情報をまとめて創造するキュレーションメディアです

『救急車呼んで!の声は無視してください』この張り紙の意味がわかりますか?隠された真実とは。

救急車呼んで!もし周りからこの声が聞こえたら、みなさんはどうしますか? 普通なら救急車に電話してしまいますよね。 今回ご紹介するのは『救急車呼んで!の声は無視してください』と張り紙がされていたのですが、その真意をお伝えしていこうと...
2018/10/30 UPDATE
 
7,350 views

『救急車呼んで!の声は無視してください』

Twitterで投稿された上記の張り紙。

『中から「救急車呼んで」の声は聞き流して下さい。 ※どうしても気になる様でしたら警察へ!!(諸事情ありますので。)』

この投稿への議論が今話題になっています。

この張り紙の意図はどういったものなのか、あるユーザーが同じような体験をしたことがあると発言していました。

認知症の症状の一つに被害妄想があり、「物盗られ妄想」から身近な家族をドロボー呼ばわりしたり、いじめられる」「嫌われている」「殺される」などの妄想から騒ぐこともがあるそうです。

元気な場合、寂しさから自分で救急車を呼ぶ人もいるそうです。この張り紙をした方は、何度か騒ぎがあって警察と連携が取れているため警察に電話しても警察が事件として動くことはないと思われます。

設備が整った施設に入ってもらうのが一番なのですが、特別養護老人ホームの待機者数は全国で40万人とも50万人とも言われています。

日本が抱える最大の悩み

日本が抱える最大の悩みの一つに、少子高齢化が挙げられます。

高齢者がどんどん増えるにつれ、今回のようなケースは出てくるのかもしれません。

お年寄りが増え続ける一方、働き手も足りず施設そのものが運営できない。

まさに悪循環になっていこうとしてます。

日本国民が安心して過ごせるよう、いち早い対策が求められているのかもしれませんね。

コメント

0
コメントを投稿する

※ URLを入力すると、リンクや画像に自動的に変換されます。
※ 不適切と判断させていただいた投稿は削除させていただきます。

こんな記事も読まれています

関連する記事

PICKUP

ピックアップ

Ranking

ランキング

人気のキーワード

いま話題のキーワード