情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

ZOZOTOWN 田端信太郎の発言は炎上商法?退会祭りに全く動じず

LINE役員を退職しZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイのコミュニケーションデザイン室長に就任した田端信太郎さんですが、就任早々SNSで問題発言をしてしまい炎上しています。本人が動じてない様子から炎上商法の可能性も浮上!?
2018/03/14 UPDATE
 
259 views

ZOZOTOWN室長、市民を馬鹿にし大炎上!!

先日、LINE役員を退職しZOZOTOWNを運営する株式会社スタートトゥデイのコミュニケーションデザイン室長に就任した田端信太郎さんですが、就任早々SNSで問題発言をしてしまい炎上しています。


ここ数年、SNSの普及により便利になったこともありますが、有名人著名人の発言はとても影響力が強く、気を付けなければ大惨事を招いてしまいます。


田端さんは、大衆的なサービスを取り扱う企業にいるにもかかわらず、以下のような一般市民を馬鹿にする発言をしてしまいました!

これは、日経ビジュアルデータの『2016年に源泉徴収で所得税を納めた給与所得者は4112万人で、納税額は9兆418億円になります。このうち49.9%にあたる4兆5167億円分を、給与所得者全体の4.2%に過ぎない「1000万円超」の人たちが負担しています。』という文をリツイートしてのコメントでした。


この一般市民を“衆愚”=多数の愚者として馬鹿にした発言に対して批判が殺到!!


ツイッターは大炎上となりました。


田端さんには以下のようなリプライが多数送られています。

高額納税者にとっては、そう思いたいのだろうという気持ちはわからないでもないですが、
田端さんがこのような発言をしてしまうとそれはZOZOTOWNならびに株式会社スタートトゥデイの公的見解として見られる可能性があるということを考えなかったのでしょうか。


案の定、みんなの怒りはZOZOTOWNに向けられてしまします!

ZOZOTOWN退会祭り

この田端さんのツイート炎上事件を受け、怒りが爆発したZOZOTOWNの利用者が次々とZOZOTOWNを退会し始めます。


そして退会画面をスクショしてツイッターにアップする「#ZOZOTOWN退会祭り」がツイッターのトレンド入りしてしまう事態にまで発展してしまいました。


ZOZOTOWNは日本全国幅広い層の人、いわゆる一般市民が利用する買い物サイトであり、手頃なアウトレット商品が多数あったり、ツケ払いサービスを提供するなど、完全なる大衆向けサイトです。


そこに就任したにも関わらず、一般市民を“衆愚”呼ばわりしては不味いですよね。


こうなることは予想できたことだと思います。


ちなみにこの問題のツイートは現在も消されておらず、釈明などもないことから、本人は全く気にしていない様子です。


なんと、田端さんはLINE時代から「憲法って、ただの紙の上に書かれた文章」「お金を稼ぎたいなら生命保険に入り、水の入った洗面器に顔をつければいい」などと発言し度々炎上していたようです!


炎上慣れしてしまっているのかも知れませんね。


最近では炎上商法といってわざと炎上発言をして注目を集めるビジネスもありますが、今回に関しては退会者続出な上に、ZOZOTOWNのイメージが悪くなってしまったので、炎上商法だとしたら失敗だと思いますが・・・


それとも本気で高所得者のみ相手にしたセレブサイトでも作るつもりなのでしょうか(笑)


真意のほどは謎ですね。


室長就任早々やらかしてしまった田端さんの今後の動向に注目です。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード