情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

なりたい職業の鉄板!そんなアイドルが脱退や引退を意識するのはどんな時?

2018/09/14 UPDATE
 
188 views

アイドルシーンが盛り上がる現代

「モーニング娘。」や「AKB48」、「ご当地アイドル」や「地下アイドル」など、もはやアイドルと名乗る女性の数は計り知れないほど多くいます。
しかしそれに伴い、グループからの脱退や解散も多く見られます。一般的な定年の年齢は65歳ですが、アイドルの定年は決まっていません。そこで気になるのが、アイドルが脱退や引退を意識するのはどんな瞬間なのか?
今回はそんな疑問について詳しく調べてみました!

脱退や引退を考えるきっかけは?

大手グループからの脱退や引退、グループ解散など、それらには必ず何かの要因が存在します。
まず1番に挙げられるのが年齢。
現在アイドルの低年齢化が進み、一般的にアイドルといえば15才から25才くらいがメインになり、25才ではアイドルと呼べないといった考え方になっています。そんな中、歳をとるにつれてこのままアイドルをやっていて良いのか考えるようになるようです。


次に、本当にアイドルになることが夢だったのかを考えだすのだとか。
なりたい職業に流行があるように、一時のピークは過ぎたとは言えまだまだ人気のあるアイドル。
小さな頃からアイドルだけを目指し夢を叶えても、年齢を重ねていくうちに、このままアイドルをやっていていいのか?何歳まで仕事ができるのか?と、ふと思う日がくるのです。

(ここで改ページします)

生活的に厳しい

最後に収入。
現実的ですが、ただアイドルになれても収入が伴っていなければ食べていくことはできません。多くのアイドルが存在する弱肉強食の世界で、アイドルと言う地位と収入を得ていなければ、そのバランスが崩れ一気に不安と現実が襲ってくるのです。

アイドルになれるのはほんのひと握り

アイドルは夢を売る仕事ですが、ただ若いから、可愛いからと言うだけでは生き残っていけないのです。
人気と収入が伴っていないアイドルは不安を覚え、次第に引退や脱退を考え始めます。今売れているアイドルはほんのひと握りで、表舞台に出る前に夢を諦めたアイドルが多くいるのも現実です。
アイドルはいつもかわいい衣装を着てもてはやされていて羨ましく見えますが、実はとても大変な職業なのかもしれませんね...。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード