情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

両親の組み合わせで予想される、赤ちゃんの血液型とは??

2018/03/30 UPDATE
 
3,794 views

ABO式血液型

血液型の分け方は、1990年にユダヤ人の医学者、カール・ラントシュタイナー氏が発見した「ABO式血液型」が使われます。


両親の血液型の組み合わせによって生まれてくる赤ちゃんの血液型が予想することができるのです。



今回は色々な血液型の組み合わせで予想される赤ちゃんの血液型を紹介しようと思います。

組み合わせによって変わる血液型

血液型はA型、B型、O型、AB型があります。

両親の血液型の組み合わせによって生まれてくる赤ちゃんの血液型が予想できます。

A型とA型では、A型の赤ちゃんが生まれてくる確率は84%、O型は16%です。

A型とB型では、A型の赤ちゃんが生まれてくる確率は26%、B型は23%、O型は17%、AB型は34%です。

A型とAB型では、A型の赤ちゃんが生まれてくる確率は50%、B型は17%、AB型は34%です。

O型とO型では、O型が100%となります。

O型とA型では、A型の赤ちゃんが生まれてくる確率は60%、O型は40%です。

O型とB型では、B型は57%、O型は43%です。

O型とAB型ではA型の赤ちゃんが生まれてくる確率は50%、B型は50%です。

B型とB型では、B型の赤ちゃんが生まれてくる確率は81%、O型は19%です。

B型とAB型では、A型の赤ちゃんが生まれてくる確率は22%、B型は50%、AB型は28%です。

AB型とAB型では、A型の赤ちゃんが生まれてくる確率は25%、B型は25%、AB型は50%です。

(ここで改ページします)

優性と劣性

ちなみにA型はAAとAOに分かれていて、B型はBBとBOに分かれています。

さらに血液型には優性と劣性があって、A型が優性でO型が劣性なのでAO型でもA型となるのです。

つまり、A型同士の人の子供がO型であるということもあるのです。

O型とO型では、O型の赤ちゃんが生まれてくる確率が100%です。

血液型の組わせによって生まれてくるはずのない血液型で生まれた場合は、両親のどちらかが自分の血液型が違うのかもしれないです。

もしかすると本当に違う血液型の子が生まれてくるということもあるかもしれませんね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード