情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

イモトアヤコはハモネプに出ていた!当時からただならぬ存在感www

イモトアヤコは珍獣ハンターになる直前、ハモネプで熱唱しただならぬ存在感を醸し出していた!
2018/06/17 UPDATE
 
3,886 views

イモトアヤコは文教大学の学生からなる

「高木ブーとキャンプ」という名前で

ハモネプに出演していた!

ハモネプとは

ハモネプリーグはフジテレビ系列の
人気バラエティ番組のコーナーの名称。
 

略称は「ハモネプ」。


「力の限りゴーゴゴー!!」という番組の
最終回まで放送した人気レギュラーコーナーで、
司会はネプチューン。


このコーナーから
プロデビューしたユニットもいる。


タイトルのハモネプは、
ハモるのハモと司会のネプチューンのネプを
略している。


代表は世界アカペラ連盟の日本支部長
犬飼將博(堀内健がパロディで牛飼をやった)。

全ての音を体で奏でるアカペラ

アカペラ=無伴奏


一般的なJ-POPやバンドでは、
メインボーカルの他に


ギターやドラム、キーボードなど、
楽器を演奏するメンバーがいますが、


アカペラはギターやドラム
やっていることを人の声でやります


こんな感じです↓♪

イモトアヤコがハモネプリーグに出演

なんとイモトアヤコは、
2007年9月18日に放送された、


「第4回 青春アカペラ甲子園
全国ハモネプリーグ2007夏」


に出場していました。


イモトは文教大学の学生時代である、
2006年から芸能界に入り、


2006年のM-1グランプリに挑戦するなど
活動はしていた。しかし、


まだほとんど無名だったので
ハモネプ出場もかなりのファンでないと
知らないと思います。


彼女のグループは文教大学の学生からなる
「高木ブーとキャンプ」
という名前でした。


曲はC-C-Bの「Romanticが止まらない」


ちゃんとしたハーモニーとダンスを
取り入れたパフォーマンスを見せていたが、


そこはイモト。


独特なダンス?で会場を笑わせていた

ハモネプで歌を披露したイモト

高得点をたたき出しながらも
決勝へは進めなかったですが、


この時の大会でもっとも観客を湧かせたのは
イモトのグループでした。


就活がうまくいかなく、
地元に帰ろうかと言っているイモトですが、


この直後に珍獣ハンターとして
活躍するようになりました。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード