半の時点では、男性と女性の未婚率はほぼ同じだ。しかし、30代前半になると男性の未婚率が女性の1.4倍になる。さらに40代前半では1.5倍、40代後半では1.6倍、そして50代前半では1.8倍となる。

男女差はなくなるのか?

統計上は「再婚女性と初婚男性」の結婚が増えるか、あるいは「再婚男性と初婚女性」の結婚が減れば、差は縮まる可能性はある。そこまでいかなくても、「再婚男性と初婚女性」と「再婚女性と初婚男性」が毎年同数になれば、生涯未婚率の差は今まで以上に広がることはないと考えられる。

初婚同士がもちろんスタンダードだが、どちらかが再婚のパターンの結婚も増やしていかないと生涯未婚の人の数が減ることはないと思われる。

そのために
初婚男性と再婚女性の結婚を促すことだ。再婚女性が初婚男性との結婚を、そして、初婚男性が再婚女性との結婚を考えられるように偏見や先入観を打ち消すことが大切だ。初婚女性と結婚したい気持ちもわかるが、再婚女性との結婚の可能性も常に考えていてほしい。

「再婚女性と初婚男性」の場合、初婚同士のカップルに比べて「年上女性と年下男性」のカップルが多かった。

初婚同士のカップルのうち、女性の方が年上というケースはほぼ4組に1組(24%)だが、「再婚女性と初婚男性」では、女性の方が年上である割合が、全体の半数近い44%まで上昇する。

つまり、初婚男性が年上の再婚女性と結ばれる可能性は比較的高い、といえる。「結婚するなら年下の女性」という先入観は、捨てたほうがよいと思う。

初婚男性が再婚女性と結婚できない理由
初婚男性にとって、再婚女性に子どもがいる場合、それが結婚に踏み切れない「壁」となる場合もある。これを乗り切るのはなかなか大変だが、これをうまく乗り切りせな家庭を作る努力が必要だと思う。

こういう考えが当たり前の時代になれば、生涯未婚率も下がり、少子化にも歯止めがかかると思います。

 

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード