情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

消えた川越シェフ、顔面崩壊で「僕の存在は忘れてもらいたい」

消えた川越シェフ、顔面崩壊で「僕の存在は忘れてもらいたい」
2018/04/30 UPDATE
 
5,685 views

川越シェフのプロフィール

川越 達也は、日本の料理人、タレント。株式会社タツヤ・カワゴエ代表取締役。株式会社ファイズマンエンターテインメント所属 宮崎県東諸県郡国富町出身。血液型O型。宮崎県立本庄高等学校出身。 ウィキペディア
生年月日: 1973年3月7日 (年齢 45歳)
生まれ: 宮崎県 国富町
身長: 167 cm

川越シェフのデビューや経歴について

下積み時代の後は、創作イタリアン「ティアラ・K・リストランテ」をオープンさせており、2006年には店名を変え「タツヤ・カワゴエ」として代官山に移転しました。

すると瞬く間に予約をしないと入れない人気店となり、2ヶ月待ちということもあったようです。
その後はイケメン料理人として数々のテレビ番組に出演していました。

川越シェフが顔面崩壊との噂の真相

川越シェフの右目の傷について「ダウンタウンDX」という番組内で「ガラスに思いっきりぶつかった」という理由を話していました。

このことについてネットでは「他の傷が完治してるのに、右目だけ内出血しているのは不思議」「殴られたのでは?」と話題になっています。

川越シェフの干された理由とは

(ここで改ページします)

2013年に口コミのグルメサイト「食べログ」で、一般客が「水に800円取られた」と書き込みがありました。

川越シェフはその書き込みに対して「年収3〜400万の人が水にお金がかかる高級店に行ったことがないだけで、そんな人たちが書き込むコメントはくだらない」と反論しました。

この発言について人気は激減、視聴者からもテレビ局からも総スカンを喰らったというのが事実に近いようです。

川越シェフの現在は?

川越シェフの現在はレストランシェフの仕事は行なっていないようです。

最近の仕事に関しては、野菜などの通販事業やショッピングモールでの料理イベント、ここ数年ゴルフにハマっていて、専門誌で連載を持っているなど、代官山の「タツヤカワゴエ」のレストランは長期休業しているとのことです。

Twitterの反応

川越シェフの現在は、シェフの仕事は休業しており、右目に大きな傷や炎上コメントが原因で以前のような人気者ではなくなっているようです。

本人も「出来ることなら世の中の人から僕の存在は忘れてもらいたい」とコメントするほどです。

しかし、テレビ出演等しなければ基本的に世間は忘れていると思うので、本人の希望通り、家族と静かに暮らして頂きたいところです。


参考にしたサイト▼

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

雑学・芸能・趣味・雑談どんどん書きまっせ!

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード