情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

日本人が開業したおにぎり屋がドイツで大人気!その理由がまた凄い!!

2018/06/21 UPDATE
 
2,240 views

日本食ブーム

ミュンヘンはドイツの中でも、自国の文化を大事にする住民が多い都市で、伝統的な南ドイツ料理店やビアホールなどが多数存在します。

しかし、そんなミュンヘンで最近、日本食がブームになっていて、なんと和食レストランに地元のミュンヘンの人たちが、行列になることもあるそうです。

そんなミュンヘンの和食店でもっとも今話題なのが、ドイツ在住歴30年の男性が経営するおにぎり店『Oh! Musubi』とのこと。

一体どういうことなのでしょうか。

ドイツで大人気!

この『Oh! Musubi』は独特なアニメキャラが描かれたキッチンカーで、オフィス街をメーンに出店し、日本食材店への商品提供やケータリングも行っているそうです。

そして、オープンは11時半にもかかわらず、準備をしている最中にもドイツ人の男女が弁当を買いにくるという盛況ぶり。

一番人気の、鶏照り焼きをごはんに載せた『とりてり丼』が目当てのようす。

ランチの12時からピークタイムだけで、30個以上売れることもある人気商品とのこと。

この味を求めて、まだ12時前にもかかわらずドイツ人で行列ができるほど大盛況。

(ここで改ページします)

なぜ『Oh! Musubi』は人気?

ドイツで大人気の『Oh! Musubi』、ほかのキッチンカーも多い場所で、なぜはここまで人気なのでしょうか?

経営者曰く、ドイツで日本食が人気なのは、今に始まったことではありませんが、ドイツ人の和食好きは増えていると思います。

そして、キッチンカーのためさまざまな場所で店を開き、ドイツ人が多く働くオフィス街以外にも、日系企業がある場所でも出店しているので、日本人のお客さんも多いとのこと。

このように、『Oh! Musubi』が人気なのは、ミュンヘンのさまざまな場所で店を開き続け、ドイツ人たちで話題となった結果のようですね。

そして、店名にもなっているおにぎりも激ウマのようで、ほんのりとご飯に塩味がついており、具のシャケもたっぷり日本のおにぎり専門店に匹敵する美味しさとのこと。

異国の地ドイツで、日本の美味しさを伝えるために切り盛りする『Oh! Musubi』これからもぜひ頑張って、日本に逆輸入も期待したいですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード