情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

aiboの新型が凄い‼︎歴代のaiboを比較するとかなり進化していた。

aiboの新型が凄い‼︎12年ぶりにaiboが返ってきました。人気もすごく見た目もリアルになっています。
2018/02/16 UPDATE
 
685 views
  • aiboとは

  • ソニーが1999年より販売しているペットロボット(エンタテインメントロボット)シリーズ。

    1999年から2006年に販売された物は全てが大文字のAIBO

    AIBOに関わるマーケットが存在していなかったため、ソニー内部でも、

    「ソニーはおもちゃを作る会社ではない」などの冷ややかな意見が多数派であった。

    プロジェクトは、当時の土井利忠常務を責任者として組織され、現場のリーダーとして、ソニーを退職しゲーム会社ナムコ(現・バンダイナムコエンターテインメント)にて要職に就いていたエンジニアの大槻正を呼び戻すことによって遂行された。

    当初より家庭向けロボットを目標に開発、試作品発表の段階で製品化による販売を望む声も多く、開発側はヒットを確信したとも言われている。

    開発の経緯はNHKの『プロジェクトX』でも取り上げられた(2003年7月22日放送 第122回 「復活の日 ロボット犬にかける」)。

    生産は長野県南安曇郡豊科町(現・安曇野市)にあるソニーデジタルプロダクツ株式会社(後のソニーイーエムシーエス長野テック→VAIO本社)で行われた。

    1999年5月に製品第1号『ERS-110』の7月発売を発表し、ソニーWebサイト(ソニーマーケティング)限定で予約を受け付ける形となった(2000年3月発売のPlayStation 2でもSCE公式サイトで先行予約する形態が採られた)。

    定価25万円にもかかわらず、1999年6月1日の開始から僅か20分で日本向け3,000台の受注を締め切る盛況ぶりであった。

    当時のVAIOや大型テレビジョン・WEGAと並ぶ価格であったが、ソニーファイナンスによる専用のショッピングクレジットが用意されたり、ボーナスシーズンに差しかかる時期であった事から購買意欲をかき立てられたようだ。

    同年11月に、同社Web上での限定予約販売から受注生産制へ移行し、市中のソニーショップや家電量販店にもお出ましした。2000年モデルからは通常生産品となった。
  • 歴代AIBO

  • 初代AIBO

  • 当時のキャッチコピーは、「ソニー製ではない、ソニー生まれである」

    本格的なペットロボットを目指したもので、感情や本能、学習機能、成長機能を持ち、喜びや悲しみなどを動作や目の光で表現することで人とコミュニケーションをはかります。

    最も話題になったAIBOの動作は、専用のボールを認識して位置を検知し、じゃれたり追いかけたり、蹴ったりする、まるで本物の犬のような動きです。

    展示会やイベントで多くの人の注目を集めたほか、AIBOだけで行うサッカーゲームの様子なども報道されました。もうひとつ興味深かったことは、単純ではあるものの感情(らしいもの)を表現することです。

    機嫌を損ねると飼い主の呼びかけにも全く応じなくなるなど、気むずかしい一面もあって、生物感を醸し出していました。
  • 二代目AIBO「ERS-210」

  • ライオンの子供がモチーフとなっていて、デザインは空山氏のものを踏襲、耳の形状が変わった。価格は15万円

    技術的には64bit RISCプロセッサー、16MBの主記憶メモリーで動作し、18万画素CCDカラーカメラやマイクから画像や音声を入力する機能を持っています。

    センサーも温度センサー、赤外線方式測距センサー、加速度センサー、角速度センサー、感圧センサー等を搭載しています。当時、25万円で発売され、約20分で3000体が完売になったことでも話題になりました。

    アプリケーションソフトウェアは「AIBO-ware」と呼ばれ、機能や性格を決定づけたり、無線LANでパソコンと通信して新着メールを知らせたり、メールやホームページの情報を読み上げたり、

    AIBOのカメラで撮影した画像をパソコンの画面に表示するなどのパコンから遠隔操作、AIBOとジャンケンや簡単なゲームを楽しむことができる等、様々な種類のアプリが販売されました。また、

    最終型ではバッテリー残量が少なくなると自分でバッテリーステーションを探して充電する自己充電機能を装備しました。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード