情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

日本で一番熱い男⁉︎松岡修造が語る名言にネット上から称賛の声!

2018/12/24 UPDATE
 
528 views

松岡修造が意外な一面を披露

元男子プロテニス選手で、現在はスポーツキャスターやスポーツ解説者としてもお馴染みの松岡修造さん。
いつも明るく前向きで、熱すぎる言動が人気ですよね。
そんな松岡さんが、30日放送の『ゴロウ・デラックス』(フジテレビ系)に出演。
そこで明かされたのは、「日本一アツい男」という自身のイメージに反する「弱い」一面と、そんな弱い自分に打ち勝つための素晴らしい考え方でした。

“頑張った”というその過程こそが素晴らしい結果

今でこそ「アツイ男」のイメージですが、実はプロテニスプレーヤーになってからも「ガラスのエース」と呼ばれ、試合中不利になったときはすぐに諦めてしまっていたと、当時の弱い自分について語った松岡さん。
その経験から、ジュニアを教える立場になった際に、あえてキツイ言葉を投げかけるようになったと言います。

そのため、例え錦織圭さんを目指すジュニアがいても、「錦織圭のところに行ける可能性はある。ただ、圭の才能はお前にはない」とジュニアたちにキツイ言葉をかけるのだとか。
しかしその言葉の裏にあるのは、才能を持っていて頑張っている人はたくさんおり、たとえ結果が出なくても頑張ったという事が大切だということ。そして、「自分自身のチャンピオンになることがすべて。一生懸命やっている人はチャンピオンに見える」と語りました。

(ここで改ページします)

ネット上の反応

この名言にネット上からは
・「いろんな才能があるって本当だよね。一生懸命やる人がチャンピオンって素敵な言葉。」
・「頑張ったら報われるってそういうことだよね。成績が全てじゃない。」
・「疲れてるんかな。なんか涙出たわ。いつも前向きな姿勢は見習いたいと思える」
と、多くの人の心に響いたようです。

“褒める”というと、立派に達成できたことをイメージするかもしれませんが、結果にかかわらず頑張ったという事実が、すでに素晴らしい結果なのです

ナンバーワンよりオンリーワン

松岡さんは普段から、“才能を持っている人より本気で頑張ってる人がいるが、結果が出なかったり評価されなかったらそれは成功ではないのか?”といつも思うそうです。
そして松岡さん自身も、そのような頑張っている人からエネルギーをもらうと言います。
最後に、他人と成功を比べるのではなく、自分が納得いくように頑張り“自分自身のチャンピオン”になることが大切だと熱く語りました。

なおこうした熱い言葉を、宝塚に入る娘さんにもかけていたようです。詳しくは、下記リンクにてご覧ください。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード