情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

平昌オリンピックへロシア選手団が参加認められず『個人参加』で出場!その個人資格とは!?

4年に一度の冬季オリンピックが韓国・平昌でスタートしました! 開会式も様々な演出がされとでも素晴らしかったですね。そんな中、ロシア選手団の国旗を目にすることってなかったのではないでしょうか?何とロシア選手団は出場を認められていなかっ...
2018/02/12 UPDATE
 
282 views

平昌オリンピックがスタート!

4年に一度の冬季オリンピックが韓国・平昌でスタートしました!

開会式も様々な演出がされとでも素晴らしかったですね。

そんな中何か気になることはありませんでしたか?

オリンピックにおける五輪旗の意味って!?

始まって間もないですが各選手の順位と各国の国旗が表示される中で

目にするこの五輪旗。

おや…?これどこの国?と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?

実はこれには理由があったのです。

平昌オリンピックにロシア選手団が不在!?

冬季オリンピックには欠かせない国ロシア。

2014年の冬季オリンピックでは金メダル13個を含む、

計33個のメダルを獲得したロシア選手団。

そんな冬季オリンピック強国のロシアですが、

2011年から4年間に渡り、国主導による組織的なドーピングがあったことが明らかに!

これにより、国際オリンピック委員会(IOC)は、

平昌オリンピックへのロシア選手団の参加を認めないとの決定を下しました。

ロシアといえば、フィギュアスケート大国。

では今回ロシアの選手たちはどのような形で参加しているのでしょうか?

ロシア選手団での参加ではなく「個人資格」での平昌オリンピック参加へ・・・

ロシアのプーチン大統領は、

選手が個人資格で五輪に出場することを「政権として邪魔はしない」と述べました。

つまり、ロシアの有力選手も、ロシア選手団の一員としてではなく、

個人で参加できる事となりました。

ニュースでも、『ロシア選手が個人資格で平昌オリンピックに参加へ』などというフレーズを良く見かけます。

でも個人資格って一体なんなんでしょうか?どんな資格なんでしょうか?

(ここで改ページします)

ロシア選手団はオリンピックへの参加資格を停止処分にされていた!?

オリンピックへの参加資格を持つためには、

自国のオリンピック委員会によって参加登録されていなければなりません。

日本でいえば、『日本オリンピック委員会(JOC)』の事です。

その国の国籍保持者でなければ、

その国のオリンピック委員会による参加登録ができません。

多少の例外はありますが、基本的には各国に1つのオリンピック委員会があり、

今現在、世界では200を越えるオリンピック委員会が存在しています。

今回、国際オリンピック委員会(IOC)は、組織的なドーピングを理由に、

ロシア・オリンピック委員会(ROC)を資格停止処分としました。

そもそもオリンピックに参加するための資格って?

基本的には、各国のオリンピック委員会から派遣される必要があります。

だからこそ、ロシアオリンピック委員会に登録されるロシア選手団の

平昌オリンピックへの参加は不可能と思えます。

通常オリンピックでは、入場行進では自国の国旗を持ちますし、

表彰式ではその国の国旗を掲揚します。

ロシア選手が出場できた「個人資格」とは?

・戦争、紛争などによってオリンピック委員会が機能していないケース

・オリンピック開催前に、国家・地域がなくなり、その国のオリンピック委員会が解散していたケース

・様々な理由で、その国のオリンピック委員会の資格停止がなされたケース

その国のオリンピック委員会から派遣されるはずの選手が、

自国のオリンピック委員会が機能していないがために、

オリンピックへ派遣できない状態となっている。

このような状況を救済すべく、ある種特例として、

個人での参加を認めてきたという経緯があります。

しかし、

中立の立場で参加することなり、国旗や国歌はもちろん使えず、その代わりに、五輪旗を掲揚し、五輪讃歌を歌うことになります。

五輪旗を順位の中に見つけたらロシアの選手

ロシア選手の参加ができなくなるかも?と聞いて寂しく感じた方も多いでしょう。

ですが、個人資格での参加ということで、ロシアの選手も参加できることとなりました。

北朝鮮問題や、それに端を発した各国の選手団を派遣しない可能性を示唆する発言、

チケットがなかなか売れていない問題等々、

平昌オリンピックは様々な問題を抱えております。

ですが、フィギュアスケートは冬季五輪の花形競技!

まだまだ目が離せません。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

時事ネタからお役立ちネタ、暇つぶしネタまで幅広くご紹介します♪

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード