情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

近隣住民の通報で大麻所持の犯人が逮捕!しかし注目されたのは通報した近隣住民の方だった!?

2018/02/16 UPDATE
 
11,510 views

近隣住民の通報で発覚!

今月7日、営利目的で大麻を所持したとして奈良県警組織犯罪対策課などは、大麻取締法違反の疑いで、奈良県の会社員の男性2人を現行犯逮捕しました。

しかし今この逮捕劇より注目されているのがなんと情報提供者なんだとか!

県警組織犯罪対策課によると、実は昨年11月に近隣住民から通報が入っていたといいます。

いったいなぜ注目されているのでしょうか?

情報提供者が怪しいと話題に!

近隣住民の情報提供により逮捕された男性2人。

容疑者の家の家宅捜索を実施したところ両容疑者が出入りしていたマンションと、自宅から計約2・8グラムの乾燥大麻が発見され、またマンションからは大麻草5株や栽培用の照明器具なども見つかりました。

(ここで改ページします)

そして気になるのが情報提供した近隣住民。

実はその時「大麻のような臭いがする」と通報していたそうで、

このことにネット上では

・「大麻の匂いがするっていうやつも中々に怪しくない??」
・「なんで臭いを知ってるんですかね……」
・「大麻の匂いがわかる人も要捜査対象なのでは!?」

と様々な疑問の声が上がっています。

確かに、大麻と無縁の人ならば何か異様な匂いがしても大麻だとはわかりませんよね。

疑ってしまうのも無理はありません。

実は大麻の臭いがわかる人も多い?

日本では無許可所持だと最高で懲役5年、営利目的栽培には懲役10年という重い刑罰がつく大麻。

しかし先進国では大麻が次々と合法化され、アメリカでは医療用大麻が過半数の州で合法化されています。

また、よく知られているようにオランダは早くから大麻を合法化していますよね。

そういった国に滞在していた経験のある日本人ならば、匂いがわかる人も多くいるのかもしれません。

もしかしたら情報提供者も海外に住んでいた方かもしれませんね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード