情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

ナスカの地上絵にタイヤの跡が!?世界遺産がまさかの破損・・・

ナスカの地上絵にタイヤの跡が!?世界遺産がまさかの破損・・・
2018/02/01 UPDATE
 
74 views

ナスカの地上絵

ナスカの地上絵(ナスカのちじょうえ)は、

ペルーのナスカ川とインヘニオ川に囲まれた乾燥した盆地状の高原の地表面に

「描かれた」幾何学図形、動植物の絵。

主にハチドリの絵が一番有名ですよね!

雨乞いの儀式のためや、宇宙との交信の為に書いたとも言われているのですが、

そんなナスカの地上絵にタイヤ跡がついてしまったと話題に!

どうやら砂地にトラックが進入し、絵の一部が破損したのだとか・・・

ペルー文化省によると、貨物トラックの運転手は27日、

標識を無視して遺跡地帯に進入したそうです。

「約100メートルにわたって深いタイヤの跡」を残し、

地上絵の直線3本の一部を破損させたとのことです。

これは取り返しのつかないことをしましたね(;´Д`)

文化省は警察に被害届を出し、運転手は逮捕されてしまったようです。

立ち入り禁止にするべきでは・・・

実際、政府は立ち入りを厳しく制限しているそうなのですが、

いっそ柵でも立てて立ち入れなくするべきではないですかね・・・

過去にも同じような事件があったようなので、

今後また繰り返されないかが不安ですね・・・

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード