情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

松井珠理奈スピーチ全文!上から目線がヤバすぎる!

松井珠理奈第10回 AKB48世界選抜総選挙で見事1位になった! その際のスピーチ全文があまりにも醜い。 上から目線と炎上。
2018/07/13 UPDATE
 
110,779 views
  • 松井珠理奈AKB48総選挙1位

  • 「第10回AKB48世界選抜総選挙」の開票イベントが6月16日、愛知県名古屋市東区のナゴヤドームで行われました。


    地元・SKE48の松井珠理奈が約2万票差の速報2位から逆転で悲願の初の女王に!

    速報順位:2位(38,943票)

    前回順位:3位(113,615票)

    前々回順位:3位(112,341票)



    最終結果は194,453票だったようだ!



  • 松井珠理奈スピーチ全文

  • きょうは泣きません。
    だって感謝しかないもん。


    いつも応援してくださって私をここまで連れてきてくださった皆さんまずは本当にありがとうございます。
    時間がないみたいだけど、伝えたい感謝の気持ちがいっぱいあります。


    2分前? わかった、2分で全部伝える。


    だから泣かない。


    まず名古屋で総選挙ができたのはAKBのおかげです。


    AKBがなければSKEはありません。


    そして後から追いかけてくれる後輩がいるからSKEがいられます。
    日本だけじゃない、世界にも48グループがいる。それが強みです。



    関わってくれるすべての皆さん、ファンの皆さんが一番です。
    本当にありがとうございます。だから大切なファンの方をがっかりさせることは言いたくないけど、


    (卒業を匂わせる沈黙)


    私は総選挙1位がゴールだと思ってやってきました。今、1位になりました。


    だから卒業しません。やっと気づきました。


    48グループにまだ必要だと思われてるって。泣かない!


    チャンピオンが泣いてちゃいけない。


    きょう、いろんなメンバーの涙を見ました。もどかしい思い、全部わかります。だって全部やってきたんだもん。もちろん48グループの全ては知りません。



    私はSKEがスタートだから。偉大な先輩でも今の48グループが一番最高です。


    それはどんなときでも皆さんがそばにいるから、何があっても私達のそばにいてくれるから。


    メンバーが寂しい姿を見たくない。それを助けられるのはファンの皆様しかいないでし。だからこれからどんなことがあっても、ずっとずっとそばにいてください。約束です。


     これで一旦、総選挙の戦いは終わります。でも、まだ私たちが戦わないといけないところはあります。私は本気でAKB48グループを一位にしないと気がすまないです。こんなに頼もしい後輩がいてくれる、こんなにあったかいファンがいてくれる。だからみんなが信じ合えば、また48グループは、アイドル界のトップになれます。
  • 上から目線がヤバすぎると話題

  • スピーチの最後では宮脇さんに



    ライバルになってくれてありがとう


    と言っていましたが、



    モデルプレスのインタビューの中では

    SKEの中にしかライバルはいません



    と話していたりして話もちぐはぐ・・



    48グループを盛り上げたいと言いながら、SKEにしかライバルがいないって言うコメントは傲慢って取られても仕方がないですかなと思います。



    司会進行をしていた徳光さんも段取りを無視され呆れ顔だった。


    1位をとった席になかなか座らないアクシデントもあり、ネットではかなり炎上したようだ。
  • さらに宮脇さんが3位になった瞬間に見せたガッツポーズも炎上。

    松井珠理奈の性格が出てしまってますね。


    典型的な自己中人間だと感じられます。


    アイドルの世界で勝ち残るにはこれくらいの根性が必要なのでしょうか?
  • ネットの声

コメント

1
  • 1. まとめいく訪問者
    2018-06-20 01:57:40 [通報]
    これスピーチ全文じゃねーだろ
    みんな悲しそうだったとかもっとわけわかんないこと言ってたぞ
    11
    1
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード