情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

W杯クソ試合!経済効果は凄いがパスで時間稼ぎはブーイングの嵐!

日本対ポーランドで見せた試合がクソ試合としてブーイングの嵐。 パスで時間稼ぎの作戦に賛否の声。
2018/06/29 UPDATE
 
25 views

日本対ポーランド歴史に残るクソ試合

現地時間28日に行われたロシアワールドカップ・グループリーグH組第3節、日本代表対ポーランド代表の試合は0-1でポーランドが勝利した。同時刻キックオフとなっていたコロンビア対セネガルの一戦は1-0でコロンビアが勝利しており、この結果セネガルと日本は勝ち点、総得点、得失点すべてで並ぶという状況に。しかし、フェアプレーポイントでセネガルを上回っていた日本が決勝トーナメント進出を果たしている。



日本にとって大一番となったこの一戦。海外メディアはどのように西野ジャパンを評価したのだろうか。



 80年代にGKとしてラツィオなどで活躍し、イタリアでワールドカップを中継するテレビ局『メディアセット』で解説を務めたナンド・オルシ氏は日本の前半について「宇佐美貴史は乾貴士と比べると守備的だし、サイドハーフを務めた酒井高徳は本来サイドバックであるから、あまり攻撃的ではなかった」とあまり良い印象ではなかった模様。しかし柴崎岳については「日本の頭脳」と絶賛している。



 また、同氏は「できるだけリスクを冒さないための布陣であるのはわかるが、ポーランドにはロベルト・レバンドフスキやピオトル・ジエリンスキがいる。攻撃陣には常に注意しなければならない。彼らはチャンスも作っていた。日本は吉田麻也と槙野智章以外に高さのある選手がいないので、ロングボールには十分に注意が必要」とポーランドの攻撃陣を警戒するよう促した。



 この発言の直後、日本はFKからヤン・ベドナレクに先制ゴールを奪われた。オルシ氏は「何か違うものを見せなければならない。守るものはもうそんなにない」と日本に変化を加えるようアドバイスしている。



 しかし西野ジャパンは、セネガルがリードされているという状況を把握し、試合終盤はリスクを冒さず後ろでボールを回し時間稼ぎに入った。ポーランドもリードしているため、前からプレスをかけにはこない。そのまま試合は終了し、日本は2大会ぶり3度目のワールドカップベスト16入りを果たしたのである。



 試合の終わらせ方についてオルシ氏は「正直なところあまり好きではないが、リスクを冒さないためにこの選択をした意味はわかる」と理解を示していると表明。

時間稼ぎの試合でブーイングの嵐!

SNSはブーイングの嵐だったようだ。

経済効果は凄い!

決勝トーナメント進出は日本の景気にも大きく影響する。決勝に進んだ場合の市場効果は3000億円~5000億円にも上るとの見方もあり、今回の西野監督の英断はその損失を防いだ形だと言える。


飽くまでチームは「日本代表」であり、観客を「気持ちよくさせる」ためにプレイしている訳ではない。エンターテイメントとしてのスポーツを楽しみたいなら素直に高校サッカーでも見ていれば良いという考えの人もいるようだ!

決勝トーナメントに期待

ポーランドとの戦いでブーイングを受けてしまった日本ですが、冷静に考えれば確実に勝てるように作戦を切り替えたようにも捉えられる。


勝負の世界は勝つか負けるかということ。



日本代表はグループHを2位で通過。決勝トーナメント1回戦では、グループGを1位で突破するイングランド代表と対戦する可能性が高いという。その他、ブラジル代表とドイツ代表の優勝候補同士の戦いが同ラウンドで実現すると予想されている。



 もちろん、今回の予想はあくまで“予想”に過ぎない。波乱続きの今大会だけに、さらなるサプライズが起こったとしても不思議ではないだろう。予想を楽しみつつも、それを裏切る好ゲーム、そして日本代表のさらなる躍進を期待したいところだ。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード