情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

闇サイトの売人達の商品一覧がヤバすぎた!

闇サイトの売人達の商品一覧がヤバすぎた!一体どんなものを扱っているのか?
2018/06/16 UPDATE
 
3,374 views

闇サイトとは

闇サイト(やみサイト)とは、犯罪などの違法行為の勧誘を主目的としているウェブサイトの総称を示すマスコミの造語である。ネット社会においては一般的に「アングラサイト」と呼ばれることが多い。



殺人や恐喝などの犯罪行為の請負や、違法行為の仲間を求めるものなど、反社会的な問題行為に荷担してしまうものが殆どである(但し、全ての闇サイトが違法であるというわけではない。例えば自殺の具体的手法を解説したサイトは一般的に反社会的であるとみなされるが、法律上の関係から犯罪ではない)。



単語そのものは、2005年10月頃からメディアで使われ始めたが、闇サイトの名が一躍有名になったのは2007年の闇サイト殺人事件がきっかけで、同年の新語・流行語大賞の候補語にもなった。



こうしたサイト立ち上げの動機は、日本テレビのNEWS ZEROが行った取材によると、広告収入(アフィリエイト)を目的にサイトを立ち上げ、犯罪の勧誘が行われても無関心という開設者の実態が報道されており[4]、日刊ナックルズが闇サイト運営者へ直接行った取材でも、その運営者が広告収入目的で立ち上げたことを告白しているなど、広告収入目的で立ち上げられた例が報道されている。

闇サイトの例

殺人依頼など、違法行為の依頼や仲間を募集をするもの

集団自殺志願者を募るもの(→自殺系サイト)

拳銃、違法薬物を売買するもの

銀行口座の売買

携帯電話の名義貸し

児童との淫行を助長するもの

わいせつ画像を公開するもの

児童ポルノに該当する媒体を扱うもの

個人情報を売買するもの

特定の個人への誹謗・中傷などを書き込むもの

違法行為を奨励するもの

闇サイトの売人が売っているヤバイもの一覧

刑務所サバイバルガイド

1000ページをゆうに超える興味深いPDFが売られていた。以前、囚人だった人が作者で、刑務所で生き延びる方法や刑務所内外でのドラッグ入手方法、ギャングなどについて書かれていたらしい




学位とパスポート

ダークウェブでは、「パスポート」から「学位」「NeflixやHuluにログインするためのアカウント」など多岐にわたる偽の証明書や認証情報などが購入できる。

あるRedditユーザはこう語る。

「偽の医学博士号を見つけた。999ビットコインで買おうかと。5万ドル以上するけど」




違法薬物

有名な闇サイトでは売人が自慢の商品であるヘロイン・LSD・大麻など違法な薬物を並べてるとのこと。


まとめ

闇サイトでは通常では買えなような商品が多数存在する。

絶対に覗かないことをオススメする。


犯罪に巻き込まれる可能性は非常に高いです。

コメント

4
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード