情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

です。ラビッツ 過激なリリースイベントでまた炎上か?ついに一緒に旅行、カラオケに行けるアイドル現れる。

少し前に炎上商法と話題になった、”です。ラビッツ”の新しい楽曲、『みんなおいでよ!ですラビランド!〜アイドル界の闇〜』がリリースされました。 このリリースイベントの内容が驚きの内容となっており、 また炎上を狙っているのではとの声も...
2018/02/25 UPDATE
 
625 views

です。ラビッツ 過激なリリースイベントでまた炎上か?ついに一緒に旅行、カラオケに行けるアイドル現れる。

少し前に炎上商法と話題になった、”です。ラビッツ”の新しい楽曲、


『みんなおいでよ!ですラビランド!〜アイドル界の闇〜』がリリースされました。


このリリースイベントの内容が驚きの内容となっており、


こんなことやっても大丈夫?との声も上がっています。


詳しく調べてみました。

です。ラビッツとは?

アイドルグループ、usa☆usa少女倶楽部からの派生ユニットとして2013年11月に活動を開始する。結成時は「デスラビッツ(DEATHRABBITS)」の名で活動していたが、2016年11月に行ったワンマンライブで「です。ラビッツ(DESU.RABBITS)」への改名が発表された。

メンバーは、大川柚、望月愛実、安井夏鈴、部長(神崎晃)


※尚、部長をメンバーとして認めていないファンもおり、ゆず・えみ・かりんの3人を「正規メンバー」と呼ぶこともある

出典:

話題となった炎上商法とは?

今回のリリースイベントをご紹介する前に全開の炎上商法について


ご紹介します。


問題となったのは、こちらの『はなさくさん』が投稿した漫画でした。


内容が過激なものになっているので閲覧注意です。


さすがにこのような漫画が突然投稿されると、


ファンの方も心配しますよね。


です。ラビッツのメンバーにこのようなおぞましい事が起こっているのではと


ファンの心配の声が相次ぎました。


公式アカウントもこのように警笛を鳴らします。


そして、『はなさくさん』から最終話が投稿されます。


なるほど…。というオチですね。


この後の公式アカウントと『はなさくさん』のやりとりで


すべては仕組まれていたということが発覚します。


すべては注目を集めるための演出だったようです。


しかし、内容が残酷なものであることや


心配させたファンの気持ちを踏みにじるような行為だと


不快に思った人も多く、


炎上商法だと言われバッシングを受けました。


確かに内容が内容ですよね…。


そして、この炎上商法によってコラボが発表された


『みんなおいでよ!ですラビランド!~アイドル界の闇~』が


つい先日リリースされました。


今度はそのリリースイベントが話題となっています。

『みんなおいでよ!ですラビランド!~アイドル界の闇~』のリリースイベントとは?

話題となっているイベントはこの『闇レギュレーション』です。


購入したCDの枚数で得点を手に入れられるようです。


なんと枚数によってはメンバーとカラオケや、飲み会、旅行もできる


というもののようです。


ファンにとってはお金が掛かりますが、夢のような企画ですね。


ちょくちょく現役アイドル(部長)とのものがあるので


これはどうやら罠のようですねww





このネタのようなリリースイベントですが、


本当に買ったら実施されるのでしょうか。


もし、実行されるのであればメンバーはまだ高校生ですので


ファンの男性と旅行やカラオケに行かせるのは問題かなとも思いますね。


また、このような商法をしてもいいのか少し疑問にも思います。

ネットの反応

・馬鹿じゃね?置くとこ無いじゃん
値段が高いCD売ればいいのに


・そもそも一万もプレスしてないだろ


・こんなのが横行したら
地下アイドルにハマると
身ぐるみ剥がされる時代になるぞ


・違うアイドルだけど公式サイトみたら同じような特典会商法やっててファンはやめようと思った
これ公になったら批判されるし規制はいるんじゃないの?


・裏オプとかありそうだな、こういうの


・そもそも他のグループと比べて全部高くね?


・全員分の旅費を自己負担なんだろうなー

まとめ


ネット上でも賛否両論ありますね…。


新しい商法を次々と打ち出している、


です。ラビッツですが今回は炎上しないといいですね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード