情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

「料理に髪の毛が入っているぞ」というクレーマーに対し、バイトの子が行った対応とは??

2018/03/09 UPDATE
 
25,791 views

ある飲食店での出来事

私はフランチャイズの麺類のお店で深夜にバイトしているのですが、月終わりの週末に必ず来るクレーマーがいました。

クレームの内容は、明らかに陰◯と思われる毛が麺の中に入っていたということでした。

普段はそんなこと言われたことはないのです。

半年くらい毎月来るのでわかっているのですが、全国チェーン店にありがちでめんどくさそうな客に対してはノータッチで謝っておけと泣き寝入りしたことを夕方の子に話すと、今度の月末に一度深夜に入ってみたいと言ったのです。

店長に話したら深夜のバイトの人が少ないこともあったので深夜に入ることになったのです。

月終わりの週末に来るクレーマー

そして先月の最終日曜にその子と深夜に入るといつも通りクレーマーが来ました。

その人は、麺とビール、チャーハンに餃子2皿を注文したので髪の毛などが入っていないのを確認してから持っていき、クレーマーを監視しつつ、あの人がクレーマーだと教えました。

しばらく見ているとトイレに行き、帰ってきた直後に毛が入っているとクレームを言ったのです。

食事代を無料にしろ、酒を飲んでいるからタクシー代を出せと言われたので面倒くさいと思っていると調理していたその子が出てきて変わりに対応してくれました。

少し離れて聞いていたのですが、クレーマーが来たら危ないかもしれないし、離れて締め作業していてと言われました。

(ここで改ページします)

あるものを使ってクレーマーを撃退!

いきなり録音機を取り出し、「もう5回目のようなので本部にバイトの態度を報告しなければならないのでお手数ですが、協力していただけますか。」と録音を始めたのです。

それに対し、クレーマーは、「え?それは」と口ごもっていましたが、気にせずに名前や年齢、月にどれくらい来店するのか、バイトの勤務態度はどうかなど質問をしたのです。

本題の毛の話題になった途端に強気になって毛が入っていたのは事実だからと謝罪と賠償を要求してきました。

その子は、「このような髪質の人はうちにはいません」というとクレーマーはどう見ても陰◯だろうがと反論したのでその子はクレーマーをトイレに連れて行ったのです。

しばらくしてクレーマーは戻ってきて、「俺のが入ったのかな、ハハハ」と言いながら帰ろうとしましたが、代金の支払いをお願いした所、無銭飲食だということがわかり警察に連れて行かれました。

トイレで何をしていたのか聞くとこの日のために全剃りしてきて、ホールの子は料理を運ぶ時以外は、商品に触れないから入るわけがないと説明したそうです。

話を聞いた店長には、「勝手なことするなよー。」と笑いながら叱られていました。

月末に仕事をしたくはありませんでしたが、おかげでスッキリしました。

警察に連れて行かれたあのクレーマーが今月末も来るのかどうか少し楽しみです。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード