情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

足立の花火穴場と屋台はどこ?大迫力の花火動画あり!

足立の花火穴場や屋台を調べて行きたいと思います。
2018/07/16 UPDATE
 
88 views

足立の花火とは?

東京の夏花火では最も開催が早い大会。1時間で約1万3600発を打ち上げ、高密度に凝縮された構成が魅力。史上初の二重ナイアガラをはじめ、スターマイン、クライマックスの曲に合わせた花火など多彩なプログラムで飽きさせない。


打ち上げ場所に近いのは千住側だが、西新井側は河川敷が広く、演出をじっくり堪能するにはこちらで見るのがおすすめだ。

場所取りは何時からが良いの?

「何時に行けば間に合うの?」

状況が変わっていなければ
17時を境に人手が急変しますので
15時到着でまず間に合うでしょう。

17時からはどっと人が押し寄せて
17時半くらいには満員になります。

レジャーシートやそれを
おさえるモノなどを
持っておくと良いでしょう。

あとは暑いし虫が気になるので
対策グッズはお忘れなく!

帰りの電車のキップや
SUICAのチャージも大事です。

念のためケータイの充電ができる
モバイルバッテリーがあれば
いざというときも安心です。

足立の花火の打ち上げ場所や時間は?

東京都足立区 / 荒川河川敷(東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間)

2018年7月21日(土)19:30~20:30


こちらで開催されるそうです。



足立の花火穴場

1.荒川河川敷運動公園(運動野球場周辺)


もうここは王道中の王道ですね。

花火を間近で見れる1番良いスポットです。

ただし、それは混雑していない場合の話であり、
当然ながらそんなことはありません。

早朝から場所取り人も多いので、
かなり気合を入れないと確保できません。

最大の激戦区となるので、
もう頑張ってくださいとしか言えないです。

いちおう下記に地図を載せておきますね。

2.荒川西新井橋緑地

こちらは打ち上げ場所とは反対側の
梅島駅のほうになります。

しかし、こちらも普通に間近で見れて、
絶好のポイントです。

しかし、北千住側よりも多少空いてるので、
個人的にはこちらのほうがおすすめです。

そうは言っても普通に混雑するので、
良い場所で見たい場合は早くからの確保が必須です。

またライトアップされてスカイツリーも見れるので、
コラボなんかも楽しめるという利点がりますね。

足立の花火2018で屋台・露店はある?

足立の花火大会会場では、残念ながら屋台・露店は出店が禁止されています。

ですが会場へ向かう道すがらの商店街では、屋台の出店があります。



食べたり飲んだりするものは、そこで買い求めてから花火の会場に入りましょう。


長い時間場所取りで滞在する予定の人は、保冷用にクーラーボックスなどがあると便利ですよ。



関原不動商店街

柳原商栄会

千住旭町商店街



こうした商店街では、夜店市として、当日夕方から模擬店を開いてます(予定)。

焼きそば、焼きとうもろこし、お菓子、ジュース、ビールやかき氷など、「花火大会らしい」飲食を調達できますよ。

足立の花火動画

足立の花火グランドフィナーレの映像はこちら!

ネットの声

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード