情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

【衝撃】ノストラダムスのまだ有効な5つの予言が怖い! 人類滅亡…2018年に現実化?

【衝撃】ノストラダムスのまだ有効な5つの予言が怖い! 人類滅亡…2018年に現実化?
2018/05/25 UPDATE
 
1,591 views

ノストラダムス

ミシェル・ノストラダムスは、ルネサンス期フランスの医師、占星術師、詩人。
また料理研究の著作も著している。
日本では「ノストラダムスの大予言」の名で知られる詩集を著した。
彼の予言は、現在に至るまで多くの信奉者を生み出し、様々な論争を引き起こしてきた。
生年月日: 1503年12月14日
生まれ: フランス サン=レミ=ド=プロヴァンス
死亡: 1566年7月2日, フランス サロン=ド=プロヴァンス
本名: Michel de Nostredame
子供: セザール・ド・ノートルダム、 マドレーヌ・ド・ノートルダム、

【衝撃】ノストラダムスのまだ有効な5つの予言が怖い! 人類滅亡…2018年に現実化?

ノストラダムスと言えば、

「ノストラダムスの大予言」とし、

1999年の7月に人類の滅亡が

予言されていると話題になりました。

この話題はテレビで取り上げられるほど

これを読んでいる皆さんの記憶にも新しいのでは?

そんなノストラダムスの大予言は

外れましたが、実は

2018年以降に実現する

ノストラダムスの予言をご紹介。

(ここで改ページします)

人間の寿命が200歳になる

「医療の進歩により、寿命は200歳まで延びる。80歳であっても50歳の見た目となるだろう」

現在、世界では、寿命を延ばす研究に

力を入れています。

現時点で、世界最高齢は122歳。

こうした事から寿命を200歳にすることは

可能かもしれません。

言語の差異が消滅

「新しいエンジン(モーター)が開発され、世界はバベルの塔以前のようになるだろう

『旧約聖書』によると、

天にまで届く高さのバベルの塔を建設しようとした

人間の傲慢さに神が怒り、

コミュニケーション不全に陥らせるために、

それまで1つだった言語を複数にしてしまった、

と言われている。

しかし、今後、PCなどの技術の発展により

言語の壁が完全になくなることを予言

しているのかもしれない。

放射線が大地を焼く

「王が森を盗み、空が開け、大地は熱で焼け焦げる」

熱帯雨林破壊に伴いオゾン層が破壊され、

紫外線や他の有害放射線が大地に降り注ぐ

もしくは、地球温暖化を指している

と言われています。

環境破壊や地球温暖化は人類を滅亡に導くと

考える研究者もいることから、

ノストラダムスの人類滅亡予言

と解釈する人も。

(ここで改ページします)

世界経済の崩壊

「金持ちは幾度となく死に絶える」

世界経済が危険な現代ですが、

ノストラダムス意外にも

ブルガリアの盲目の預言者ババ・ヴァンガ

アメリカの預言者エドガー・ケイシー

もしていることを考えると、

今後大きな経済破綻が起こるのかもしれない。

史上最大の地震

ノストラダムスによると、

史上最大の地震が米国西部で発生するという。

震源は米国内だが、米国の外でも

揺れを感じるほど巨大とのことだ。

まとめ

ノストラダムスの大予言...

まだあったとは...

まだまだ、予言が残っていることから

ノストラダムスの予言で

世界経済崩壊は信憑性が高い。

備えておいて損はないかもしれません。

コメント

1
  • 1. まとめいく訪問者
    2018-07-06 22:42:55 [通報]
    地球温暖化、ノストラダムス最大の予言、人類は西暦1999年7月地球に恐怖の大王が舞い降り人類は滅亡すると予言、人類全世界で1999、7月運命の瞬間何が起きるのか恐怖で迎えたその年結局何事も起こらず人類も今現在地球上で生存している、ただ心配なのは、1999、7月は本当に西暦の年号なのか、違う気がする、この先起こる最大規模の大災害が待っている気がする、あれだけ難解な予言詩、いまだに解読不可能な予言詩があるのに、簡単に1999年7月予言を西暦年号と月で解読していいのだろうか、疑問が残る、ノストラダムスが予言した地球温暖化は今確かに現実に起きている、恐ろしい予言だ
    1
    0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード