情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

NEWS解散か!!実質テゴマスで活動か!?

NEWSの小山の事件で活動休止を発表!! 残るはテゴマスだけで活動か!?
2018/06/07 UPDATE
 
161 views

NEWS解散か!?

6月7日、NEWSの小山慶一郎(34)と加藤シゲアキ(30)が未成年女性と飲酒していたとの報道を受けて、ジャニーズ事務所がFAXを通して2人の処分について発表した。



《タレント及び一部の出席者は、当該女性から会話や携帯電話のメッセージ等において年齢を「20歳」であると告げられており、当日も、参加者の中に未成年者が含まれているとは認識しておりませんでした》としながら、《結果として、タレントを含む複数の参加者が飲酒している席に未成年者である当該女性が同席していたことや、タレントの小山が複数の参加者に対して掛け声に合わせて飲み物を飲むように促すような行為を行っていたことは否定できません》と、報道されている大方の事実を認めている。



主体的に飲み会を催したとされている小山には「一定期間の活動自粛」、同席していた加藤には「厳重注意の上で書面による反省を促す」という処分を下した。



現在、NEWSは4人で活動。加藤は厳重注意ではあるものの、処分が下っていないのは手越祐也(30)と増田貴久(31)だけ。そのためグループとしての活動に心配の声が上がっているようだ!

NEWSではなくテゴマスで活動か?

NEWSのメンバーでもある、手越祐也と増田貴久によるヴォーカルユニット。ユニット名はデビューを機に、2人の名字「手越(テゴシ)」「増田(マスダ)」から2文字ずつ取り、「テゴマス (Tegomass)」と名付けられた。


ジャニーズJr.時代から2人で歌う機会を得るようになる[2]。NEWSが結成されてからは、アルバム『touch』に収録されている「ずっと」、DVD『NEWSニッポン0304』に収録されている「ありがとう・今」などのオリジナル曲を発表しており、歌を重視したコンビとして活動する。



2006年11月、もともとマステゴと呼ばれていたが「Tegomass」としてシングル『Miso Soup』をスウェーデンで発売。ジャニーズ事務所としては初の試みである欧州先行デビューとなる。



これは、NEWSがスウェーデンの作曲家チームから『紅く燃ゆる太陽』『サヤエンドウ』『夢の数だけ愛が生まれる』などの楽曲の提供を受けていたことと、同じくスウェーデンの作曲家チームによる作品である修二と彰『青春アミーゴ』がスウェーデン国内でも好反応を得たことがきっかけとなって、現地のレコード会社「スカンジナビアソングス」(レーベル「HAWK RECORDS」)がジャニーズ事務所側にスウェーデン進出を打診したためである。歌唱力も考慮された。

今回の事件に関係がなかったのはNEWSの中でテゴマスのメンバーだけだ!

今後はこの2人で活躍する可能性が高いようだ!

ネットの声

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード