情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

日本ーポーランド戦 後半のボール運びについて各選手がコメント

日本ーポーランド戦 後半のボール運びについて各選手がコメント
2018/06/30 UPDATE
 
27 views

日本ーポーランド戦イエローカードの差でベスト16進出へ

6月28日

サッカーワールドカップ(W杯)

ロシア大会グループH組

日本ーポーランドの試合が行われ、

決勝トーナメント進出できましたが、

ポーランドが59分に先制点を獲得。




その後、日本は苦しむ展開となりましたが

同時刻に行われていた

セネガルーコロンビア戦にて74分

コロンビアが先制点を獲得したことで、

そのままセネガルが負けた場合

日本と得失点差・勝ち点ともに並んでいた

フェアプレーポイント差で

決勝トーナメント進出明暗が

わかれるという異例の展開へ...

ここで日本は武藤嘉紀に代えて

キャプテンの長谷部誠を投入。




セネガルが追い付けば日本が

敗退となるリスクはあるものの、

コロンビアの勝利を信じて

試合の残り時間を自陣で

ボール回しで時間を稼ぐ作戦に出る。




ポーランドもボールを取りに来る事もなく、

そのまま試合終了。

日本は0-1で敗戦。

その1分後、コロンビアーセネガルの試合も

1-0で試合終了。




日本は2大会ぶりに

ベスト16進出を果たしました。

後半のパス回しでの時間稼ぎに選手がコメント

本田圭佑選手のコメント
出ている選手はたぶんストレスもあったと思う

僕らにとっては予選通過が目的だったので、僕は非常にポジティブな結果だと思っています

出典: gunosy.com

本田選手は

ファンの気持ちを察し

「サッカーってエンターテインメントでしょ。そういう意味では結果主義ではダメなんですよ。って僕はずっと思っているんです。本当は良いサッカーしてなんぼなんですよ」
出典: gunosy.com

とコメントしつつも

「結果を出さないと誰も僕の発言を聞いてくれないから、僕は結果だけを追い求めているんです。面白いサッカーを見たくてブーイングを送っていたファンには申し訳ないと思う。でも勝たないと、次に進まないと、次に良いサッカーをしてファンを喜ばせることもできない。そういう意味では理解してほしいなと思います」
出典: gunosy.com

とファンへ向けての

心境を語っていました。

乾貴士選手のコメント

乾貴士選手が試合後

インスタグラムを更新し、

ファンとサポーターに

メッセージを送りました。

ポーランド戦も応援ありがとうございました!!
色々言われてますが、俺はまずは決勝トーナメントに進出することができた事にホッとしてます!
でも、これは全員で成し遂げた事です!
それが、ホントに嬉しいし、誇りに思います!!
試合の最後は自分達が決勝トーナメントにいける可能性があのままでもあったので、他力本願のサッカーになりましたが、それでは皆んなが悔しさもあった中での決断でした。
まずは、予選を突破するためにやってきました!
日本のファンの皆さんもそれを期待していたはずです。
だから、とにかくこのグループを突破できたのを喜んでもらえたら嬉しいです。
そして、次の相手のベルギーに勝って、また皆んなで喜びたいです!
そのために全力で頑張ります!!
また応援よろしくお願いします!!
(ここで改ページします)
大迫勇也選手のコメント

大迫勇也選手は試合後

試合後半のパス回しについて

「今日は状況も状況で、『勝ち上がるために』と思っていました。ただ、負けたので残念でした」

「まずはグループステージを突破するために試合しているので、普通のことじゃないですか」

長谷部誠選手が投入され

フェアプレーを意識して、

警告を出さないようにとの

指示が出された際は

「『イエローカードだけもらわないように』ということは言われてて。でも、逆に難しかったですね。イエローカードをもらわないようにプレーするって。相手も引いてくれたので助かりましたけど」

と、あの試合運びで

難しい部分があったともコメント。

宇佐美貴史選手のコメント

宇佐美選手は

後半のパス回しについて、

すでにベンチへ下がっていましたが

「前に行かなきゃって話はもちろん出た」と前置きしつつ、ベスト16進出のために打った一手だと理解を示している。

「セネガルの試合は気にしていましたし、無理をするかしないかって難しさはありましたけど、長谷部(誠)さんが入ったからみんな意思疎通ができたんだと思います」

と、コメントしました。

まとめ

各選手のコメントを振り返ると

〇ポーランドに負けているという悔しさ

〇予選通過の為の決断

〇警告をもらわない為の難しさ

などなど、様々なコメントが




賛否両論受けていましたが、

選手たちもあの時間の

パス回しは複雑な心境だったんだな

と思いました。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

雑学・芸能・趣味・雑談どんどん書きまっせ!

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード