情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

30代前半のイケメン俳優‼︎カッコいい俳優まとめ。まだまだ若手に引けを取らないカッコ良さ‼︎

2017/12/21 UPDATE
 
3,845 views

30代前半のイケメン俳優

市原隼人

名前:市原隼人(いちはらはやと)
本名:同上


生年月日:1987年2月6日
年齢:30歳(2018年1月現在)
出身地:神奈川県川崎市
血液型:A型
星座:水瓶座
身長:171cm
デビュー:1999年
職業:俳優
所属事務所:スターダストプロモーション
趣味:テレビゲーム 作曲 カラオケ
特技:ヘアメイク 逆立ち歩き バック転
出典:
ファッションに凝っており、『仔犬のワルツ』では監督に頼み一部私服で出演、『あいくるしい』でも自分で髪をセットしている。雑誌などで度々私服としてB系ファッションを披露する。

好きな食べ物は寿司(刺身が大好きなため)とイチゴ。嫌いな食べ物はキュウリ。

小学校5年生の時に渋谷でスカウトされ、現事務所に所属。最初の仕事は日清食品「スパ王」のCMで、たらこ役。

2001年、映画『リリイ・シュシュのすべて』で主演。

2003年、竹野内豊主演の『ヤンキー母校に帰る』にて物語の最重要生徒を演じる。

2004年、『WATER BOYS2』で連続ドラマ初主演。同年、主演映画『偶然にも最悪な少年』カネシロヒデノリ役で日本アカデミー賞新人俳優賞受賞。

2008年、『ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ』『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』『神様のパズル』の3本の主演映画が公開された。

同年4月、3年ぶりに出演した連続ドラマ『ROOKIES』で安仁屋恵壹役を演じる。役作りのために髪を「ロン毛」にしていた。この作品は同年10月にはスペシャル版ドラマが放映され、翌2009年5月には映画化作品が公開、好調なスタートを切った。

同年11月、『ROOKIES』での演技により、第58回「ザテレビジョンドラマアカデミー賞:最優秀助演男優賞」を受賞。次点者の3倍近い得票数を得ての初受賞となった。

2009年、日本テレビ系列の連続ドラマ『猿ロック』で主役・猿丸耶太郎役を演じる。役作りのため髪に銀色のスプレーをかけた。

2015年、舞台『最後のサムライ』で舞台初主演を務める。

松田翔太

名前:松田翔太(まつだしょうた)
本名:同上


生年月日:1985年9月10日
年齢:32歳(2018年1月現在)
出身地:東京都杉並区
血液型:A型
星座:乙女座
身長:181cm
デビュー:2005年
職業:俳優
所属事務所:オフィス作
趣味:登山 スキー
出典:
俳優松田優作と女優松田美由紀との間に次男として生まれる。

4歳で父・松田優作を亡くす。兄の松田龍平も俳優、妹のゆう姫(ユウキ)はエレクトロニックユニット「Young Juvenile Youth」のボーカル。

2005年、スペシャルドラマ『ヤンキー母校に帰る〜旅立ちの時 不良少年の夢』で俳優デビュー。同年、少女漫画原作のドラマ『花より男子』の西門総二郎役で人気を得る。

2006年には映画『陽気なギャングが地球を回す』で映画デビュー。

2007年、ドラマ『LIAR GAME』で連続ドラマで初主演して注目を集め、同年映画『ワルボロ』で映画初主演。

2008年、『篤姫』で14代将軍徳川家茂役でNHK大河ドラマ初出演。2009年、『名探偵の掟』に主演で出演。

2014年2月14日、所属事務所を同年2月21日付で研音から母の松田美由紀が代表取締役を務めるオフィス作に移籍することが両事務所から発表された。

2015年、CM総合研究所が発表した「2014年度CM好感度ランキング」の男性部門で第1位を獲得。

鈴木亮平

名前:鈴木 亮平(すずきりょうへい)
本名:同上


生年月日:1983年3月29日
年齢:34歳(2018年1月現在)
出身地:兵庫県西宮市
血液型:A型
星座:牡羊座
身長:186cm
デビュー:2006年
職業:俳優
所属事務所: ホリプロ
趣味:ボクシング
特技:テーブルマジック 裁縫
出典:
西宮市立津門小学校5年生か6年生の頃、アニメを観て声優に憧れた。

西宮市立今津中学校時代には映画を好きになり、俳優になりたいと思うようになった。同級生の中で役者志望は珍しく、周囲に「何言ってんの?」というような目で見られていたのでかえって負けず嫌いに火が付いた。

兵庫県立芦屋南高等学校(現・兵庫県立国際高等学校)を経て、2002年4月に東京外国語大学外国語学部に入学。大学では演劇サークルに入り、最初の公演時に観客に褒めてもらったり感動して泣いてもらった経験などから役者の仕事を一生の仕事にしようと決意。そこから大学生活は演劇漬けになるが、3年時に自分は「このままで本当に役者になれるのか?」と疑問を抱くように。このままではプロになれないと思い、芸能事務所・制作会社に履歴書を持って回ったが50社以上に断られる。キャスティング会社も回り始め、背が高いからということでモデル事務所を紹介してもらえることになった。

2006年3月に東京外国語大学外国語学部欧米第一課程英語専攻を卒業。実用英語技能検定1級所有。

学生時代にはNHKでアルバイトをしていた。また、在学時は演劇サークルに所属しており、そのサークルの同期には声優の利根健太朗がいた。
かつては友近亮平の名でモデルをしていた。2006年、演技学校アクターズクリニックに所属し、塩屋俊の下で演技を学んだ。同年5月には、東レとデサント共同開発の男性用水着をPRする初代のキャンペーンボーイに選出される。東レによると、業界史上初の「水着キャンペーンボーイ」であるとのこと。

同年7月、テレビドラマ『レガッタ〜君といた永遠〜』で俳優デビュー。翌2007年12月公開の『椿三十郎』で映画デビュー。

2010年4月3日に放送された『オールスター感謝祭』の赤坂5丁目ミニマラソンで、ただ一人、優勝した蕨野友也を予想し的中。金50万円を獲得した。偶然、蕨野と同じスポーツジムに居たことがあり、身体能力が優れていることを知っていたとのこと。

2011年7月28日、一般女性との結婚を発表。2011年11月17日、女児誕生。

2011年12月4日に開催された「サントリー1万人の第九」第29回公演に、一般の合唱参加者に混じって、テノール・パートにて合唱参加。公演本番に至るまでの一連の行動が、BS-TBSにて放映されたドキュメンタリー番組『【1万人の第九】公式ガイド 大合唱はこうしてつくられる!〜舞台ウラ公開〜』にて紹介された。

2012年4月より、FOXチャンネルの『FOX BACKSTAGE PASS』の司会も務める。

2013年6月5日に師である塩屋俊が他界したことを受け、翌日追悼のコメントを発表した。

2014年度上半期に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』では、吉高由里子演じるヒロインの夫・村岡英治役を演じた。

2015年10月31日に公開された映画「俺物語!!」では、型破りな高校生の主人公 剛田猛男役を演じた。

2016年8月6日に公開された劇場アニメ『ルドルフとイッパイアッテナ』で声優初挑戦。

2018年放送予定の第57回NHK大河ドラマ『西郷どん』で主人公の西郷隆盛役に決定した。
(ここで改ページします)

生田斗真

名前:生田斗真(生田斗真)
本名:同上


生年月日:1984年10月7日
年齢:33歳(2018年1月現在)
出身地:北海道室蘭市
血液型:A型
星座:天秤座
身長:175cm
デビュー:1996年
職業:俳優、タレント
所属事務所:ジャニーズ事務所
趣味:サッカー フットサル
出典:
歌手業を主とするジャニーズ事務所に所属しながら俳優としての活動に重きをおいているため、“異色のジャニーズ”とも言われる。

1996年、SMAPのファンであった母親が「SMAPに会えるかも」と考えたことをきっかけに、11歳でジャニーズ事務所に入所し、ジャニーズJr.として活動を開始する。

その2か月後から2年間、NHK教育『天才てれびくん』に、てれび戦士として出演。番組の企画でウエンツ瑛士とバンドを組んで「ストロベリーパフェ」というグループ名でCDデビューもした。

1997年、NHK連続テレビ小説『あぐり』で子役としてデビュー。その後、数々のドラマや舞台に出演していたが、2007年夏に放送されたフジテレビ系テレビドラマ『花ざかりの君たちへ〜イケメン♂パラダイス〜』に中津秀一役で出演したことにより知名度を高め、注目されるようになる。同作では第54回ザテレビジョン ドラマアカデミー賞・助演男優賞と第11回日刊スポーツ・ドラマグランプリ・助演男優賞を受賞した。

2011年、主演映画『人間失格』と『ハナミズキ』でジャニーズ初のキネマ旬報ベストテン新人男優賞とブルーリボン賞新人賞を受賞した。

山田孝之

名前:山田孝之(やまだたかゆき)
本名:同上


生年月日:1983年10月20日
年齢:34歳(2018年1月現在)
出身地:鹿児島県薩摩川内市
血液型:A型
星座:天秤座
身長:169cm
デビュー:1998年
職業:俳優 歌手
所属事務所:スターダストプロモーション
趣味:音楽観賞 マンガ 散歩 ビリヤード 写真 旅行
特技:乗馬 バスケットボール 洋裁
出典:
1998年、市立川内南中学3年の2学期終業後に家族で鹿児島から上京。

1999年、10月から放送されたドラマ『サイコメトラーEIJI2』(日本テレビ)で俳優デビュー。

2002年、シングル『真夏の天使 〜All I want for this Summer is you〜』でCDデビュー。この曲はドラマ『大好き!五つ子4』の主題歌になり、自身もこのドラマにゲスト出演。

2003年、『WATER BOYS』(フジテレビ)でテレビドラマ初主演。

2004年、エランドール賞新人賞受賞。東京地下鉄初代イメージキャラクターにも選ばれる(東京地下鉄のイメージキャラクターでは男性は山田が2017年現在唯一)。

2005年、『電車男』で映画初主演。厳密には、2003年に製作され2004年に公開された日米合作映画『ジェニファ 涙石の恋』も山田の主演作であるが、名実共に単独で主演した映画は『電車男』が初めてである。

2007年、秋に公開された映画『クローズZERO』からワイルドな役を演じるようになり、『イキガミ』『クローズZERO II』『BOSS』などでは長髪と無精髭でそれまでとは違った一面を見せた。なお『クローズZERO』では第50回 (2007年度) ブルーリボン賞助演男優賞に20代でただ一人ノミネートされた。

2010年8月5日、都内のホテルで行なわれた映画『GANTZ』の製作報告会見において出演の経緯を明かした。別の映画を撮影中の山田が隣で行なわれていた『GANTZ』の衣装合わせの場にやって来て「うわぁ〜、GANTZだ〜、いいなぁ〜」と言ったところ佐藤貴博プロデューサーから「じゃぁ、出てくださいよ〜」と言われたことで出演が決まった。同年9月、映画『十三人の刺客』がコンペティション部門に出品された第67回ヴェネツィア国際映画祭に三池崇史監督、役所広司らと参加した。

2010年10月28日付 米エンタテイメント情報誌『ハリウッド・リポーター』において「世界の注目俳優10人」の1人として紹介された(日本人では山田のみ)。

2011年、ニューヨーク・アジア映画祭 (New York Asian Film Festival) において「スター・アジア・ライジング・スター賞(Star Asia Rising Star Award)」を日本人として初めて受賞した。
2012年
第34回(2012年度)ヨコハマ映画祭助演男優賞受賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)。

第17回(2012年度)日本インターネット映画大賞日本映画部門助演男優賞受賞(『その夜の侍』『のぼうの城』『悪の教典』)。

2014年、ミュージカル『フル・モンティ』(1月31日 - 2月16日、東京フォーラム。演出:福田雄一)で主演、初舞台を踏む。

2016年TEEの「恋のはじまり」でMV初監督を務める。9月21日、赤西仁とユニット「JINTAKA」(ジンタカ)を結成し、シングル「Choo Choo SHITAIN」でCDデビュー。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード