情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

衝撃!マックのMじゃなかったんです!!有名企業6社のロゴに込められた、本当の意味とは?

マックのMじゃなかったんです!!有名企業6社のロゴに込められた、本当の意味とは?
2018/02/16 UPDATE
 
716 views

有名企業6社のロゴに込められた、本当の意味とは?


私たちの身の回りには

たくさんのロゴがありますよね?


普段生活していると特別注意して

見ることはあまりないと思いますが

そのロゴには、

それぞれちゃんとした意味や

思いが込められているんです!


みなさんは、知っていましたかっ?

1:マクドナルド



マクドナルドでは、

当時別のロゴが使われていたんですが、

シカゴ1号店に設置されていた

「ゴールデンアーチ」と

呼ばれる建造物が象徴的であったため、

そのアーチの形をロゴにしたそうです!!


こちらがゴールデンアーチです!!


おそらく多くの方が

マクドナルドのMだと思っていましたよね?


まさか、この建物が

あのロゴの由来なんてっ!!!

2:Google


実際は「Google」という言葉は存在していません!

「googol」という数学用語(10の100乗)の

登録間違いからできた言葉になっています!

ロゴが少しだけ変わったことを

気付いていましたか?


その由来が…


今回のロゴは

『入力方法や端末サイズにとらわれず、

シームレスにつながっている

コンピューティングの世界を表しています』


とのことですっ!!

3:Apple


「リンゴにかじった部分をデザインに入れた理由は

さくらんぼと見間違えられないため」


なんだそうですっ!!



世界中で人気のApple!!

かじられたりんごには

特に深い意味は無かったなんて…!

そんなこともあるんですねww



次ページに続きます♫
(ここで改ページします)

4:Amazon



社名が「Amazon」となった理由は

創業者がアメリカでは、

社名、ショップ名が一覧表示された際に

ABC順で並べられる事が多いことに着目し

「A」で始まる社名、ショップ名しようと

辞書をチェックしたところから始まりましたっ!!


また、ロゴの矢印は、

”from A to Z”

つまり Amazon で何でも揃うという意味と

顧客の満足を表す笑顔とを

同時に表現したものなんです!!

5:コカ・コーラ


コカの葉とコーラの実を

原材料に使っていたことから

この名が付けられましたっ!!

コーラの実は英語で「Kola nut」と書くが

“K” を “C” としたほうが

見た目が良いという理由から

『Coca-Cola』になりました!


また、今でもおなじみの

筆記体で流れるようなロゴは

コカ・コーラの発明者

ジョン・ペンバートン博士の友人で

経理担当のフランク・ロビンソンが命名しました!



コカ・コーラのロゴは、

19世紀から変わっていないんですよっ!!



6:ペプシコーラ



ペプシコーラは、

多くのロゴチェンジを行っていましたっ!!


デザイン料は、なんとなんと…

1億円越え!?

どうでしたかっ?



今回ご紹介したのは、ほんの一部ですが

驚いた方も多いのではないでしょうかっ!?


会話のネタにしてみてはっ(^^)?


コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード