情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

羽生結弦選手がスケートを始めた”意外なきっかけ”

天才と呼ばれた羽生結弦選手がスケートを始めたきっかけは意外なものでした
2018/03/08 UPDATE
 
144 views

羽生結弦選手といえば・・・・

羽生結弦選手といえば、平昌五輪で66年ぶりの連覇を果たし


更に注目を集めることとなったフィギュアスケート選手



ネットでも今回の連覇達成に多くの声が上がりました

そんな羽生選手がスケートを始めた意外なきっかけとは・・・?
(ここで改ページします)

そんな羽生選手がスケートを始めた意外なきっかけ

羽生結弦選手は
「日本のフィギュアスケート発祥の地」


と言われる宮城県仙台市で育ちました。


そんな羽生選手の4歳年の離れたお姉さんが


スケートを始めた際


よく、お姉ちゃんについて行っていたという


お姉ちゃんがスケートを滑る姿を見て



自分もやりたい!っと思ったんだとか


本人の意思を尊重して、羽生選手もスケートを


始めましたが、両親にはもう一つの目的がありました



実は羽生選手

喘息持ち

なんです。


フィギュアスケートは室内のスポーツの為



ホコリをあまり吸い込むことがなくなるので



喘息持ちでも負担が少なく行えます



両親の気持ちとしては、喘息を治す為


というのがあったようですよ

野球か?フィギュアスケートか?羽生選手が悩んだ2つの道

今となっては、羽生選手=フィギュアスケートのイメージが



強いですが、羽生選手は父親が野球好きということもあり



野球も大好き。



フィギュアスケートでつまづいたとき、野球に進もうか



悩んだこともあったそうです



羽生選手が野球に進んでいたら、今の羽生選手はなかったでしょう

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

雑学・芸能・趣味・雑談どんどん書きまっせ!

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード