情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

【夏を目前に】お化けよりも人間の方が怖い!! 震えが止まらない実話厳選公開!!【PART16】

身近な人間が、信じられないようなことをしているかもしれません。
2016/07/28 UPDATE
 
586 views

病気なのか、それが素なのか。

鈴木さん?「違います」じゃあ誰?「誰って、言いませんよ。しかもいきなり失礼じゃないですか」

知らない番号から電話が来ておばさんの声で「鈴木さん(仮名)?」って聞かれた。でも自分は田中(仮名)。

「いいえ違います」

って答えたら

「じゃあ誰?」

って言われてびっくりしたし、少しイラッときたから

「誰って、言いませんよ。しかもいきなり失礼じゃないですか」

って言ったら電話が切れた。


なんだろう、と思っていたら数日後にまた知らない番号(多分↑の時と同じ番号)から電話がきた。出てみたらまた同じおばさんが

「鈴木さん?」

って聞いてくるから

「違いますよ」

って言って切ってその番号を拒否した。


38:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/10/15(水)19:13:39.39ID:Edj9zvFc0.net
そして一週間くらいたってから今度は別の知らない番号から電話。最近変なの多いなぁ、と思いながらとりあえず無言で出たらあいつ。

「鈴木さん?鈴木さんでしょ?」

て謎に嬉しそうに言ってきた。もう気持ち悪いし無言で切る。そしたら今度はすぐにかかってきた。驚いたけどいい加減腹が立ったので注意しようと思って出た。

「あっ鈴木さん?鈴木さんだね?」

また謎に嬉しそうな声。

「ちゃんと見てかけて下さい。違いますって。何回もしつこいですよ。」

って怒りながら言ったら、そのおばさんが男みたいな低い声で

「うん、だって田中だもんね」

って言ってきて電話切れた。すごく怖くてその後しばらく電話来るたびにビクッてした。

【歯】気が狂った人間の行動

去年の夏に、俺は目の手術で入院していた。

その時相部屋だったバアさんが、洒落にならんぐらい怖かった。俺が入院していた2週間、バアさんには誰一人面会が来なかった。

病室に来たのは息子夫婦だけ、それも入院初日の1度だけだったらしい。バアさんはそれをすごく怒っていて、俺によく愚痴をもらした。しかし俺のところには友人だの親戚だのが心配してぞろぞろと来てくれる。


バアさんにはそれがおもしろくなかったのか、それともやっかんだのか「うちの子は薄情だねぇ」ぐらいだったバアさんの愚痴は、たった2週間で予想を超えてどんどんエスカレートしてしまった。

「あたしが死んだら怨霊になって、もうみん~っな、殺すわ、殺すんじゃ」

「〇〇も、〇〇も、〇〇も、〇〇も、みん~な殺すんじゃ」※〇〇は息子や親戚の名前だと思う

「子供もみんな殺しちゃる、見たやつみん~っな、殺すっ、あかんぼもじゃ」

「どうやって殺しちゃろか、ヒヒッ、ヒッヒッ」

特に印象が強かったのだけ挙げるとこれぐらい。

これには看護師も手を焼いていた。優しくさとすのだが、とたんにバアさんは「てめーも呪うからな!さっさと行けッ!」と逆ギレ。

看護師も主任やら担当やらが数名がかりでも全然ダメだった。バアさんはここには書けないぐらいひどい言葉を終始怒鳴り散らしていた。

そして、多分病院側が呼んだんだろう、息子夫婦とおぼしき中年カップルが来た。

「母さん、あんまり人に迷惑かけちゃだめだよ」

などと言っている。きっと息子だろう。カーテンで仕切ってしまって見えなかったが、バアさんはとても静かだった。しかし、バアさんの「発作」は、その日の夜が一番ひどかった。

夜、何時か分からないが、真夜中であったのは確かだと思う。隣のベッドからの声で俺は目が覚めた。

「うぅ~~~~うぅ~~~~、に~~く~~い~、こ~ろ~し~て~や~る~」

などと、うなされる様につぶやくバアさんの声。

俺は暗い病室に響く呪いの言葉に恐ろしい思いをしながら、忘れろ、早く寝ちまえ、と自分に言い聞かせながら耳をふさいで目をつぶっていた。

その時何か、ふと違和感を感じたんだ。恐る恐る薄目を開けたら、俺のベッドのカーテンを少しだけ開けて俺を覗き込むバアさんの、ひんむいて丸々とした目玉が見えた。

すんっげぇ見てる。俺を。首をひょこひょこと動かしながら、俺の様子をうかがってる。冗談じゃない、怖すぎる。

「〇〇ぅ~」

俺の名前じゃなく、おそらく息子の名前を呼ぶ。違います、俺は〇〇じゃないですよ!飛び起きてそう言いたかったけど、怖くて出来ない。

「〇〇ぅ~、にくいいい」

バアさんがしくしくと泣く。頼むから俺を見ながら泣かないでくれ。怖い。

「〇〇ぅ~、おめさん、死ぬぞぉ~」

怒っているのだろうか、声が震えている。

その後バアさんは、息子への悪口を俺に向かってしこたま吐き出すと自分のベッドに戻り、ゴニョゴニョ言ったあとに何か小さいモノを数個カーテンに向かってぽすっ、ぽすっと投げつけ、静かになってグーグー寝ちまった。

ちょうど、この次の日が俺の退院日だった。入院生活の最後の最後に、もっとも恐ろしい目に合った。

とりあえず俺はこれを最後にバアさんの呪縛から助かったのだが、俺がいなくなったので、きっと別の患者が何らかの被害にあってるだろうと思う。

そして最後に、バアさんが俺のベッドのカーテンに投げつけたものが「歯」であることが退院する時に分かった。

バアさんの口元は血だらけ、カーテンの下には黄ばんだ細い歯が数個…もう絶対に入院なんかゴメンだと思った。

なんか長々と駄文になっちゃいました、スミマセン。
小林製薬のやわらか歯間ブラシ 細いタイプ SS-Mサイズ 40本 ゴムタイプ
505円
販売サイトをチェック

叔父は何かを隠していた…その後、恐ろしい真実を聞かされることに。

私の母から聞いた話。

昔、母が薬売りの叔父の家に遊びに行った時、姉とかくれんぼをしていて、隠れるところを探していたら、ちょうど良いスペースがあって、そこに隠れていたらしい。

すると何か後ろの方から声がする。振り返ってよく見てみると、そこは扉だった。子供がすっぽりはまれる位のスペースなので、扉は小さい。母が不思議に思って耳を押し当ててみると、中から

『助けて…』と声が。

母はすぐにかくれんぼをやめて、居間に戻り、小さい扉から声がしたと祖母に話した。


すると横でそれを聞いていた叔父(祖父の兄弟。祖父は大分前に戦争で亡くなっている)の顔がみるみる真っ青になり、気分が悪くなったので休みたい、今日は帰ってくれと言い出した。

居座るわけにもいかないので、しかたなくその日は帰ったが、その後、母は姉から恐ろしい真実を聞かされる。

叔父は薬の調達の為と銘打って東南アジアの方へよく出かけていたらしいのだが、どうもそこから愛人を連れ帰ってきて、家に置いていたらしいのだ。

そして、その愛人がいた部屋というのが、母が声を聞いた場所。しかし、現実に母がその愛人の声を聞くことは有り得なかった。

なぜなら、ほどなくして叔父の家から白骨死体が見つかったからだ。水も与えられず、狭い小部屋に閉じ込められて恐怖する愛人の残留思念の声でも聞いたのだろうか…。

ちなみに、叔父は東南アジアにまた『薬の調達』をしに行ったきり行方不明になったそうだ。

小学生のドロドロした人間関係がこちら【人の闇】

小6の時の嫌な思い出です。

いじめっ子みたいな奴がクラスにいたんだけど(ここではMとします)そいつが凄い嫌がらせみたいことを、されてた時期があった。

はじめは物の紛失で、消しゴムとか小さい物だったのに、そのうち上履きとか体操服とかが、時間たたずになくなったことがあって、それはさすがにおかしいって騒ぎになったのね。

大きいもの(服とか)が盗られてからは、物が盗られたりとかはなかったんだけど、プール出たあとの服を水びたしにされてたり、変な手紙が机の中に入ってたりして、さすがに悪質だって話になった。


手紙ってのがまた凄くて、何かこぼして汚れた紙みたいなのに赤い汚い字で

「お前は何月何日に死ぬ」

とかの気持ち悪い内容。

放課後残されてみんな机に伏せて、担任の先生が「やった子は手をあげなさい」とか、一人一人呼び出して質問されたり、とにかく色々したけど結局犯人は見つからなかった。

それでなんでだ?って話になってMはキレるわ、他は犯人扱いされたらたまらないわ、気持ち悪いわで、教室の雰囲気が全体的に悪くなった。

そのうち

「アイツが犯人なんじゃないか」

みたいな空気がやっぱり出て来て、クラスの根暗っぽい、性格も評判悪くて嫌われてる奴がいて(Tとします)しかもそいつ、たまにMにいじられキャラみたいにされる時があったから、疑惑の矛先はそいつに向かった。

で、TはMにお前だろ、とか責められまくったんだけど当然Tは否定してた。それからMがTをいじめだして、机に落書きしたりだとかでもう泥沼。

それでそのたびに、クラスの結構優しい奴がいたんだけど(Aとします)Tをかばってあげてて、それにちょっと感動した。

ちなみにA以外はみんなMともTとも、その騒動事態とも関わりたくなくてほとんどノータッチ。

AはTにも普段から優しくていい奴だなぁって思ってたんだけど、Tはやっぱり耐え切れなくなったのか、学校にもこなくなった。

元から休みがちな奴だったのと、こんな空気の中、こない方があいつにとってもいい、みたいな感じになってた。

特に波紋はなかったんだけど、Tが来なくなってからピッタリ嫌がらせが止んで、結局クラス全体嫌な空気になって終わった。

なくなったものは結局出てこなかった。Mも途中からこなくなった。

それからなんだかんだあってなぜか結構Aと仲良くなった。

友達とAの家に遊びにいった時があって、その時たまたまAが食べ物取りに部屋から出てったときがあった。

Aがなかなか帰ってこなくて、その時の悪いクセで、ちょっと友達と部屋を勝手に見たのね。

変な本とかないかなと思って、ベッドの下をあさってたら…なぜかMの体操服とか靴とかが出てきた。破けたりしてぐちゃぐちゃの状態で。

めちゃくちゃ驚いて、他にも何かあるんじゃないかって話になったから、机とかもこっそり見てみた。

そしたら修学旅行とか体育祭とかの写真が引き出しから出て来て、MとTのところだけキズとか、赤と黒で落書きしてあった。

キズがひどくて、首のところ一直線で切りキズが入ってたり、目のところはペンで潰してあったり、画鋲が刺さってるのとかもあって、普通の笑ってる顔で目のところだけ真っ黒になってて気味の悪い写真になってた。

怖かったから戻して、それから誰にも何も言わなかった。中学は別になったので、卒業してからAには会ってないです。

いじめっ子の悲惨な末路がこちら【因果応報】

俺が高校3年の春に、うちの実家のはす向かいのビルで、同じ高校の同じ学年のN君が飛び降りてしまった。

学校では各クラスの朝礼で「亡くなりました」としか説明しなかった。

N君そのものとは面識がほとんどなかったためによく知らないし、不謹慎だと思ったので、現場については誰にも言わなかった。

どうやら、亡くなった場所を知る生徒は俺だけだったらしい。自殺の原因にはいくつか噂はあったんだけど、結局わからずに、あっという間に風化してしまった。


高校の卒業式の日。帰宅後、外が何やらうるさい。出て行くと、事故だった。いろいろと発動して人だかりができ、ぎゃあぎゃあとわめていているのもいた。

人の群れの中に見たことのある顔があった。同じ高校のヤツ。俺は地元面をして、すぐに声をかけてみた。

すると、これからこのへんで「卒業パーティ」みたいな飲み会を何名かでやる予定で、集まってきた矢先の事故だった。その中の1人で、金田(仮名)という生徒が事故ったという。

「このへん初めて来たんだよ。車多いから気をつけようって言ってたんだけど、金田がふらふらしてっから…」

と聞いた。

うちの実家は市の中心部の繁華街(歓楽街)で、高校は市街地。ほとんどの生徒はうちの近所には用がなく、来たことがない。

どうやら、うちのはす向かいのビルの前でうろついており、誰かが「行くぞー」と声をかけても金田には聞こえなくて、事故ったとか。


248:本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火)18:26:59ID:SdgdM6Ey0
その日の夜。うちにも友達が3名来ることになっていた。すぐに東京へ出ることになっているヤツのお別れ会だった。

友達が集まったんで、俺はさっきの事故の話をした。

「金田って知ってる?理系の〇組なんだけど」

と言うと、友達の1人が

「知ってるよ。マジで金田なの?ざまあ!www俺、美術部で一緒だったけど金田がウザすぎてさあ。顧問に頼んでやめさせてもらったよ」

と。いつもあまりしゃべらないヤツが話し始めた。

「あいつ、2年の途中でケガして野球できなくなってから、いきなり女目当てに美術部入ってきてさ。絵なんか興味ないんだよ。

部室に運動部の友達連れてきてしゃべってばっかでなぁ。んで、春に誰か自殺した生徒いたべ?あれ、いじめが原因なんだよ。いじめてたのは数名で、その主犯格が金田だって有名だよ。

それ担任も知ってるはずなんだけど、何も証拠がないから結局、勉強が苦で、みたいなことで終わったんだよな。

進学校でマンモス校だと怖いよなそういうところ。とにかく金田が事故ったなら、ざまあみろって感じだよ」

そいつは、そんな感じでぶわーっと悪口を吐き出した。それを聞いて俺は、ぞぞぞぞっとした。そんで、

「みんな知らないと思うんだけどさ、Nって人、すぐはす向かいのビルで死んだんだよ…。俺、あえて言わなかったんだけど。Nって知らないしさ俺。んで金田ってのが事故ったのはそのビルの前だよ」

と言った。そしてみんなでびびりまくって、奇声をあげまくった。怖くなって、みんな明るくなるまでうちにいた。


249:本当にあった怖い名無し:2008/08/12(火)18:27:34ID:SdgdM6Ey0
それからしばらくしてわかったこと。

金田が主犯格ってのは間違いない。2年3年と、N君と同じクラスで、なにかと暴力をはたらいていたとか。N君が亡くなった直後、数日間学校を休んだという事実も聞いた。

担任は遠くの高校へあからさまな格下げ赴任をしたので、学校側やその上の機関も事情は知っていたんだろう。

金田はよくN君(確かにいじめられる要素は強かったらしい)に

「おまえはほんと暗いわ。じっとしてるし、虫みてえだよ。生きてるか死んでるかわからねえよ」

みたいなことを言っていたとか。

その金田は、N君が亡くなった場所は知らなかったんだが、そこを初めて通ったときにそこで事故って、健常者ではなくなった。金田こそ、動けない状態の虫みたいになってしまったらしい。

その後、町内会の役員をしている父に事の顛末(てんまつ)を話し、父からそのビルのオーナーに話がいき、お祓いをした。

おわり

ネットカフェにいたマジキ◯女www本気で身の危険を感じたから顔面を蹴り飛ばしてしまったwwwwwwwww

学生の時の話を一つ投下。霊的な話ではないが、今までで一番恐怖を感じた洒落にならん話。

自分は大学生の頃(数年前)行きつけのネカフェがあった。別に安いってわけではないが、かなり綺麗だし、椅子のすわり心地も良いので、よくオンラインゲームや漫画を読みに行っていた。

そんなある日、帰るのがめんど臭くなり、朝まで寝ることにした。(清算時に勝手に一番安いプランになる)


大体夜中の2時くらいかな、いきなり通路をはさんで真後ろの席で

「ヒホーヒー!」とか、「ぼおおお」

って中々でかい声で騒いでるわけよ。声は女って分かったんだけどマジでうるさい。

店員も注意する気もないし20分くらいそれが続いて、俺もブチギレてそいつのドアに裏拳で「バン!」って一発かましたんよ。

そしたらやっと静かになったけど、まーたブツブツちっさい声だけど言い出すのよ。このイカレタ女どんな奴だよ、と思って、とりあえず自分の室内からのぞこうとした。(ネカフェってドアが下までないの多いじゃない?分かるかな)

実際のぞいても椅子があって見えないはずなのに、何で俺も覗いたんだろうな~。これが大失敗だった。

かがんで覗いたらさ、椅子が横に移動されてて机の下が見えるのよ、んでその女、その机の下に入って体育座りしながらバッグのジッパー開け閉めして、顔だけ俺の方向いてるのww

完璧に目合ったわ。正直泣きそうになった。


527:526の後半:2010/09/30(木)10:22:33ID:8n0CWUPW0
なんで?何であんなとこにいんの?何で俺の方みてんだ?何で俺の室内を下から見てんだ?もう完璧パニック。

帰りたくても電車もないしタバコ吸って落ち着こうとブルってたら、どうも後ろから

「フッ・・ンフ・・フッ」

って小さく聞こえるのよ。速攻後ろ振り向いた。はいビンゴ、そいつが俺の室内のドアの下でしゃがんでるのよ、笑いながら。(そいつは多分しゃがみながら自分の室内から出てきたんだな。ドアのガラガラ音聞こえなかった)

「ポポーーーーーーーン」

とか言って笑いながらしゃがんで進入してきたから、顔面蹴り飛ばしてしまった。

本当に身の危険を感じたからなのか、正直自分でも顔面蹴りにはびびった。今の所、女性に手(足か?)をあげたのがこれが初。

その後、そいつ泣き叫ぶし、店員やっと来て事情説明しようにも俺もテンパって信用してくれないし、警察来て俺も連れてかれた。

まあ結果的には相手の母親が来て、逆に俺に謝ってきた。俺も一応頭下げた。やっぱり頭おかしい子だったみたい。

でも一番怖かったのが、その女のバッグに果物ナイフ5~6本裸で入ってたんだとさ。もうネカフェいかね。

【復讐】妹を自殺へ追いやったホストを拉致して山奥の廃墟に監禁した

これは先輩の友人が体験した話だ。

その友人にはまだ十代の妹がいた。妹は高校中退した後、ふとしたきっかけでホスト遊びにはまり、ちょっとした借金ができたそうだ。

そしてお決まりのコースよろしく、相手のホストから闇金を紹介され、風〇勤めすることになった。

けれど彼女は三日ともたず、せっぱ詰って家の金に手を出したという。


もともと実家は土建屋をやっていて、バブルの頃は羽振りも良かったそうだが、その頃には、かなり経営も行き詰っていたらしい。

金を使い込まれたことがきっかけになり、親の会社は不渡りを出し、ついには倒産したそうだ。

住んでいた土地も追われ、一家離散。彼女は自分のしでかしたことを、自殺することでつぐなった、というか逃げ出したのかもしれない。

妹思いだった兄は、深い悲しみが激しいいきどおりへと変わり、闇金を紹介したホストに復讐することを誓う。


211:本当にあった怖い名無し:2005/11/06(日)01:14:04ID:L3tRG75G0
ただ、失意の両親をこれ以上追い詰めるような真似だけはしたくない。そこで先輩に相談したところ、ちょっと怖い思いをさせてやるか、となったそうだ。

ある日の朝早く、酔っ払って店を出るホストを待ち伏せして、先輩ら三人でさらったそうだ。車のトランクに押し込み、連れて行ったのは山奥の廃墟になったモーテル。

荒れ果てた一室に、手錠をかけたままのホストを監禁。先輩の友人は、あらかじめ準備していたものを取り出し、ホストの前に置いた。


212:本当にあった怖い名無し:2005/11/06(日)01:14:51ID:L3tRG75G0

「この写真の女の子を覚えてるな」

それは亡くなった妹の遺影だった。

「〇〇はおまえに詫びてもらうまで成仏できないって、夜な夜な枕元に立つんだ」

遺影の横に、白い布で包んだ木箱を並べる。

「一日かけて謝れ。今夜枕元に出なかったら、迎えに来てやる」

この話がどこまで本当なのか、先輩は分からなかったと言う。

ただ、喉の渇きを訴えるホストに、その友人は自らペットボトルの水を与えたそうだ。その姿は、本当に妹に詫びて欲しいように見えたらしい。


213:本当にあった怖い名無し:2005/11/06(日)01:15:40ID:L3tRG75G0
翌朝、明け方に三人で集合し、再び山奥の廃墟へと。みんなかなり緊張しながら、部屋のドアを開けると、

・・・そこはもぬけのカラだった。

手錠は片方が洗面台の配管にかけられていて、身体の自由はきかないはずだった。それでも、おもちゃの手錠。釘一本で簡単に開けられるのかもしれなかった。

財布や携帯は取り上げてあったが、モーテルの目の前は旧道。まばらとはいえ、地元の車の往来はある。

「逃げやがった」

先輩らは周りを探すのをあきらめ、車に戻ることにした。その友人は遺影を脇にして、両手で木箱を持つと、声を上げた。

「えっ、何だこれ」


214:本当にあった怖い名無し:2005/11/06(日)01:16:14ID:L3tRG75G0
木箱の中に骨壷が入っているものだと、先輩は思っていたそうだが、違ったそうだ。

「いや、ただの箱だよ。納骨は終わってる。びびらせるつもりでさ」

友人が白い布をとくと、フタつきの木箱が現れた。

「中身はからっぽのはずなんだけどな」

フタを開けると、中身はいっぱいの黒土が。

「なんだこれ」

箱をひっくり返して土を落とすと、こぶし大のかたまりが一つ出てきたそうだ。先輩と友人が間近で確かめようとすると、鼻を突く異臭がしたという。

かたわらにあった木の枝でつつくと、それはひからびたミイラのように見えた。

「これって胎児じゃねえーのか」


215:本当にあった怖い名無し:2005/11/06(日)01:17:24ID:L3tRG75G0
先輩と連れが顔を見合わせていると、震える声で友人が言ったそうだ。

「妹はあいつを連れてったのかもしれない」

二人がぞっとして友人を見ると、さらに言葉を続けた。

「遺書に書いてあった。あいつと子供と、三人で暮らしたかったって」

後日、先輩が語ったのは、多分、その友人がホストを殺したんじゃないかな、とのことだった。

先輩も、その友人と連絡が取れなくなって、数年たつという。

【キ○ガイ】空気読めない叔母に注意してやった結果→大変なことになったったwwwwwwwwwww

ウチの従兄弟の叔母さん(母の姉)はちょっと頭おかしい人でね。

まぁ一言で言うと『時々昔死んだ彼氏が私を呼ぶのよ』ってセリフを親族で飯食ってる時とかに平気で言う人でね。2年くらい前から「離婚したい」が口ぐせだったんだ。

それで3月にその叔母さんの娘が大学に合格してじいちゃん(母方)の家で親族で集まって合格祝いしたんだよ。

最初は和やかな雰囲気だったんだけど、しばらくすると叔母さんがまた「離婚話」を始めてね。旦那と子供の前でね。

でも旦那さんはホントすげぇ良い人でどんだけ良い人かというと、長くなるから割愛するけど、とにかく出来た人でね。

その「離婚話」がいかに叔母さんの自分勝手な話かっていうのは、もう叔母さんの母親である家のばぁちゃんとじいちゃんが旦那さんに泣いて謝るくらいなんだ。


それでまぁ祝いの席で始まった離婚話。

最初はみんな「またかよ…」ってスルー方向だったんだけど、ふと叔母さんの娘の方見るとなんかすげぇ泣きそうだったのね。もう恥ずかしくてしょうがないみたいな感じね。

娘はすごい頑張り屋で、ホント今時珍しいくらいイイ子でね。普段の彼女知ってるから、なんかそれ見たらスゲェ腹が立ってきてさ。

で、じいちゃんも真っ赤になってて、今にもブチ切れそうだったから「チィキショイ!!俺がやってやるぅ!」って思って

「叔母さんいい加減にしろよ?(中略)みっともないぞ?」

的な言葉を言ったわけです。えぇぶちまけましたよ親族代表としてね。

あん時の叔母さんの顔は今でも忘れないね。最初真っ赤になった顔が一気に真っ青になっていってね。俺が喋り終わるやいなや

「あんたみたいなガキに何が分かるってのよっ!!」

って超シャウト。ホント内心すげぇ怖かったけど、でも「よく言った!」って顔してる親族一同の顔見たら、ここで退いたらダメだと思って、尚も喋り続けるとホント顔面蒼白になってね。

ふらつき出したんだ。


199:3:2005/06/19(日)03:05:51ID:nygdFKIR0
で、さすがにこれ以上はヤバイかな?って思ったウチの母が

「それくらいで…うん、先に帰ってなさい」

って俺ら子供集を家に戻るようにうながした。ちなみにウチとじぃちゃん家は同じ敷地にあってね、徒歩10秒ぐらいなの。

それで俺と姉貴と弟と従妹とで家に帰って、4人でゲームやってたんだ。

従妹にはホント何度も謝ったんだけど逆に「ありがとう」とか言われて姉貴と弟には「よく言ったw」とか言われて、正直まんざらでもなかったんだ。

しばらくするとウチの母が戻ってきてね、開口一番にこう言ったんだよ。

マジで一言一句忘れもしない。

「いますぐ荷物まとめておじいさん(親父方)のとこに逃げなさい」

ってね。


213:4:2005/06/19(日)04:31:12ID:nygdFKIR0

「は?何?何かあったの??」

ワクワクが隠せない姉貴と弟の声のトーンとは超対照的に母声のトーンは低くてね。とりあえず従妹に遠慮して廊下で2人で話してたんだ。

「あの後はもうアンタに対する罵詈雑言の嵐よ、罵詈雑言なんてモンじゃないわよ。『殺す』って言ってたわ。もう誰が何言っても聞きやしないし、今晩おばぁちゃんの家に泊まるみたいだし」

遠くから聞こえる桃鉄のBGM。あんなに暗く聞こえたのは初めてだった。

とりあえず色々突っ込みたい事もあったけど「まさかw?」って笑って部屋に戻ったんだ。

その後おじさんが来たり色々あったんだけど結局11時頃にはおじさんと従妹は叔母さん残して帰ってね。3時ぐらいには母も父も弟も寝てて、俺と姉貴2人で映画観てたんだ。電気消してね。

そしたら庭の方から砂利の上を歩く音がしてね、もうそん時は前おきなしで俺も姉貴も直感したんだ。

「叔母さんだ…」


214:5:2005/06/19(日)04:36:57ID:nygdFKIR0
映画の音量下げて耳凝らして外の音聞いてると確実に俺の部屋の窓んとこグルグル回ってんだよ。最初は面白半分で笑ってた姉貴も急にマジになってさ

「アタシが上手く足止めするから裏口から逃げろ!んですぐ車庫に行け!こりゃホント冗談じゃないよ」

とか言い出す始末でね。俺も軽くパニくって何かバッグに下着とか詰め始めてね。

とりあえず車のキーと財布と携帯と煙草持って裏口でスタンバイしたんだ。それで同時タイミングで外に出る俺と姉。

俺の部屋の窓と車庫は7mぐらいあって、今のままじゃ下手すりゃ車に乗ろうとすると叔母さんと鉢合わせになっちゃうんだ。だから物陰に隠れて耳を凝らしていると姉貴の声が

「叔母さんどうしたのこんな時間に?」

そっから先は姉貴の声しか聞き取れなかったけど、なんか段々声が離れていった感じがしたのね。

そんで時おり笑い声とかすんの。さすが姉貴は叔母さんに超好かれてるだけあるな!とか思いながらダッシュで車庫に行って車のエンジンをかけたのね、

「よし!行けるっ!」

そう思い、ギアをバックに入れてライトを着けるとライトの先には物凄い顔をした叔母さんの姿が映ってたんだ。あの瞬間は本当に背筋が凍った。だってさ…作業用スコップ持ってたんだもん。


215:6(最後):2005/06/19(日)04:39:33ID:nygdFKIR0
そっから先は鬼バック。急発進。

チャーリーなエンジェルも真っ青なフルスロットル。近くのコンビニに着いて速攻姉貴に電話をすると

「いやスコップですよw!でもやっぱ完全に殺意の対象はお前のみ。アタシとか全然笑顔でトークしてたよ。あの酒席で誰もお前の事をフォローしなかったのは大正解だったねw」

と大爆笑な姉。

「殺意の対象が俺のみじゃなかったらあんなむちゃな事しねぇよ」

とか言いつつも内心家族が心配でその日は姉貴と弟に寝ず番を。もちろん武装した状態で。そして明け方着いた祖父の家で自分の車を見てビックリ。

傷だらけ。引っかき傷だらけ。

つか叔母さんさ…車庫にいたのかよ…

叔母さんはその数日後、神奈川だかの病院に入院して今は退院して元気だそうです。多分。

それまでいろんな心霊スポット行ったりしたけど、生きてる人間が一番怖いです。

長々と超駄文失礼いたしました♪

ある日夜中にチャイムが鳴った。玄関に行くと包丁を持って男が立っていた。

ウチのばぁちゃんのはなし。

ばあちゃん1人暮らししてたんだよ。そしたらある日夜中にチャイムが鳴ったそうだ。その当時近所に住んでるおじさんがよく遊びに来てたから「こんな夜中に来るなんてどうしたー?」と言って玄関に行った。

包丁を持って男が立っていたそうだ。

顔とか全然知らない人だったが直感的に、あ、この人ヤバイ、と感じたらしい。で、ばあちゃんはヘタにこいつを刺激したら何されるかわかったもんじゃない、と思ってすごく優しく迎えたんだと。


「ほら、そんなとこいないで中はいって休みな。カニ食うかい?」

って感じで。それが功を奏したのか、男はなにも言わずに出ていった。そこで改めて警察を呼んで、その男は逮捕されたそうだ。

警察の話によると、どうもその男は近くに住んでる痴呆の進んだオヤジだったらしい。もし、その時にばあちゃんが対応をミスっていたら、多分今生きてなかったんだろうな…と思うと少し怖い。


283:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2011/08/04(木)14:41:39.17ID:dOsmkOFMO
ウチの母も、昔自治会長をしてた時>>266みたいな事があったらしい。

行事の準備のため、遅くまで独りで事務所に残ってたら、近所のじいさんが来たんだと。じいさんはすごく酔ってて、エライ剣幕で行政への不満をぶちまけ始めたそうだ。

下手に刺激したらマズイかも、と思った母は、適度にヨイショを挟みつつ話を聞いた。じいさんは段々機嫌が良くなり、帰る間際に笑顔で

「今日はあんたを刺してやろうと思って来たけど、もういいや」

と隠し持ってた出刃包丁を見せてきたそうな…。

母ちゃんナイス判断だったと今でも思う。

死んでも消えない怨み

学生時代、とある地方都市で下宿生活をしていた俺は、クラブのボーイのアルバイトをしていました。

そのクラブの客層は中小企業のお偉いさんが中心で、接待とかに良く使われていました。

店のトップには親会社があって、その下にマスターがいて、ママ、チーママ、その他ホステスといった感じで、女の子の中ではチーママが特に仕事ができ、お客さんからの人気も高かったんです。


俺はホステスさんや常連さんにも気に入られ、出勤するとホステスさんから弁当をもらったり、お客さんからはおひねりを頂いたり、席に呼ばれたり、楽しくバイトをしてました。

でもやっぱり女の世界でした。嫌な客をあいつに押し付けられただとか、あいつに枕営業をされて客を取られただの、ホステス同士のいざこざは良くありました。

中でも多かったのはママが特定のホステスをひいきしていて、いいお客さんにつけたり、出勤時間や同伴手当てをオマケしている。といったママへの苦情でした。

ママとその取り巻き 対 ホステスという構図が自然に出来上がり、この対立の間で、チーママはママとホステスの板ばさみになってしまいました。

ママには自分に反抗しているホステスを束ねていると思われて毎日いじめられ、ホステスからはチーママがしっかりしてないからこうなった等と言われ、チーママは次第に精神的に追い詰められてしまっていました。

マスターが相談に乗っていましたが、チーママはアルコールに依存するようになり、酔って出勤して接客中に寝たり、待機中なのに店の酒を勝手に飲んだりするようになりました。

仕事が良く出来たチーママの面影はありませんでした。

それらの事が親会社からとがめられ、チーママはホステスに降格してしまい、出勤日数も減らされ、店での飲酒も禁止となりました。


17:毒男◆B.DOLL/gBI(47):2015/08/23(日)01:20:25.547ID:FgTfw40i0
ある日の事です。

俺が出勤するともう二階に誰かいるようでした。

店の鍵を開けるのはボーイの役目なのですが、もうすでに鍵は開いていました。マスターが二階で店舗業務をしているんだろうと思い、気にしませんでした。

いつものように届いた酒を二階にある倉庫に持って行こうと思い、二階にいるであろうマスターにあいさつをしながら階段を上ったんですが、返事がありません。

まぁいいかと思い、倉庫の中へ入って行くと、とんでもない状態でした。

倉庫内にはビールや焼酎の空き瓶が散乱し、チーママが隅の方で頭から血を流して体を痙攣させながらうずくまっていました。

俺はあまりの光景に気が動転してしまい、階段を転げるように下りてすぐに救急車を呼びました。

幸い命に別状は無く、出血も大事には至らなかったようです。

マスターから事情を聞くと、どうやら彼女はアルコール依存症が同居している家族にバレて、家でも酒が飲めなくなり、閉店後に店に忍び込んで酒を飲んでいたようです。

そして酔っ払ってふらついて頭をぶつけて出血し、それでも這いつくばって酒を飲んでいたみたいなのです。チーママはアルコール依存のため、そのまま入院し、一週間が過ぎました。

俺はいつものように出勤して、一通り雑用をこなし、これまた二階にあるロッカールームの掃除をしていました。すると背後のロッカーがキィと音を立てて開きました。驚いて振り返るとそれはチーママのロッカー。

何か嫌な予感がしてロッカールームから出ようとすると、今度はジャラジャラとチーママが愛用していたドレスがロッカーから落ちました。


18:毒男◆B.DOLL/gBI(47):2015/08/23(日)01:21:15.382ID:FgTfw40i0
俺は怖くなって立ち尽くしていましたが、一階の電話が鳴っていたので我に返り、電話を取りに行きました。

電話はマスターからでした。なんとチーママがアルコールによる急性肝炎で亡くなったという知らせでした。

俺は受話器を持ったまま怖くてガクガク震えていました。パニックになってしまい、チーママのロッカーが!とかドレスが!とか口走って、店の外に飛び出しました。

すぐにマスターが来てくれて、何とか落ち着きを取り戻しました。

お店が休みになり、マスターはまだ怖がっている俺と一緒にいてくれました。その際、

「チーママは散々ママにいじめられたからな。怨みは深いぞ」

ポツリとマスターが言っていました。

十日ほどたったある日。開店前にママが一人で店の階段を上っていると、階段から頭から落ちて、病院に運ばれてそのまま亡くなりました。

ママが階段から落ちたときには、ママは一人でした。ただ俺もふくめて店の誰もがママの

「ちょっと!やめてよ!髪引っ張らないで!あー‥」

という声を聞きました。

その時、ママは誰も手を付けなかったチーママの遺品を整理しようと二階に上って行ったそうです。

以上、俺の話は終りです。長文すみません。
(コニーコニー) ConeyConey ワンショルダー セクシー エレガント チュール ドレス 膝上丈 レース リボン 付き パーティー 結婚式 二次会 フォーマル (ピンク)
3480円
販売サイトをチェック

アニメの世界からそのまま出てきたような女子(悪い意味で)に殺されかけたwwwww

携帯の怖い話まとめサイトで、俺と同じような体験した人いたんで書き込んでみる。

その話はオタクで電波の腐女子に殺されかけたって感じだったんだけど、俺とまったく同じような体験なんでビビッタw

俺は現在大学3年生。ただし、2年目の3年生だ。半年ほど休学していた。ケガでな。

俺は野球サークルの代表をしているんだが、俺と同期のマネージャーがアニメの世界からそのまま出てきたような女子だった(悪い意味で)例を挙げると、

・語尾に「にゅん☆」なり、「にゃん☆」なりを普通につける。

・ひぐらしのレナの口調を真似する。

・どこで買ったのか知らんが、恐ろしいセンスの私服。(二次元で見ると可愛いが、三次元で見るとアレな服装)

・自称ドジっ子。何もないところで転ぶ。学食でトレイをぶちまける。(徹夜で書いたレポートにカレーぶちまけられた。)


てな感じ。これがなんで野球サークル?って思うだろうが、なんでもタッチの南ちゃんとか、メジャーの吾郎の彼女(名前忘れたw)に憧れたらしい。

俺はアニメやゲーム大好きだが、さすがにこの女は引いた。それは回りも同様だったようだ。表面上は普通に話すものの、明らかに空気嫁的な雰囲気がサークルに蔓延していた。

最後の大会も終わり、代表も引退した9月。3年だけの追いコンについての話し合いをするため、3年メンバーが集まることになった。

集合場所の前の交差点で信号待ちをしていた。この時、音楽聴いていたので、周りの音はあまり聞こえなかった。思えばコレが悪かったのかもしれない。

不意に、背中を思いっきり押された。何があったのか理解できなかった。驚いて振り返ると、その女が立っていた。

その後の記憶はない。覚えているのは白いバンが目の前に迫ってきていたのと、女が「テヘ☆」的な感じで笑っていたことだけだ。


661:本当にあった怖い名無し[sage]投稿日:2009/04/20(月)18:39:09ID:hBInWx6V0
目が覚めたときは、集中治療室だった。

両親はよかったよかったと号泣した。3日寝てたらしい。アバラ4本、右足1本、内臓もやられてた。

その後、そいつとそいつの両親が謝罪に来た。泣いてあやまるのかなって思ってたら、

「ごめんね?私ドジだから☆テヘ☆」

リアルにこんな感じで笑いながら謝ってきた。殺意ってモノを初めて覚えた。両親の方もろくでなしで、

「この子は昔からドジでね。HAHAHA。」

俺と両親がいくら言っても、こんな感じ。本気で謝罪しようとしない。さすがに温厚な両親もぶち切れて、告訴した。多分、そいつまだ塀の中だと思う。

さらにその後、俺を轢いた白いバンに乗っていたお兄さんがあやまりに来た。泣きながら土下座された。

あなたはまったく悪くないっていっても、ずっと「すいません、僕が悪いんです!」と泣きっぱなしだった。

ちなみにこの人、入院中は仕事終わると毎回お見舞いに来てくれて、今ではいい友人になってる。

そんなこんなで、入院とリハビリで半年間休学した。やっぱ、親がアレだと子供もアレになるんだな・・。

オチも何もなくてスマン。ただ、本当に俺的には洒落にならん話だったんだ。
Cosgarden ひぐらしのなく頃に  竜宮レナ「りゅうぐれな」 コスプレ衣装
5250円
販売サイトをチェック

店の常連と仲良くなったが、裏稼業の人間だった

某チェーン店の居酒屋でバイトしてた頃の話。

Mさんという40代の常連がいた。常連といっても、俺がバイトを始めた頃から店に一人でやってくるようになったのだが、ほぼひと月ほどは毎晩のように通ってきた。

何でも居酒屋近くのビジネスホテルに滞在しているらしく、だいたい閉店間際にふらりとやって来て、本人定番のつまみを注文する。

それでお互い顔を覚えて、いつしか気安く対応する間柄になっていた。何せ小さな店舗で、オヤジ系居酒屋だったこともあって、カウンター内で洗い物をしているとよく話しかけてきた。


いつものようにモツの煮込みを出すと、Mさんは気味の悪い話を始めた。

若い頃にヘマをしでかし、その筋の方に拉致されて、ダムの工事現場に連れて行かれた時の話だそうだ。

Mさんは普通の労働者とは違って、飯場のような所に軟禁させていたらしい。そこには似たような境遇の人たちが十人ほどいたという。

場所は人里離れた山の中。食事のしたくは飯炊き女(50代)がまかなっていたそうだが、当然食材は近くの村から配達してもらったという。

ある夜、工事現場につながる唯一の道路が、大雨で不通になってしまった。復旧のメドがたたないうちに、三日が過ぎたそうだ。

蓄えていた食料も底を尽き、全員パニックに陥ったらしい。その時みんなが目をつけたのは、飯炊き女が残飯を食べさせていた雑種犬。

Mさんは詳しく話さなかったが、とにかくその犬を食べて飢えをしのいだという。

「それからなんだよ。動物って分かってんのかね?俺を見たらどんな犬も吠えやがるんだ、睨みつけてよ」


547:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/26 21:08
俺もMさんが裏稼業の人間であることは薄々分かっていた。

相手は店の客だし、深い付き合いにはならないつもりでもいた。でもMさんは俺のことを気に入ったらしく、仕事が終わったら飲みに行こうと誘ってくるようになった。

最初は断っていたが、ある夜、すすめられたビールで少し酔った俺は、誘いに応じてしまった。

「顔の利く店があるから」

Mさんは東南アジアからタレントを連れてくるプロモーターだと自称していたが、実はブローカー(仲買人)だった。

連れて行かれた店もフィリピンパブ。かなりきわどい店だったが、貧乏学生だった俺は結構楽しんでしまった。

Mさんは女の子と延々カラオケを歌っていたが、俺はカタコトの英語で片っぱしから女の子を口説いていた。


548:あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/01/26 21:09
一人すごくかわいい女の子がいて、その子にも話し掛けようとした時、Mさんは突然マイクを置いてテーブルに戻ってきた。

「その子はだめだぞ。俺のお気に入りだからな」

Mさんの目は笑っていなかった。ぞっとするくらい凄みがあった。

回りも雰囲気を察して、場はしらけたようになった。俺も萎縮してすっかり酔いが覚めてしまった。

Mさんは何も無かったように、再びカラオケで歌いだした。その姿を黙って見ていた俺に、さっきのお気に入りの女の子が、つたない日本語で耳打ちしてきた。

「店ノ女ノ子、全部アイツ嫌イ」

「何で?」と俺がたずねると

「ワカラナイ。デモ、ナンカ見エル時アルヨ」

「何が?」

「死ンダ女ノ子ネ。イッパイ見エルヨ」

俺は思った。Mさん、分かるのは犬だけじゃないみたいだぞ。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

馬刺しを愛すお洒落なひよこです。

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード