情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

41歳無職の男、ハローワークに電話しただけで逮捕?!その真相とは!!

2018/03/06 UPDATE
 
288 views

無職男、ハロワに電話して逮捕?!

ハローワークはみなさんご存知の通り


求職者に職業を紹介してくれる


公共の機関です。


ハロワや職安とも言われますよね。


今回紹介するのは宮城県石巻市にある


ハローワークに電話を架けた


41歳無職の男性の話です。


彼はなんとハローワークに電話を架けた


だけで逮捕されてしまいました!!


一体どうして?と思いますが、


それにはちゃんとした理由がありました。


それは「無言電話」です!!


無言電話といっても


なかなか1回や2回で逮捕されることは


まずないですよね。


この無職の男、無言電話の回数が


尋常じゃなかったのです!!

次のページに続きます
(ここで改ページします)

無言電話の回数がヤバい!!

この無職の男がハローワークに


無言電話を架けた回数はなんと・・・


1日で159回!!!


・・・狂気としか思えませんよね。


しかもすべて無言です。


男は1月の31日の午後2時半から


2時間半かけて無言電話を


架け続けたようです。


2時間半職員が手を取られるとなると


かなりの迷惑が掛かりますよね。


仕事の電話なので出ないわけにもいきません。


そうして男は通信記録から発信源を特定され、


無事逮捕となってしまいました。


無言電話で逮捕・・・


情けないうえにとっても地味・・・。


どうしてこんなことをしてしまったのでしょう?


ネットでは様々な考察がされています!

次のページに続きます
(ここで改ページします)

男はどうして無言電話だったのか?

無職の男はなぜ無言電話を


してしまったのでしょう?


しかも159回という尋常じゃない回数を!


警察によると男は


「ハローワークに言いたいことがあった」


と供述しているようです。


つまり、それが本音なら


男は無言電話を初めから嫌がらせで


するつもりはなかった


ということになりますよね!!


これに対してネット上では数々の


面白い考察がされています。


「乙女だったのでは??」


「テレパシーで伝えたのでは?」


「完全にコミュ障。
必要なのは逮捕ではなくて、治療」


「ハローワークに電話する勇気があるだけ俺よりまし」


「電話応対のない仕事をくださいと伝えたかったんやね」


などなど、中でも


コミュ障過ぎて言いたいことが


本当に言えなかったのでは?


という同情の声が意外にも目立っていました。


もし男性は本当に仕事を探していて


ハロワに電話を架けたがコミュ障がゆえに


勇気が出ず、電話を切ってしまうということを


繰り返してしまったのだとしたら・・・


かなり切なくなりますね・・・


彼なりの努力だったのかもしれませんね!


まあ、ただの嫌がらせの可能性もありますが。


罪をしっかり償って、今度こそは


仕事に就けるようになるといいですね!

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード