情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

都市伝説 人類滅亡?2018年6月24日 ヨハネの黙示録で予言される...

都市伝説 人類滅亡?2018年6月24日 ヨハネの黙示録で予言される...
2018/06/20 UPDATE
 
4,151 views

【人類滅亡】2018年6月24日人類滅亡? ヨハネの黙示録で予言される...

“ノストラダムスの大予言”で世界の終わりは

「1999年7月である」と予言され、

マヤ歴が2012年12月で終わることから

“終末の日”である

と数々の人類滅亡に関する予言が

登場しました。

その中で、新たに注目を集めたのが

“聖書予言”がメディアを騒がせています

『新約聖書』の中で、預言書的性格を持つ

『ヨハネの黙示録』を分析することで

終末の日の日付を特定したのは

マテュー・ジャン=マルク・ジョセフ・ロドリグ氏。

ロドリグ氏は、黙示録の中で”終末の日”に関わる

最も重要なフレーズを2つ見つけました。

(ここで改ページします)
この獣は、傲慢な口汚い口を与えられ、42カ月間活動する権威を与えられた。
その数字は人間を指している。その数字とは666である。

この“42”と“666”という2つの数字を

手がかりに独自の方程式を使って

この世の終末が

2018年6月24日であると算出。

更に、ノストラダムスも2018年6月に

”今の世界がいったん終わる”ことが

研究の結果明らかに。






ノストラダムスが残した水彩画を

解読すると、2018年6月に

「天国の女王・マリアの2度目の死が訪れる」

ことが指摘されており

2018年の夏には、新しい人類が

新たな文明を作り始めるという...





今回新たに明らかになった”人類滅亡の日”

果たして本当に起こるのか?




まだまだ油断できません…

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード