情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

B型肝炎になった石川ひとみ…偏見色々

B型肝炎になった石川ひとみ…偏見色々
2018/08/02 UPDATE
 
67 views

石川ひとみのプロフィール

石川ひとみ
歌手、女優
70年代アイドル
本名 山田ひとみ
血液型B型
生年月日1959年9月20日 (年齢 58歳)
愛知県海部郡美和町出身
夫 山田直毅

石川ひとみの「まちぶせ」映像

B型肝炎とは?

B型肝炎の原因ウイルスであるB型肝炎ウイルス(HBV)は、1964年Blumbergらによるオーストラリア抗原として発見された。発見当初は免疫血清学的手法を用いて研究されてきたが、1970年にHBVの本態であるDane粒子が同定され、さらに1979年ウイルス粒子から、そこに含まれるウイルスゲノムがクローニングされ、HBVおよびB型肝炎に関する知見は飛躍的に進展した。B型肝炎に対しては1985年に母子感染予防対策が確立し、2000年には核酸アナログ製剤が治療法として導入され、現在ではインターフェロン(IFN)製剤と核酸アナログ製剤を用いることで、B型肝炎はウイルス増殖を抑え、肝疾患の進展を防ぐことが可能になってきている。しかし、我が国でも欧米に多い遺伝子型Ae株の症例が増加しており、免疫・化学療法によってB型肝炎が再活性化する問題も明らかになっている。

B型肝炎になった石川ひとみ…偏見色々

B型肝炎の偏見に悩まされたことを告白した。
握手しようとしたところ、どこかから(肝炎)うつるよって言われて…。

当時は、「まちぶせ」が大ヒットしたが仕事で忙殺されている中で
めまいがして病院にいってみるとB型肝炎、すぐに1ヶ月の入院と1年の自宅療養となった。

復帰するも、事務所が契約を停止し芸能界から一時期姿を消した。

石川ひとみが1日の番組で、B型肝炎を発症した当時の出来事を明かした

体調が回復して街に出たら、5、6人の女性から握手を求められたという

「この人、B型肝炎だよ、うつるよって声が聞こえた」と振り返った
「すごくダルいんです。寝ても起きても何してても体が鉛のような重たさでしんどい。ダルさが取れないということと食欲がなくなる」と振り返り、病院でB型肝炎と診断された。
女性の方たち5、6人の方が握手してくださいって来て」と明かし、握手をしていると往来のどこからか「誰かは分からないところから、この人、B型肝炎だよ、うつるよって声が聞こえたんですよ。次に握手しようと思った人は手が出ているんです、その時までは。でも、ハッて隠されてしまって、
出典: www.msn.com

B型肝炎になった石川ひとみ…偏見色々についてのつぶやき

まとめ

歌手の石川ひとみが苦悩したB型肝炎での差別。

B型肝炎で入院した。
握手してくださいといわれて握手していたら
「うつるよ」の声に
握手した人は、アッという表情で
握手しようとした人は手をひっこめたという。

そして、プールでは自分が入ると親子が一斉にプールから
あがる何てこともあったとか…。


知識がないということは罪なことであるというのが
とても分かる内容ですね。

子供を作らなかった理由などはB型肝炎を
考えてのことかなと推測する。

知識のない馬鹿は罪な存在だなというつぶやきもあり
なるほどって思いますね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

冬は寒い。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード