情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

闇サイトの探し方!検索エンジンで探すのは難しいが探し方はある!

闇サイトの探し方はあるのでしょうか。検索エンジンで探すのは難しいですが探し方はあるようです。
2018/06/14 UPDATE
 
2,157 views

闇サイト検索エンジンで探せない理由は?

インターネットの世界では

すでに閉鎖されたアルファベイやシルクロードのような

闇サイトが数多く存在しています。

あなたも何かを検索する場合は

GoogleやYahooなどを利用していると思います。

普通であればこれらの検索エンジンが

該当するサイトを探し出してくれます。

これは「表層WEB」というところに存在しています。

もちろんこのブログも表層ウェブですね。

ところが検索エンジンでは探せないのが「深層WEB」と言われているもので

いくら検索しても探すことはできません。

ここで情報や物品などが交換

売買されているサイトをダークウェブと呼んでいます。

表層WEBと深層WEBが占める割合ですが

深層WEBが90%以上を占めているとも言われています。

私たちが検索できる件数は無数とも言えるくらいたくさんあるのに

それをはるかに上回る数の闇サイトが存在しているのです。

ただ注意したいのが

これらが全て悪いサイトかと言えばそうではありません。

ですがその中(実際にどれくらいかあるかは不明ですが)

には違法な取り引きがおこなわれているサイトがあるのも事実です。

一般に知られていない別のもう一つの世界がある…

なんとも怖い話ですねぇ。

アルファベイやシルクロードでも同様に

違法な取り引きがされていました。

その内容は麻薬などの違法薬物や拳銃などをはじめ

盗品にいたるまであらゆるものが売買されていたと言います。

そして、アルファベイだけで利用者は20万人以上で出展者も4万人と言われましたから

他の闇サイトを含めると相当の数になるでしょう。

怖くて実際に検索したことはありませんが

思いもよらないものが売られているんだと思いますよ。

きっと想像をできないようなものが…。

日本でも以前から闇サイトの存在が確認されていますが

そこでも違法薬物などが販売されているようですね。

今や…昔から?海外だけの話しではなく

身近なところで隣り合わせているのかもしれません。

闇サイトの探し方は?

普通ならばインターネットで違法な売買を行えば

当然御用となってしまいますね。

さらにそんなサイトに接続しただけでも

身元がバレて監視されてる可能性もあります。

これに対処するために匿名化ソフトが使われています。

もちろん悪い事をするためだけではありません。

自分でプライバシーを守るためには有効な手段なのです。

その仕組みはいくつものサーバーを通って接続されるため

各サーバー間の追跡が非常に困難になります。

もう一つの探し方が

ディープウェブ検索エンジンと呼ばれるものです。

こちらもご自身で責任を持てない場合は

見ない方が良いでしょう。

というのも場合によっては監視の対象とされる可能性があります。

また、違法な行為をすることだけは絶対に避けましょう。

検索エンジンで探すのは難しいが探し方はある!

ディープウェブとは何か

ディープウェブとは

GoogleやYahoo!といった標準的な検索エンジンではインデックスされないデータを意味する。

これには、ユーザーデータベースや登録が必要なWebフォーラム

Webメールのページや有料コンテンツのページといった検索エンジンが見つけられないWebページ全ても含まれる。

そして、隠されたディープウェブの特別な一部として、「ダークウェブ(ダークネット)」が存在する。

ディープウェブやダークウェブは

ネットユーザー全員にとって興味をそそられるトピックである。

しかしディープウェブやダークウェブという言葉を耳にすると

大抵の人は一種類のものだけを想起する。

だが、もしそうだとしたら、それは間違っている。

ダークウェブとは何か

ダークウェブは

完全に匿名のまま追跡されずに操作できる場所である。

ダークウェブはディープウェブに比べるととても小さい規模で

ドラッグや武器

殺し屋までをも販売する全く異なる種類のWebサイトで構成されている。

表層Web上でこういったものが見えないようにするために

「秘匿ネットワーク」があり

そのURLは最後に「.onion」が付く。

これらの[Webサイト名].onionというドメインは通常の検索エンジンにインデックスされず

Torを参照するための「The Onion Browser」という

特別なソフトウェアを使用することでしか

ダークウェブにはアクセスできない。

Torは無料で

誰でもダウンロードできる。

我々の多くは

米国の連邦機関の捜査によって最大規模のオンラインアンダーグラウンド市場

「Silk Road」が閉鎖された時にダークウェブについて耳にした。

しかし、Torの必要なしに通常のブラウザーでも

ダークネットコンテンツを掘り下げられるとしたら?

Torなしにディープウェブをサーフ・検索する方法

解決策:ディープウェブ検索エンジン

Googleのような検索エンジはとても強力だ。

しかしこれらの検索エンジンは

一般的なDNSサービスからハイパーリンクやアクセスされない

大量のデータをクロールしたりインデックスすることができない。

しかし、Torネットワーク上をクロールして

通常のブラウザーで同様の結果が得られるディープウェブ検索エンジンがある。

下記がそのようなダークウェブ検索エンジンの例だ。

Onion.City
Onion.to
Not Evil
Memex Deep Web Search Engine

また、下記はディープウェブ検索エンジンの代表的なものだ。

The WWW Virtual Library
Collection of Deep Web Research Tools
Surfwax
IceRocket
Stumpedia
Freebase
TechDeepWeb

これらのディープウェブ検索エンジンはTorやリレーを介して

onionサービスに接続し

.onionのリンクを解決する。

それから

通常のワールド・ワイド・ウェブ上の一般的なブラウザーに最終的な結果を届ける。

しかし、一般的なブラウザー上でディープウェブやダークウェブを閲覧することは

ある事態を招く。

このような方法を採ることで

これらの.onion検索の結果が皆さんにも

私にもそしてGoogleまでにも見られるようになるということだ。

加えて、検索時のプライバシーを確保できるDisconnect

DDG、IXQuickといった追跡されない検索エンジンがTor文化では人気である。

Torの重要性

単にTorを介してアクセスするのは

違法な行為だとは見なされていない。

しかし法律上の疑惑を招くのは事実である。

検閲の厳しい国のジャーナリストや研究者

あるいはスリルを求める人々が

Webブラウジングの傾向や実際の居場所を隠すためにTorを利用し

ディープウェブで情報を匿名で交換してきた。

しかし、Tor増加の背後にある大きな理由の1つは

NSAの監視プログラムである。

ここ数年のジュリアン・アサンジやエドワード・スノーデンの暴露事件後

一般市民はインターネット上での自分たちのプライバシーが

侵害されていることを恐れている。

インターネットへの信頼は失われ

連邦機関の取り組みを阻止するために暗号の要望が活発化した。

これがTorの需要に繋がったのだ。

TorのおかげでWebユーザーは

自分たち自身や彼らの実際の身元を連邦や諜報機関から隠して

恐れることなくインターネットを放浪することができている。 

Torが連邦機関の狙う標的の一つになった理由はこのためである。

Torは長期間政府の諜報機関の標的となっているため

大部分のネットユーザーはTorを使用することはもはや安全だと感じていない。

「ダークウェブ」に潜むのは誰か

研究者 Daniel Moore氏とThomas Rid氏が実施した調査

(彼らの本 Cryptopolitik and the Darknetにある)

によると、ポルノや違法金融、ドラッグの拠点、武器の密売、偽造通貨の流通といった

違法なコンテンツがダークウェブの57%を占めていることが分かった。

ネットユーザーは違法行為をダークウェブにもたらした。

これによって、今日のダークウェブが「情報のプール」ではなく

何か違法なものと見なされるようになった。

しかし、ダークウェブを利用する理由は数え切れないほどある。

最終的にはネットサーファーが何をサーフするかに

委ねられているのではないだろうか。

ダークウェブに犯罪行為というレッテルを貼ることで

ダークウェブ内の正当な目的が見えなくなることがしばしばある。

コメント

1
  • 1. まとめいく訪問者
    2018-12-04 20:43:42 [通報]
    しったかぶり!
    0
    0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード