情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

【遺伝子操作】人類の起源…アヌンナキを知っているか!?人類最古の超古代文明!

【遺伝子操作】人類の起源…アヌンナキを知っているか!?人類最古の超古代文明!
2018/04/28 UPDATE
 
717 views

ダーウィンの進化論を知らない人はいないでしょう。

ですが、ダーウィンの進化論では説明できない進化を人間が遂げているのも事実。
ダーウィン自身も『進化論に一番当てはまらないのが人間』と言っていたようです。

もし、人間がサルから進化したものでないとすれば、人間はどうやって地球の歴史に登場したのでしょうか?

一番有力視されているのが、宇宙人介入説です。
アヌンナキという宇宙人が介入し、人類が誕生したのではないかと言われています。


アヌンナキとは、いったいどういう存在なのでしょうか?

アヌンナキとは

アヌンナキとは、どういった存在なのでしょうか?

アヌンナキは、惑星ニビルに住む宇宙人の名前と言われています。
ただ、シュメール神話においては、神々の集団の総称ということになっています。
アヌンナキは、宇宙人なのでしょうか?それとも、神話にのみ登場する神様の総称なのでしょうか?

宇宙人にしろ、神様にしろ、アヌンナキは、人智を超えた存在として認識されているのは間違いないようです。

宇宙人としてのアヌンナキ

宇宙人アヌンナキは、惑星ニビルに住む宇宙人です。

約45万年前に惑星ニビルは大気が宇宙空間に流出し、絶滅の危機にひんします。

その際に、黄金の粒子で大気が流出しないようにシールドをはり、その危機からは脱しましたが、黄金がまだまだ大量に必要でした。

そこで、アヌンナキは黄金の含有量が多い惑星を探し回り、地球にたどり着き、地球で黄金の採掘を始めたそうです。

シュメール文明のアヌンナキ

アヌンナキは金を採掘する一方で、地球の環境を整えていきます。

それは、私たちがどこかを開拓するときに拠点を作ったり、生活する場を整えるのに似ています。

地球の暦で紀元前3500年頃に、現在のイラク南部あたりで「シュメール文明」という文明が発達しました。

このシュメール文明は、非常に高度に洗練されていたのにもかかわらず、突然現れたのです。

通常、文明が洗練されるためには、洗練されていない文明の期間があるものですが、シュメール文明は違いました。

先行する文明が存在しないにもかかわらず、いきなり文字・文学・高度建築・法律などが整備されていたと言います。

ですが、これを地球人ではなく、宇宙人アヌンナキが黄金を採掘するのに環境を整備したと考えれば、合点がいきます。

アヌンナキが伝えた高度な知識

(ここで改ページします)

アヌンナキは、惑星ニビルから様々な知識を携えて地球に来ました。

それは先にあげた文字・文学・高度建築・法律の他にも、病院・神殿・行政・学校・高度な天文学や数学など現代の科学と同じかそれ以上の知識です。

紀元前3500年前の古代人が、白内障の治療方法や日食・月食を科学的に理解し、惑星の動きを予測する数式を使いこなしていたなんて、信じられるでしょうか!?

ですが、これも知識を教えたアヌンナキが宇宙人であるならば納得できます。

なにしろ宇宙は広いのですから、地球よりも発達した科学・文明をもった惑星があったとしても不思議ではありません。

神としてのアヌンナキ

シュメール人たちは、この高度な知識を神々からの贈り物と言っていたことが、粘土板の記録から分かっています。

ですがこのシュメール人、実はアヌンナキが創った人口生命体ではないかと言われています。

アヌンナキは、もともと地球に黄金を採掘しにきました。
すると、当然人手が足りなくなったり、労働自体を拒否するものが現れたりします。
その足りなくなった労働力を補うために人類を創造した、という説もあります。

ですが、これがあながち夢物語でもないようで、このあと説明するシュメール神話の中にもその様子が描かれているのです。

高度な知識を伝え、人類を創造したアヌンナキは、地球では神様という存在と同列に見られていたのですね。

シュメール神話のアヌンナキ

シュメール神話において、アヌンナキは神々の総称ということになっています。

神話でも、神は人を僕(しもべ)として創造したが、手に余るようになると彼らを解放したとしています。

また、シュメールの古文書には人類創造についても描かれています。

まず、男のアヌンナキからテエマとシルという聖なる物質が取り出されます。
テエマは記憶を保存するものという意味で、今風に言えば「遺伝子」です。
シルは男からしか採取できないとあるので、「精子」ということになります。

このテエマとシルを清められたる器の中で、猿人の卵子と混ぜ合わせ、鋳型に移し、一定期間発育させ、女のアヌンナキの子宮に着床させるという方法で人類を創造しました。

これは、「人工授精」のやり方とほぼ一緒です。

つまり、シュメール人は宇宙人と猿人を人工授精してできたものとなっているのです。

日本神話との共通点

実は、シュメール神話は日本神話と多くの共通点を持っています。

その中の一つに、日本神話での『天孫降臨』があります。

天孫降臨は、天照大御神(あまてらすおおみかみ)の孫にあたる邇邇藝命(ににぎのみこと)が葦原の中つ国を治めるために、高天原から日向国に天下ったことを描いた神話です。

これは、シュメール神話の創世記に描かれていることと酷似しています。

シュメール神話では、ニビルからやってきたアヌンナキが人類を作り、文明を興したとあります。

ニビルを高天原、アヌンナキを邇邇藝命(ににぎのみこと)と置き換えると、天孫降臨そっくりですね。

他には、シュメールにも三種の神器があり、『日像鏡、月像の首飾り、剣』で、この剣を得るのに7つの首の龍を退治した、などがあります。これは、ヤマタノオロチ伝説と酷似していますね。

他にも言語にも共通点があったりと、遠く離れた地域の文明とは思えないほどです。

この他にも多くの共通項があり、

もしかしたら、シュメール人が日本人のルーツかもしれないとも言われています

そう考えるとより一層興味深くなりませんか?

参考にしたサイト

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード