情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

平昌パラ スノボ男子成田緑夢 悲願の「金」ケガで脚切断の可能性からの復活劇

スノーボードの男子バンクドスラロームで、成田緑夢( ぐりむ)(24)が金メダルを獲得!スノーボードクロスの銅に続き、今大会出場2種目で2個目のメダル。
2018/03/16 UPDATE
 
89 views

成田緑夢プロフィール

名  前:成田緑夢(なりた・ぐりむ)

生年月日:1994年2月1日(24)

出  身:大阪市住之江区

所  属:近畿医療専門学校
     ㈱サニーサイドアップとアライアンス契約

家  族:父 成田隆史(スノーボードコーチ)
     兄 成田童夢(トリノオリンピック日本代表)
     姉 今井メロ(トリノオリンピック日本代表)


男子スノーボード 日本男子初の金メダル獲得!!

バンクドスラロームで悲願の金メダル!

おめでとうございます^^

平昌パラリンピックでは、スノーボードクロスの銅メダルに続き、

2個目のメダル獲得です!


2個もメダルを獲得できるなんてすごい!!

スノボード バンクドスラロームとは??


バンクドスラロームとは、旗門が設けられたコースを3回滑り、

一番速いタイムを争う種目で、今大会から採用された競技です。



成田緑夢は、バンクドスラローム(男子下肢障害LL2)で出場。


1、2回目とも全体のトップのタイムでゴール!


そして、3回目では、自身の2回目の記録を上回り、

48秒68をマークし、金メダルを獲得しました!!

成田緑夢は、あの成田3きょうだいの末っ子

兄:成田童夢

2006年トリノオリンピック日本代表

今では、マルチタレント業に専念しています。

平昌オリンピックでは、解説が分かりやすい!

と反響を呼びました。


姉:今井メロ

両親は離婚をし、姉のメロさんのみ母親性の今井となっています。

今井メロも、兄と同様、

2006年トリノオリンピック日本代表です。


その後は、2010年に結婚と妊娠を発表するも、

2011年に離婚。

現在は2人の子供を育てるシングルマザーとして頑張っているそうです。

運動神経抜群!1歳からスノーボード!?

緑夢さんは、兄・童夢さん、姉・メロさんと一緒に

なんと1歳からスノーボードを始めていたそうです。


1歳からスノーボードができるなんて・・・

信じられませんが・・!

さすが成田家の血を引く末っ子!


しかも、空中での姿勢や感覚を磨くためにトランポリン

でのトレーニングも行っていたそうです。


その他にも、サーフィンやウェイクボードなど

色々なスポーツをこなしていたそうです!



数々の功績を残していた緑夢さん!

トランポリンでは、高校2年のときに高校の全国大会で優勝。

12年のロンドン五輪は日本代表の最終選考まで残りました。


さらに、その年の冬にはフリースタイルスキーを始め、
すぐに日本代表に選ばれます。


13年3月には初出場の世界ジュニア大会で、ハーフパイプで優勝を果たしました。


トランポリン競技での活躍、そしてスキー競技でも活躍!

本当に多彩で運動神経抜群!なんですね!



そんな緑夢さんの活躍するカッコイイ姿がぎゅっと詰まった動画がこちら…



ヤバイ~めちゃめちゃかっこいい!!

成田緑夢さんの活躍する姿がたくさん!!

運動神経の良さが見てわかります!
…緑夢もオリンピックに出場する。それは当たり前だった夢でした。


小さいころからずっと夢見ていた、

オリンピックに出場する事。

緑夢さんにとって、もう少しで手に入る夢。でした。


ですが、ある日突然、その夢は遠のく事になったのです。


本人にとっては本当に受け止められないくらい辛かったと思います。

次のページに続きます!
(ここで改ページします)

脚、切断の可能性もあると告げられた。



2013年4月 自宅でトランポリンの練習中の出来事

飛んだ瞬間に左足が滑り、

前屈の体勢で落下し、左肩が左ひざに強打。


「バキッ」という大きな音とともにひざが逆に曲がる大けが。


怖い。怖すぎる。

想像しただけでもゾッとする・・・



前十字靱帯(じんたい)、後十字靱帯の断裂に半月板の損傷

動脈も破裂し、内出血が広がっていたといいます。

 

「歩けるようになる可能性は20%」「切断の可能性もある」

大けがからの復活劇がすごすぎる!!

父、隆史さんからの一言

「スキーに行くぞ」

それは、退院から半年もたたず、左足を引きずって30分も歩けば、

30分は氷水で冷やさなければ腫れも痛みも引かない状態の頃だっそうです。

痛みに耐えながらスキー靴を履きスキーに挑戦したそうです。


すごいプロ根性。私には信じられません。

歩ける確率20%と言われた人がですよ・・・

奇跡としか言いようがないですね!!


そして、その年の夏にはウェイクボードも再開したそうです。

自分がスポーツをすることで、誰かを励ませるかもしれない


それからの緑夢さんは、

「五輪は無理でも、パラリンピックがある。

結果を出せば、障害のある人やけがで引退を迫られたスポーツ選手たち

の夢や希望になれるかもしれない。」

と思い、本気モードにはいったそうです!!


陸上では走り高跳び、雪の上ではスノーボードに力を入れ、

数々の大会で、良い成績を残しています。

2017年6月には、なんとトライアスロンにまで挑戦されています!



目指すは夏冬のパラリンピック出場だそうです。


何にでも果敢に挑戦する姿は本当にカッコイイです!

ケガに負ける事なく、夢は叶う。


そう信じて練習を積み重ねて掴み取った、


今回の悲願の金メダル。

本当に嬉しかったでしょうね!!

まとめ

成田緑夢さんの努力は並大抵のものではなかったとおもいます。

本当に金メダルおめでとうございます!!

本人いわく、

まだ全てのスポーツを試したわけじゃない。どの競技で世界を目指すのかは模索中。

との事。

かっこ良すぎます。本当に関心します!!


これからの彼の挑戦には期待するしかないですね!!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード